« 多度黒石尾根から30番鉄塔 | トップページ | 中山道南木曽から須原 »

山の日も多度へ

折角の山の日なので、家でごろごろせず又多度山に行くことにした。
弁当を持って30番鉄塔で食べるのは3日前と同じ。でもコースは変えた。

Tado0jpgc

上の図で緑が往路、赤が復路です。
9時半に図右下のポケットパーク駐車場を出発しました。皆木陰に停めて居ますが、午後からは日向になり役に立ちません(笑)。

Dscn0030jpgc

15分で愛宕神社のある健脚コース入り口です。

Dscn0032jpgc

健脚じゃ無いのに健脚コースかと思いながら20分登ると五合目です。ここまでで汗びっしょりです。
一休みします。

Dscn0034jpgc

ここで背後の眺望が開けますが、もう5分か6分登ると、もっと眺望が開けた場所があります。
多度庁社から木曽三川です。

Dscn0036jpgc

3分で7合目のベンチがあり、更に5分で8合目です。鈴鹿山脈の主要部分が見えます。
10時25分頃です。

Dscn0040jpgc

10分で頂上の電波塔に着き、広場をぐるっと回りこんで、眺望コースに続く瀬音の森コースと合流したのが10時40分でした。

Dscn0048jpgc

5分ほどコースを歩いて、電力会社の鉄塔巡視路に入りました。図のA地点です。
33番鉄塔を経て、6~7分で一旦コースに合流します。

コースを5分ほど歩くと、相場振り跡への案内があるので、そちらに入ります。
30番鉄塔へ行くだけなら、このまま瀬音の森コースを進んだ方が早いです。
32番鉄塔の傍が相場振跡です。桑名の米相場の価格を四日市や名古屋・大阪へ伝えたとか。

Dscn0058jpgc

11時です。ここで少し休憩しました。
32番鉄塔に戻り、31番鉄塔に向かいます。この道はアップダウンのある狭い道です。
12~3分で31番鉄塔です。

ここから30番への道は引き返しながら谷へ下って行きます。
谷を渡って少し登ると石津御嶽への縦走路に出会います。

Dscn0061jpgc

でも縦走路に入らず、広い道を右に進みます。

Dscn0064jpgc

すぐに30番鉄塔が頭上に見えてきたら、左折して山に入ります。11時39分でした。

Dscn0065jpgc

2分ほど歩くと、縦走路のC地点から入って来た道と出会います。D地点です。
右折して10分登ると30番鉄塔です。藤原から鎌まで見えています。11時52分でした。

Dscn0072jpgc

弁当は先日と同じで、缶ビールの銘柄だけが変わりました(笑)。

Dscn0070jpgc

30分休憩して、12時22分頃出発しました。
A地点まで40分です。行は1時間10分近く掛かっていました。

13時10分に山上公園展望台で少し休憩しました。

Dscn0080jpgc

途中の見晴台からは名古屋駅前の高層ビルまで見えました。

Dscn0081jpgc

駐車場到着は14時10分。行は2時間20分、帰りは1時間50分でした。

|

« 多度黒石尾根から30番鉄塔 | トップページ | 中山道南木曽から須原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56078/64047068

この記事へのトラックバック一覧です: 山の日も多度へ:

« 多度黒石尾根から30番鉄塔 | トップページ | 中山道南木曽から須原 »