« 慶良間ダイビング3日目 | トップページ | 変わりゆく那覇の街歩き »

2016/05/20

沖縄随一のパワースポット久高島

2016年5月16日
今日は3人で沖縄本島南部の観光です。
8時にレンタカー屋さんへ行き、手続きを済ませ出発しました。

写真は南城市の地図です。南城市はかって沖縄のグスク跡巡りをしたとき何回か来ました。
市内だけで大里、佐敷、知念など8つの有名城跡があります。これは沖縄で最多です。
なので、グスクロードがありグスクロード公園もあります。

Dscn0456jpgc

他に世界遺産で有名な斎場御嶽(せいふぁーうたき)があります。ここは沖縄最高の聖地と言われています。
実はこの斎場御嶽から沖合の神の島を遥拝します。それがこれから行く久高島です。

地図右端の安座間港から10時のフェリーに乗りました。

Dscn0457jpgc

25分の船旅で久高島の徳仁港に到着です。

Dscn0464jpgc

徳仁港は地図の左端下です。ここから右端のカベール岬まで自転車で行きます。

Dscn0465jpgc

7年ほど前に来たときは、まだ観光客もまばらなように思ったが、今回はだいぶ増えていました。

Dscn0466jpgc

まあともかく自転車を借ります。1時間300円で2時間借りました。島の端から端までは3キロほどです。
立派な小中学校が建設中でした。津波避難タワー付です。

Dscn0469jpgc

久高島は神の島であり、イザイホーという神事が伝わるという程度の知識しか無いので、今回安座間港の売店で本を買って来た。まだ読んでいないので、これ以上書けない(笑)。

Dscn0602jpgc

集落の中を通て岬への道を探します。

Dscn0470jpgc

やがて一本道になり、真っ直ぐな道になります。

Dscn0473jpgc

やがてため池を過ぎると舗装道路は終わり、地道に変わります。真っ直ぐに海に向かうその道は、ニライカナイの世界へ導いてくれるようです。

Dscn0478jpgc

カベール岬で記念撮影しました。もうすぐ後期高齢者のオーラが漂っています(笑)。

Dscn0483jpgc

帰りはロマンス街道に入りました。絶景です。

Dscn0489jpgc

近くにフボー御嶽という聖地があります。今は立ち入り禁止です。以前は男子禁制でした。
この島の神事はすべて女性の巫女が行ってきたのです。

Dscn0491jpgc

南側の海岸もピザ浜と言ってきれいです。

Dscn0495jpgc

時刻も12時を過ぎ、昼食と思いましたが、今日は月曜日で食堂も休みが多く、混んでいるし値段も高そうなので、13時の船で本島に渡ってから食べることにしました。

安座間港に帰り、10キロほど離れた奥武島(おうじま)に向かいました。
ここ奥武島はてんぷらの聖地と呼ばれています(笑)。一度ここの天麩羅を食べたかったのです。

橋を渡った入口に中本鮮魚店というてんぷら屋さんがあり、ここが有名です。他にも2軒あります。

Dscn0502jpgc

魚、イカ、いも、モズク、アーサーと5個買いました。350円位だったと思います。
店の横のテーブルで食べさせてもらいましたが、食べきれませんでした。

Dscn0504jpgc

奥武島には他に食堂や民宿、魚市場もあります。写真はいまいゆ市場
Dscn0505jpgc

14時20分頃、降り続く雨の中を奥武島を後にしました。
次は泡盛の蔵元に行こうということで、豊見城市にある忠孝へ向かいました。
他に糸満市にまさひろ酒造もあります。

Dscn0508jpgc

ここで試飲や見学をして、お土産も買いました。豆腐ようも売っていて、泡盛蔵元の豆腐ようなんて素晴らしいと思ったが、家内の要望に合わないかもしれないので止めた。

夕食は那覇西町にあるビストロバサラというフレンチの店に行った。
ここはダイビングショップの紹介です。
沖縄に来たばかりのOさんが、「沖縄料理ばかりじゃ嫌だ」という意見にも従った。

Dscn0519jpgc

Dscn0526jpgc

明日は定番の公設市場ですね。

|

« 慶良間ダイビング3日目 | トップページ | 変わりゆく那覇の街歩き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄随一のパワースポット久高島:

« 慶良間ダイビング3日目 | トップページ | 変わりゆく那覇の街歩き »