« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月に作成された記事

2015/08/30

京都ぶらぶら

友人と昼間から飲むことになり、久しぶりに京都へ行った。
相変わらず京都はすごい人ですね。

Dscn6966jpgc_2

何十年振りかで四条通りを歩いた。少し歩道を広げたみたい。

Dscn6967jpgc_2

裏寺町の昼間から飲める居酒屋へ。ここはメニューも多く、酒飲みの聖地だそうです。

Dscn6971jpgc_2

Dscn6969jpgc_2

新京極でもう一軒。ここは観光客や外人も来る。

Dscn6985jpgc_2

Dscn6977jpgc_2

飲み終わって一寸新京極を三条方面へ。京都の雰囲気。

Dscn6983jpgc_2

すぐ錦天満宮があるが、その鳥居は建物に突き刺さっている。

Dscn6988jpgc_2

蛸薬師の広場はきれいになっていた。

Dscn6992jpgc_2

付近のお寺も観光サービス

Dscn6993jpgc_2

三島亭のすき焼き、かに道楽は50年以上まえ、私が学生の頃も有った。

Dscn6997jpgc_2

Dscn6998jpgc_2

河原町へ出て、市役所の前で地下に入ると、こんな地下街ができていました。
ここは初めてです。

Dscn7009jpgc

地下街は寺町通りまでの200mほどかな。登って引き返し寺町通りに入って下ります。
本能寺の変はここでは無いが、まあ織田信長の御廟もある。

Dscn7010jpgc

古本屋さんは多い。

Dscn7011jpgc

Dscn7012jpgc

秀吉の頃、ここにお寺が集められたとか。

Dscn7017jpgc

錦市場に来てみました。

Dscn7030jpgc

京都の夏は鱧ですね。それと京漬物。

Dscn7034jpgc

Dscn7036jpgc

でもやっぱり歓迎光臨か(笑)

Dscn7039jpgc


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/22

徳山ダム

徳山ダム見学ツアーというのに参加してみた。
徳山ダムは2008年完成の貯水量日本一のロックフィルダムですが、その建設には当然反対も有り、最終的には徳山村の全人口1500人が全員立ち退くことになり、当時の新聞を賑わしました。

我家のある桑名は、木曽三川が集まりますが、その一番西側、揖斐川の上流にあり、比較的近いのですが行ったことが無く、今回初めて行きました。

揖斐川は桑名から海部、大垣を経て揖斐川町に入ります、揖斐川町では旧藤橋村を経て最奥部が旧徳山村でした。その向こうは福井県で、池田町そして鯖江市に至ります。現在の国道417号線です。

バスはまず揖斐川町歴史民俗資料館に寄りました。
揖斐川の水運を示す大きな船や、旧徳山村の民家などが展示されていました。

Dscn4504jpgc

Dscn4514jpgc

次いで藤橋村に入り、道の駅で昼食。ここには徳山民族資料収蔵庫があり、5890点の民具や農具が収蔵展示されています。

Dscn4523jpgc

Dscn4547jpgc

そして、徳山ダムの手前に横山ダムがあります。このダムは徳山ダムより早く建設されましたが、伊勢湾台風で充分な治水効果が得られず、徳山ダムの建設に至りました。

横山ダムは貯水されていないようでした。

Dscn4553jpgc

そして徳山ダム到着は12時50分頃です。徳山ダムは横山ダムに溜まった土砂を材料にして作られたそうです。

Dscn4557jpgc

ロックフィルダムはコンクリートのダムに比べ、材料費が安く、周囲の岩盤が余り強くなくても建設できるのが特徴だそうです。ただオーバーフローには弱いため、放水口は横に作る必要があります。

Dscn4593jpgc

Dscn4597jpgc

Dscn4605jpgc

今日は個人では入れないダムの内部が見学できました。

Dscn4585jpg1jpgc

エレベーターで130mほど下り、ゲート室や点検通路などを見学しました。

Dscn4582jpgc

続いてダムの上流5分にある徳山館に行きました。ここはレストランと写真展示があります。

Dscn4628jpgc

徳山村にカメラばーちゃんの増山たづ子さんが居て、消え行く徳山村の自然や生活を7万枚撮ったそうです。その一部が展示されています。ごく普通に山村の生活を営んでいた村人に、降って湧いた離村の要請。その困惑がこの写真から感じさせられます。

Dscn4623jpgc

Dscn4616jpgc


Dscn4625jpgc

旧徳山村には466戸、八つの集落が有ったそうです。そのうち七つの集落が水没することになり、残る一つも離れ小島のように孤立するため、全村で移転となったそうです。

大半の方は今、岐阜県の本巣郡に移られたとか。
お土産に熊避けの鈴を買いました。良く鳴ります。新潟三条の真鍮鋳物だそうです。

Dscn4658jpgc

帰り道、藤橋城に寄りました。

Dscn4656jpgc

この城は一階がプラネタリュームで、新規作られた観光用の城ですが、藤橋地区は美濃と越前を結ぶ交通の要衝で、中世から近世にかけて数多くに砦や城が作られたそうです。

Dscn4656jpgc_2

また藤橋村は星がきれいで有名なのだそうです。

Dscn4640jpgc

隣には藤橋歴史民俗資料館で茅葺屋根の民家が5棟展示されています。

Dscn4644jpgc

Dscn4655jpgc

いや今日は結構勉強になって、充実した一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/17

上街道(木曽街道)2回目

木曽街道の2回目を歩いてきました。

今回は春日井から犬山まで20キロほどです。
お盆の暑い最中で一寸ばて気味でした。

Dscn6788jpgc

詳しくはホームページをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/13

夏祭り

先日、団地の夏祭りがあった。
老人会は「ヨーヨー釣り」と「綿菓子」が担当となった。

私も駆り出されて「ヨーヨー釣り」を担当した。

風船に水と空気で膨らませ、ゴムで縛る。指孔を作る。


Dscn6661

Dscn6666

Dscn6665

こよりを作り、釣り針を付ける。

Dscn6660

慣れないので大変ですが、救いは多勢の子供たちが来てくれたこと。

Dscn6676

Dscn6686

Dscn6684


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/06

尾鷲でダイビング

2015年8月6日
横浜からKさんが来てダイビングに行くことになった。
12時過ぎに長島駅でピックアップ、昼食後尾鷲に向かった。

今日は尾鷲と熊野の間にある梶賀へ行きます。初めてのショップです。
最近尾鷲まで高速が通じ、熊野尾鷲道路もできたので、我家から2時間もあれば行けます。

なので紀伊長島で降りて観光がてら寄り道しながら行きました。
高塚山展望台に行きましたが視界悪く残念。

Dscn4402jpgc

4時40分頃ショップに到着。梶賀は陸の孤島のような静かなひっそりとした漁港でした。素晴らしい。

Dscn4412jpgc

ショップのオーナーにご挨拶して、一寸ビールを飲みました。

Dscn4404jpgc

宿はすぐ近くの船宿です。部屋の下はすぐ海です。良いなあ。

Dscn4414jpgc

夕食も豪華です。すぐ寝ました。

Dscn4415jpgc

翌日は岡崎から来たという二人連れと4人がゲストでした。
9時過ぎに出航、ポイントはすぐです。コカジカ前とか。

水温は24度でまずまず。でも透明度は最悪で4~5m。アオリイカの産卵を見に行く。

Dscn4441jpgc

透明度悪く、よく見えなかったが、近づくと20匹以上の群れが交尾と産卵を繰り返していた。

Dscn4464jpgc

Dscn4460jpgc

Dscn4469jpgc

迫力あるシーンに充分満足して港に帰って来た。
2本目はその対岸でお目当てのネコザメを探すと言う。見つかれば良いが。

今回は透明度は良くなったが寒かった。水温20度、震えました。
ニシキウミウシ

Dscn4484jpgc

さすがオーナーガイド、お目当てのネコザメを洞穴の奥に見付けてくれました。
ここがねぐらかな。あっち向いていたのは残念だけど、こっち向いてとも言えないので。

Dscn4487jpgc

クマノミです。

Dscn4488jpgc

最近は遠出ばかりしてるけど、近場も楽しいですね。
帰りにサザエを買って帰って一杯飲みました。

Dscn4498jpgc


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/02

上街道・下街道

江戸時代、名古屋と中山道を結んだ街道です。

木曽の桧を始めとする、木曽五木や山林を領地とする尾張藩が、名古屋城から木曽路に向かうため、中山道と名古屋宿を結ぶため整備したのが上街道(木曽街道)で、庶民が多く利用したのが下街道です。

Uwasita

そこで、名古屋から上街道で中山道へ、そして下街道で名古屋へ帰ってくる道中を考えました。
歩き始めたので、ホームページをご覧ください。

ホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/01

ワンゲルOB会で上高地へその2

2015年7月29日、5時20分頃朝食。

P1170200jpgc

奥穂から西穂への関門ジャンダルム付近が朝日に輝いていました。

P1170210jpgc

天狗沢のお花畑を見に行きました。

P1170232jpgc

P1170236jpgc

前穂高への重太郎新道に少し入って見ました。

P1170245jpgc

7時26分、小屋の人に「え、降るんですか?」と昨日言われたそうですが、降りました。

P1170259jpgc

対岸は六百山2450mと霞沢岳2645mです。

P1170274jpgc

ギンリョウソウです。顔を見てやってください。

P1170300jpgc

9時50分に梓川道に到着、明神の嘉門次小屋に向かいました。

P1170313jpgc

10時50分に到着、早速岩魚の塩焼きで一杯。

P1170319jpgc

清酒嘉門次とザルそば、良いですねえ(笑)。

P1170331jpgc

〆は岩魚の骨酒、2000円もするんです(-_-;)。

P1170337jpgc

一杯機嫌で、明神池を拝観、明神橋を渡って河童橋へ向かいます。

P1170346jpgc

P1170360jpgc

河童橋からタクシーで中の湯温泉に行きました。

P1170397jpgc

風呂に入ると夕食まで宴会モードです。何しに上高地へ行ったかって?

P1170401jpgc

部屋の窓から、暮れゆく前穂高の吊尾根がきれいでした。

P1170403jpgc

夕食は豪華だったような記憶が(笑)。

P1170411jpgc

翌日はまた高山経由で帰りました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンゲルOB会で上高地へその1

卒部50周年の夏合宿です。
2015年7月28日、JRで高山へ。

P1170055jpgc

高山からバスで平湯温泉へ。足湯がありました。

P1170058jpgc

12時前に上高地へ到着。待ち合わせは河童橋ちかくのベンチで10名。

P1170071jpgc

今日の目的地は岳沢小屋です。上高地から前穂高岳に登る途中にあります。
上高地の標高は1500m、岳沢小屋は2200m、前穂高は3090mですね。
写真は岳沢で、中ほどに岳沢小屋があります。

P1170078jpgc

12時45分頃河童橋を出発、小屋まではコースタイムで2時間半ですが、74歳の足では3時間は固いでしょう(笑)。梓川沿いを15分ほど歩いて岳沢方向に左折します。

P1170083jpgc

小屋までの道案内です。9番までの数字と標高が書かれています。

P1170086jpgc

案内6番、標高1760mのガレ場に14時10分に到着、初めて視界が開けます。
一寸遅れ気味ですね。眼下に河童橋や帝国ホテルの赤い屋根が見えます。

P1170106jpgc

案内3番、1960m付近の石階段です。15時頃です。
ハクサンフウロなどの高山植物も咲いていますが、登りは見る余裕がありません(-_-;)。

P1170132jpgc

1番を過ぎると、初めて山小屋が見えます。15時37分です。

P1170145jpgc

15時50分、ようやく山小屋に到着です。河童橋から3時間5分、予想通りですね(笑)。

P1170153jpgc

眼下に河童橋、帝国ホテル、大正池が広がる絶景です。

P1170157jpgc

さっそく宴会モードです。

P1170165jpgc

前穂高への吊尾根がきれいに見えました。重太郎新道は雪渓左の尾根で、前穂高岳までコースタイムでは3時間です。

P1170178jpgc

槍沢や涸沢と違って岳沢は登る人は少ないです。なので小屋の規模も小さく、60人ほどとか。
夕食は2部制で5時50分から。

P1170186jpgc

8時には寝てしまいました。

P1170199jpgc

その2へ続きます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »