« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月に作成された記事

2015/06/29

廃村大平宿の囲炉裏生活

2015年6月27日~28日

過って、木曽谷の妻籠宿と伊那谷の飯田宿を結ぶ街道がありました。
大平街道と呼び、その中ほどに大平宿がありました。

標高差900mの大平街道は冬は積雪で通行は困難でした。
昭和30年には、少し南側に清内路トンネルが開通し、国道256号線は清内路に移りました。
昭和45年には大平宿は集団移転に寄り廃村となりました。

でも大平宿を残す会が発足し、体験宿泊を通じて保存を図っておられます。
ということで、やまびとの仲間たちと、ここで一泊して近くの兀山1636mと夏焼山1503mに登ることにしました。

まず飯田市役所の近くにある守る会のお店で鍵を受け取ります。一人2300円です。

Dscn6421jpgc

近くのスーパーで買い出しして、大平宿へ向かいます。まきは守る会で売っています。500円かな。
30分強の走りで大平宿に到着です。

Dscn6423jpgc

我々は9名で、下紙屋という民家を借りました。
火事で焼失して10何年か前に再建された、新しい民家です。水洗トイレです。

Dscn6455jpgc

雨が降ってきたので、山は止めて室内でDVDを見たりして楽しみました。

Dscn6430jpgc

3時半頃から夕食の支度に入りました。囲炉裏での料理は蕎麦仕立てのきのこ鍋です。マトンの焼肉も作りました。囲炉裏の煙で涙を流しながら奮闘しました。

Dscn6434jpgc

お蔭で、美味しい料理と美味しいお酒に恵まれ、夜中まで楽しみました。

Dscn6442jpgc

翌朝は5時起床、今度は釜戸ご飯に挑戦です。
水加減に苦労しながら、なんとか食べられるご飯が出来上がりました。

Dscn6460jpgc

Dscn6461jpgc

Dscn6464jpgc

木曽峠(大平峠)は標高1350mほどで7時20分頃到着しました。準備体操を済ませ、25分には出発しました。

Dscn6466jpgc

まず、兀山に向かいます。

Oodairajpgc

標高差は300mほどですが、朝一の急な登りに息が切れます。
ギンリョウソウが結構咲いていました。

Dscn6472jpgc

1時間で山頂です。遠くの山には一寸雲がかかっています。風が強く寒いので5分で退散しました。

Dscn6476jpgc

9時25分に峠に降りてきました。一寸休憩して、9時半に夏焼山に向かいました。

Dscn6482jpgc

10時前には夏焼山の頂上です。はるか中津川方面でしょうか、街並みがみえていました。

Dscn6486jpgc

10時45分位は大平宿へ戻ってきました。

Dscn6496jpgc

残り物をすべて使って昼食を作りました。
その後飯田で鍵を返し、昼神温泉の立ち寄り湯に行きました。

Dscn6497jpgc

囲炉裏生活は人間の燻製を作るようなもんだからお風呂は必要条件だそうです。
楽しい2日間でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/22

毎年恒例ですが、今年も揖斐川の奥へ鮎を食べに行きました。

例年に無く鮎が大きく育っています。
でも、若鮎なので、頭から食べられます。

Dscn3949jpgc

Dscn3958jpgc

Dscn3961jpgc

Dscn3944jpgc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/18

白猪山と焼肉

久しぶりに松阪で焼肉が食べたいということで松阪駅からバスで行ける山を探した。
伊勢三山の一つだそうで、他は堀坂山、局ガ岳です。標高は820m、大石幼稚園前のバス停から2時間25分のコースタイムです。

Siraisanjpgc

松阪駅前9時発の飯高道の駅行のバスで9時32分、幼稚園バス停に到着です。
この道筋は飯高から吉野へ出て和歌山に向かう旧和歌山街道で、過って歩いた懐かしい櫛田川沿いの道です。

Dscn6284

9時40分にバス停を出発、大石の集落の中を登って行きます。
矢下道との分岐を過ぎ、白猪山登山道の案内に従って歩きますが、集落の中も急坂が続きます。

Dscn6297

ようやく集落を抜けて林道入り口に着いたのは10時18分、歩き始めて40分弱です。
標高は280mと表示があり、180m登ったことになります。

Dscn6300

以後も登りがずっと続き、のんびり休憩する場所が少ない登山道です。
標高400mの大城道との合流点が10時35分。民家もあります。

Dscn6306

更に登って11時10分頃、矢下道との合流点に出ました。
標高は585m位、大石公民館の案内では10分の6の表示になります。

Dscn6314

ここまでの道はずっと樹林帯の中なので日陰なのが助かります。時折吹く風が命の洗濯です。
ようやく辿りついた夏明道との合流点には、石尊大権現や小ピークがありますが、我々は山頂を目指しました。
標高は730m、時間は11時半です。

Dscn6317

残り90mの登りですが急坂です。
15分ほどで登って来た頂上付近の広場には、白猪山からの眺望の看板がありました。

Dscn6319jpgc

でも残念ながら今日は雲の中で何も見えません。
山頂はここから2分です。11時45分。

Dscn6323

眺望が無いので、下の小ピークに移動して昼食休憩にしました。

Dscn6327

30分ほど休憩して、12時半に出発しました。大権現です。

Dscn6331

下りはあまり休憩もせず、矢下集落へ下りました。45分ほどで集落が見えてきました。

Dscn6343

矢下はしいたけ栽培が盛んなようです。

Dscn6348

見上げると、白猪山が山頂を見せていました。残念。14時頃です。

Dscn6353

一寸道を間違えて国道に出てしまい、国道で出発の幼稚園バス停に帰ったのは14時12分でした。
小ピークから1時間42分です。

バスは14時56分まで無いので、隣の不動院前まで歩きました。
ここはムカデランの群落が天然記念物になっていたりします。

Dscn6358

何回か見ていますが、いまだにどれがムカデランか解らない(笑)。

Dscn6368jpgc

途中のアドバンスモール松阪でスーパー銭湯の鈴の湯に寄りました。
630円、なかなか良い施設です。

Dscn6374

本来なら湯上りの一杯となる所ですが、今日は焼肉がメインなので、ぐっと我慢です(笑)。
コミュヌティバスで松阪駅へ。途中で降りて一升びんへ行きました。

Dscn6376

ここは未だに七輪でダクトも無しです。でも肉は美味い。特にホルモンは最高です。

Dscn6379

勿論ロースやカルビも旨いです。

Dscn6383

おわり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/10

西表島・波照間島観光最終日

まだ4日目です。

波照間から帰って、夕食は焼肉です。
さすがに魚はもう食べ飽きているので、この辺では焼肉が正解でしょう。

Dscn3889

やまもとは有名店でシーズン中は予約が難しく、まずやまもとの予約を取ってからフライトやホテルを決めるよ言われた時期もありました。

ロース、カルビ、ホルモン、タン、すべて美味いです。

Dscn3894

Dscn3895

八重山はかまぼこも名物なのでお土産に。

Dscn3898

最後はまたカラオケへ。八重山最後の夜の名残を惜しみます。

Dscn3905

2015年6月8日
最後の日の午前中はレンタカーで石垣島観光です。

まず最初は玉取崎展望台。北を望みます。島のくびれた集落からは朝日と夕日が見えます。

Dscn3907jpgc

続いて川平湾へ、絵葉書のような美しさです。

Dscn3911jpgc

グラスボートに乗って海底を眺めます。
でも我々は西表島で海底を見ているので。

Dscn3917

最後に空港で一杯いただきます。

Dscn3931

飲み納めは、沖縄の肴に日本酒です。

Dscn3932

楽しかったですねえ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

西表島・波照間島観光4日目

2015年6月7日
今日は日本の最南端波照間島に行きます。

石垣島は具志堅洋高の出身地なんですね。

Dscn3786jpgc

今日は波も比較的穏やかで、1時間強で波照間港に到着です。

Dscn3791jpgc

波照間島は有人の島としては日本最南端で、南十字星も輝くそうです。
標高は60mが最高のサンゴ礁の島です。

Dscn3798jpgc

なにも無い島です。有るのはサトウキビとヤギさん位です。

Dscn3805jpgc

島には共同売店(住民が資本を出し合って作る)があります。

Dscn3811jpgc

台風が多いため風力発電のタワーは可倒式です。

Dscn3816jpgc

日本最南端の高那崎です。

Dscn3825jpgc

星空観測タワー

Dscn3836jpgc

日本最南端の碑があります。

Dscn3837jpgc

最南端の海は真っ蒼です。

Dscn3851jpgc

昼食は島の食堂。八重山そばと泡波を頼みました。

Dscn3860jpgc

泡波は波照間の泡盛ですが、生産量が少なく、幻の泡盛と言われます。
日帰り観光ではミニチュア瓶しか買えません。

でもこの食堂兼居酒屋さんには、ずらり並んで居ました。

Dscn3862jpgc

これから、石垣島に帰り、夜は石垣牛で有名な、焼肉やまもとに行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西表島・波照間島観光3日目

西表島3日目です。

昨日は海だったので今日は山です。西表島の自然を満喫します。
浦内川の河口船着場へやってきました。この川を遡ります。

Dscn3637jpgc

両岸にマングローブが密生するこの川は、沖縄一の流域面積を誇ります。

Dscn3647jpgc

30分で軍艦岩船着場です。ここからトレッキングします。

Dscn3655jpgc

西表島は亜熱帯ジャングルです。

Dscn3664

30分一寸で展望台へ。ここからマリュドーの滝が見事です。日本の滝100選にも選ばれています。

Dscn3674jpgc

そこから15分歩いてカンビレーの滝へ。更に7時間ほど歩くと西表島を縦断できますが、今はガイド付きが条件だそうです。ここから引き返します。

Dscn3690

ヤエヤマスオウノキが板根(バンコン)を見せます。

Dscn3698jpgc

ペンションで昼食後、14時半の船で石垣島に帰ります。
明日の波照間観光には石垣島から船がでます。八重山の中心は石垣島なんです。
記念写真です。

Dscn3740

夜は居酒屋へ繰り出しました。

Dscn3762

更にカラオケへ移動、夜の更けるのを忘れます。

Dscn3772

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西表島・波照間島観光その2

今日は海へ出ます。
星の砂さんは大型のクルーザーを所有しています。
今日は我々9人の貸し切りのようです。

Dscn3497

皆さんウエットスーツに着かえます。

Dscn3512

まずは全員でシュノーケル。水慣れを確かめます。

Dscn3520

海は透明度抜群、サンゴや熱帯魚で一杯です。

Dscn3531

なんと鮫(ネムリブカ)が姿を見せました。写真左端です。

Dscn3524

奥村さん、高田さんに続いて前田さんも体験ダイビングに挑戦です。

Dscn3540jpgc

余裕のポーズです。

Dscn3555jpgc

私もファンダイビング、ツバメウオやロクセンヤッコ

Dscn3586jpgc

船に上がって、お疲れさま。

Dscn3605jpgc

ペンションに帰ってまずは乾杯。今日のビールは美味いですねえ。

Dscn3620jpgc

魚のフライはハタやコショウダイなど高級魚です。

Dscn3616

今日も夜は更けて行きました。

Dscn3623jpgc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西表島・波照間島観光

2015年6月4日
梅雨明けを期待しながらセントレアから西表島へ向かいました。

途中、眼下に熊野市が見えています。右から新鹿海岸、井内浦、熊野市街、七里御浜です。

Dscn3411jpgc

石垣空港からタクシーで離島桟橋へ移動、高速船に乗りました。

Dscn3420jpgc

石垣港とはしばしのお別れです。

Dscn3428

50分ほどで西表島の上原港が近づきます。亜熱帯の島です。
八重山では石垣島は人口4万、石垣市です。西表島は石垣島より面積は大きいのですが人口は2000人とか。
それだけ自然が多く、イリオモテヤマネコやカンムリワシなどが有名です。

Dscn3441

宿は星の砂、海を見下ろす絶好のロケーションです。

Dscn3448

星の砂海岸はシュノーケルが楽しめます。

Dscn3451

でもまあ、海は明日ということで乾杯。

Dscn3461

今回は山歩会のメンバーで、宴会は夜も続きます。

Dscn3475

これでも、明日の海遊びに備えて自重していたそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/04

岐阜県蕪山の株杉

岐阜県関市板取の蕪山に行きました。
21世紀の森公園の駐車場から登りました。

Chizroid_mapjpgc

登山口付近は見事な株杉が多数あります。初めての経験でした。

Dscn6240

Dscn6243

後は樹林帯を登るので日陰で涼しいです。

Dscn6246

2時間半ほどで頂上です。頂上は開けています。

Dscn6261

御嶽、乗鞍、かすかに槍穂高そして白山と、なかなかの景色です。
この日は春霞でうっすらでしたが。

Dscn6257jpgc

なかなか良い山でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »