« 東京国立博物館 | トップページ | 熊野古道伊勢路 横吹け峠とのこぎり坂 »

熊野古道 八鬼山越

2015年4月18日(土)

今日は山仲間のWさんを熊野古道八鬼山越に案内します。
朝7時半頃長島インターに入り、若干の渋滞を抜けて尾鷲の熊野古道センターに着いたのは9時45分頃です。
前浜では地元の人でしょうか、多勢が潮干狩りをしていました。

センターの駐車場に車を置き、八鬼山の登山口へ歩き始めます。
今日は良い天気で対岸の天狗倉山もはっきり見えます。

Dscn0178

登山口が10時06分、伊勢路随一の難所と言われた八鬼山越です。

Dscn0186

八鬼山は標高647m、巡礼の行き倒れの碑が何カ所もあります。
途中の七曲りの難所を越えると一息つけます。

Yaki1jpgc

100m毎に建つ木の道標が63ヶあるようです。

Dscn0189

最初の休憩は籠立場で、10時36分です。
ベンチや飲み水があり、石仏の町石もここから残っています。

Dscn0199

10時48分に林道と交差しました。

Dscn0207

石畳もきれいで快適な登りです。

Dscn0209

難所の七曲りの急坂は11時の到着です。
ここから280m15分が急坂と案内があります。

Dscn0212

Dscn0213

時間通り15分で登りきるとベンチがあり、尾鷲市街が展望できます。

Dscn0219

烏帽子岩を過ぎ、九鬼峠到着は11時43分。
標高は522m、ここまで来ればもう少しです。

Dscn0232

10分で三宝荒神堂、ここの水は美味しいです。

Dscn0237

更に10分で八鬼山です。江戸の道と明治の道が分かれます。
明治の道は未整備なので、世界遺産の江戸の道を推奨しています。

Dscn0247

Yaki2jpgc

八鬼山頂上は通り過ごす人が多かったのですが、こんな案内が出来ていました。

Dscn0251

Dscn0252

我々も江戸の道でさくらの森広場を目指します。例の木の道標では38番辺りです。
熊野灘が望めて絶景なんです。ここでお弁当がお勧めです。

Dscn0264

Dscn0261

眼下には九鬼の街と熊野灘が広がります。今日は黄砂か春霞で遠くは見えません。

Dscn0255

13時08分に下りに入りました。
尾鷲方面行のJRは14時24分の次は16時18分までありません。

ここから三木里駅まで2時間として、15時過ぎの到着が予想され、急いでも仕方ない状況です。
52番辺りに十五郎茶屋跡があり、三木里海岸が見えます。

Dscn0267

Dscn0270

下り始めて1時間ほどで明治の道と合流しました。

Dscn0275

14時20分頃、籠立場を過ぎ、林道に降りてきました。

Dscn0282

14時28分、名柄一里塚跡です。ここはトイレも有ります。

Dscn0288

猪垣の道を抜けて、うららかな道を海岸に向かいます。

Dscn0296

農家の庭先に五輪塔があり見に行きました。

Dscn0297

紀勢線の踏切を渡るとお猿の大群が居ました。

Dscn0300

三木里海岸は14時57分の到着です。

Dscn0302

三木里の古道を歩いて駅に到着は15時22分でした。
明日は熊野体験企画の古里地区の古道を歩くに参加します。

大曾根浦駅で降りて12~13分んで熊野古道センターです。
駐車していた車に乗り道瀬の民宿に向かいました。

海岸沿いの民宿で、夕食にはいろんな魚料理がでました。

Dscn0327

風呂に入って一杯飲んで、お休みなさーい。


|

« 東京国立博物館 | トップページ | 熊野古道伊勢路 横吹け峠とのこぎり坂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56078/61467841

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野古道 八鬼山越:

« 東京国立博物館 | トップページ | 熊野古道伊勢路 横吹け峠とのこぎり坂 »