« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月に作成された記事

2015/01/23

サイパンへ行ってきました その3

2015年1月21日
今日はサイパン最終日で、午前中だけ2ビーチします。

今回泊まったホリデイリゾートは安いんでしょうが、エレベーターが無く、3回まで荷物運びが大変でした。
フロントにはカップラーメンがあり、各階にレンジと水やお湯があり便利な宿です。

Dscn8165jpgc

日系スーパーのひまわりさんは、毎年増築をするほど元気な店です。
私もいつもお世話になりますが、シンさんもグアムへ移ってしまうし、中国人が大半を占めるようでは、もう私もサイパンへ来ることは無いでしょう。

Dscn8166jpgc

今日はオブジャンビーチとラウラウビーチで1本ずつ潜りました。

Dscn8172jpgc

オブジャンビーチの花です。

Dscn8183jpgc

Dscn8185jpgc

日本のクマノミは現地ではアネモネフィッシュです。

Dscn8188jpgc

昼食はタイ料理のブッフェです。

Dscn8195jpgc

午後からは機材を洗ってベランダに干すのですが、この時期乾季のはずなのに、雨が降ってくるので、安心して外出もできません。

結局、部屋で飲んだりテレビを見たりして半日を過ごしました。
夜はホテルの1階にある日本風居酒屋さんで焼き鳥を食べました。

ここでも日本の焼酎は高いのでジンロですね。
ジンロは東南アジア各国で安いですね。日本のメーカーも見習ってほしいですね。

Dscn8197jpgc

翌日は6時のフライトですが、ホテルピックアップは3時半です(泣)。
成田へは朝8時過ぎに到着しました。

Dscn8209jpgc

Kさん、お疲れ様でした。
シンさん、ありがとうございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイパンへ行ってきました その2

2015年1月20日
サイパン2日目、この日はボートダイビングの予定ですが、朝から雨です。

Dscn8133jpgc

でも海はそんなに荒れてなくてナフタンに到着。
潜ってみると水中は暖かくやはり南の海です。

ナフタンブルーとカスミチョウチョウオやグルクンの群れは健在でした。

P1010373jpgc


P1010363jpgc

2本目は近くのオブジャンへ移動、ボートから潜りました。
ここは白砂の癒し系の海です。

Dscn8137jpgc_2

今日から一緒に潜るMさんの話ですが、私が昔30ドル台で泊まっていたダイバー御用達のホテルが、今は59ドルだそうです。

シンさんの話では、最近中国人観光客が大幅に増えて、ホテルが足らずホテル側が強気なんだそうです。
安近短と言っていたのは昔の話ですね。

午後からはグロットに向かいました。

Dscn8156jpgc

サイパンのグロットは世界的にも有名な洞窟スポットですが、115段の階段でも有名です。

Dscn8153jpgc

ここを渡るのが一寸緊張します。波に浚われると大変です。

P1010405jpgc

最近はシュノーケラーも多くなった、この岩からジャイアントスライドです。

P1010403jpgc

飛び込むと水面近くにギンユゴイが泳いでいます。

P1010384jpgc

洞窟からは3カ所の穴が外洋に通じています。

P1010392jpgc

カスミアジが居ました。

P1010395jpgc

今日は居ませんでしたが、ナポレオンやウミガメ、ネムリブカなど大物もよく見かけるポイントです。
今日は焼肉を食べに行きました。

Dscn8161jpgc


| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイパンへ行ってきました その1

2015年1月18日
サイパンへ出かけました。最近は名古屋から直行便が無いので成田からです。
名古屋--成田は新幹線と成田エクスプレスを使えば3時間弱で行けるが費用は14000円弱。
高速バスと京成電車なら5000円弱で行けるが時間は7~8時間、迷うところです。

今回は機材を空港へ送って高速バスにしました。バスの車窓から富士山がきれいでした。

Dscn8071jpgc

成田で同行のKさんと落ち合って、まずは旅の無事を祈願して一杯。

Dscn8081jpgc

20時55分発のデルタは満席です。

Dscn8091jpgc

3時間で着きますが、現地時間では時差1時間で午前1時です。
中国の飛行機が前に着いていて、イミグレは混んでいました。

ホテル到着して、一寸部屋で一杯飲んで寝たのは3時頃でしょうか。

2015年1月19日
昨夜が遅いので今日は11時半にピックアップをお願いしました。ツアーだと今日も8時ピックアップでダイビングでしょう。その点個人手配は楽です。

朝昼兼用の食事を日系スーパーで済ませます。

Dscn8093jpgc

今日はラウラウビーチで2本の予定です。楽しみにしていた暖かい海です。

Dscn8094jpgc

1本目の目玉はウミガメですが、一寸遠かった。

Dscn8101jpgc

2本目はアジ玉に遭遇しました。一寸小さいけど、やはり良いですね。

Dscn8119jpgc

Dscn8115jpgc

サイパン1日目の海はまずまず満足して、今日は老舗の日本料理店で夕食です。
トンカツのボリュームが多いのにはびっくりしました。

Dscn8131jpgc


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/09

石津御嶽から多度へ縦走

2015年1月8日
今日は今年の初山です。趣味人のWさんが一緒です。
9時15分に養老鉄道の石津駅を出発しました。

Dscn7963jpgc

コース的には迷う所もないし、良く知ったコースですが、先日来降っている雪が縦走路に残っているかどうかが一寸解りません。一応滑り止めは持ってきました。

Isidu1jpgc

登山口のすぐ下の鳥居が9時37分です。
振り返ると木曽三川がきれいです。でも今日は霞んでいて御嶽は見えません。

Dscn7967jpgc

Dscn7968jpgc

ここから急な登りになり、100mで登山口、途中標高200mと書かれた辺りで衣服調整の休憩。
鳥居から35分で展望台に出ました。

Dscn7971jpgc

すぐがれ場になり、振り返れば絶景です。
がれ場を過ぎ、森林の中を12分登って、10時42分に7合目に出ました。

Dscn7975jpgc

一寸傾斜も緩やかになり、雪がちらちら見えてきました。
7合目から24分、ぽんと629mの三角点に出ました。11時6分、駅から1時間51分ね。

Dscn7979jpgc

すぐ多度への縦走路の分岐ですが、一寸逆方向に歩いて御嶽神社に参拝しました。

Dscn7981jpgc

11時15分、元の分岐に戻って多度山への縦走路に入りました。
多度山へ120分と案内があります。

幸い縦走路にも雪は有りませんが、所々残っているところも有ります。

Dscn7984jpgc

40分ほど歩いて美濃松山の三角点の案内があり、Wさんが見たいというので経由しました。
国土地理院ではこれを多度山と呼んでいるみたいですが。

Dscn7991jpgc

縦走路と合流して5分、今度は三十番鉄塔へ行くことにしました。
そろそろ昼食の場所探しです。12時10分です。

Dscn7993jpgc

景色も良く日当たりも良いのですが、一寸風があるので、少し休憩しただけで出発しました。
30分ほどで瀬音の森コースの分岐に出ました。

Dscn7997jpgc

右折して3分の、海の見える展望台で弁当を食べました。

Isidu2jpgc

Dscn7999jpgc

30分一寸休憩して13時18分に出発、30分弱で多度山展望台です。

Dscn8004jpgc

頂上の多度神社に参拝した後、14時に公園の青少年広場を出て健脚コースを下りました。
30分で愛宕神社到着で、ここも参拝しました。

Dscn8007jpgc

車道を右折して15分ほど下ると多度大社です。ここはまだ正月の初詣気分が抜けていません。
ここも参拝しました。1日で4社も参拝しました。今年の健康は間違いないでしょう(笑)。

Dscn8009jpgc

歩いて多度駅へ向かう途中、面白い家を見つけました。

Dscn8011jpgc

仰ぐと今降りて来た多度山が見えます。右端の鉄塔辺りが展望台です。

Dscn8017jpgc

桑名へ出て、今年最初の反省会です。

Dscn8020jpgc

Wさん、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/04

自転車で初詣 津島神社

正月三ヶ日は家で大人しく飲んでいたので、4日は初詣に出かけることにした。
最初、養老鉄道で揖斐まで行き、谷汲山と横蔵寺へ行こうと思っていたが雪が残っていそうなのでやめた。

それで近くの多度神社か津島神社と思ったが、直接往復では近すぎるので、中堤を走り、馬飼大橋でUターンして津島神社へお参りすることにした。

Tusimac

まず我家から北上して船頭平閘門に出ます。小パナマ運河とも言われますが、こちらの方が古い。
木曽川と長良川を繋ぐ運河です。

P1010291jpgc

そしてすぐ木曽三川への橋にでます。河口から13キロ地点位です。

P1010292jpgc

ここから先は堤防管理道路で一般車は走らないので自転車天国です。

P1010297jpgc

右が木曽川、左が長良川です。長良川には冬鳥が一杯浮いていました。

P1010296jpgc

長良川の向こうが養老山脈で、今月8日に縦走するつもりなので、雪の様子を確かめます。
まだ残っているようですね。アイゼンは要らないけどスパッツは有った方が良さそうですね。

P1010302jpgc

管理道路の堤防を10キロ走ると東海大橋です。でも堤防から橋には入れません。

P1010303jpgc

東海大橋から2キロほどで管理道路は終わりです。
そこに木曽三川の明治の改修の説明があります。

P1010308jpgc

薩摩藩士の多くの犠牲の元に行われた宝暦の治水後も、まだまだ水害が防げず、オランダ人技師のデレーケを招いて根本的な改修を行い、そのとき前述の船頭平閘門も作られたとあります。

ともかく、国家の大動脈である東海道が、毎年水害で通れないようでは、国の威信にかかわるので、このような大工事が行われたのでしょう。

一寸先で馬飼大橋があり木曽川を渡ります。

P1010311jpgc

この辺で我家から20キロ位です。橋を渡ってしばらくして右折、10キロほど南下すると津島神社です。
1月も4日ですが、まだまだ初詣の人は多く、神社付近は車が渋滞して動きません。

その点自転車はすいすいです(笑)。神社の境内は「茅ノ輪くぐり」とかに長蛇の列です。
私は横からお賽銭を上げて今年1年の無事を祈りました。

P1010320jpgc

天王川公園の縁を通って3キロほど南下すると佐屋です。ここには江戸時代「三里の渡し」がありました。
通常、江戸から上って来た旅人は熱田の宮から七里の渡しで海上を桑名に向かいました。
でも、船の嫌いな人もあったし、ここまで尾張を通って歩いて来て、ここからは木曽三川に橋が無いため、仕方なく渡し船に乗ったのでした。これを佐屋海道と言います。ここから桑名は3里でした。

P1010327jpgc

さらに国道1号線の尾張大橋に向けて南下します。
丁度お昼時になったのですき屋に入りました。吉野家は牛丼を値上げしましたが、ここはまだ270円で据え置いています。深夜の一人勤務で話題になりましたが、今度は値上げしないで話題になって欲しいですね。

でもまあお正月なので「すきなべ定食?」を頼みました。680円です(笑)。

P1010330jpgc

すぐに国道1号線の尾張大橋の袂にでますが、佐屋の三里の渡し跡を見たので、「ふたつやの渡し跡」を見に行きました。

明治5年に新東海道が制定され、佐屋海道でなく、今の国道1号線が東海道となり、ここ弥冨から長島へ渡しが作られ、ふたつやの渡しとしてメインルートになった。

P1010332jpgc

ちなみに木曽川の尾張大橋が完成するのは昭和8年で、それまで「ふたつやの渡し」は存在した。

P1010339jpgc

尾張大橋を渡った長島に明治に建てられた東海道の石碑がある。

P1010340jpgc

そして長島から桑名へ渡る伊勢大橋が完成したのは、翌昭和9年で、ようやく陸路で尾張の国から伊勢の国へ繋がったことになります。

今回の初乗りは44.5キロでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/02

2015年の始まりですね

昨年は中央アジアへ行きました。
その時買ってきたキャビアやイクラの缶詰を大晦日に食べました。
でも、息子達や孫にはあまり評判良くなかった。

P1010247jpgc

年越しそばはざるそばになった。間違えたらしい(笑)。でもこれが結構評判良かった。

P1010262jpgc_2

元旦の朝、いつもの散歩に行くと、多度山にもすっかり雪が積もって、どんより暗かった。

F1000004jpgc_2

帰ってきて、おせちを食べてお屠蘇を飲む頃には、すっかり晴れてお正月らしい天気に。

P1010268jpgc

P1010274jpgc

でも午後からはまた結構降って来た。

P1010280jpgc

二日の朝、また散歩に行くと、昨夜の雪が畑を覆っています。

P1010284jpgc

東名阪は四日市から向こうが通行止めのようです。

P1010286jpgc

まだ、今夜も降るらしいから、Uターンラッシュ心配ですね。
昨日も亀山付近で100台位立ち往生していたとニュースで言っていたから。

2015年は私は四国遍路を4回に分けて歩くつもりです。
無事に完歩できるよう祈っています。

ではよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »