« サマルカンド・ブルー | トップページ | 囲炉裏の宿と大平宿 »

信州そばを食べに鳥居峠へ

先日、やまびとの仲間と信州そばを食べに鳥居峠に行きました。
桑名から鈍行を乗り継いで、11時半ごろ藪原駅に着きました。

中山道の宿場町で木曽十一宿の一つで、お六櫛という木の櫛が有名です。

Dscn6943jpgc

この藪原と次の奈良井宿の間に標高1200mの鳥居峠があり、木曽路の難所の一つに数えられていました。

Toriipassjpgc

その藪原に「おぎのや」さんという蕎麦屋さんがあります。12時頃、そこに入りました。

Dscn6949jpgc

蕎麦は細くて白い更級そば風でした。私としては太くて黒い田舎そば風が好きなんですが。
でも女性軍の中には2枚食べた人も居ました。

Dscn6956jpgc

私が頼んだのは彩そばと言って、天かすや大根おろし、梅などを乗せて汁をぶっかけるそばでした。
1時間ほどで出発、鳥居峠に向かいます。コースタイムでは奈良井宿まで2時間半といったところです。

紅葉がきれいです。

Dscn6967jpgc

雨も降っていますが、熊よけの鐘を鳴らして快調に登って行きます。

Dscn6974jpgc

50分ほどの登りで旧鳥居峠に着きました。

Dscn6981jpgc

15分ほどで峠の休憩所、そこから下りです。落葉の絨毯の上を気持ちよく歩ける下りです。

Dscn6996jpgc

紅葉もきれいです。

Dscn7001jpgc

14時45分頃、奈良井宿の入り口にある鎮(しずま)神社に着きました。
1時間45分位で着いたことになります。やまびとパワーですね。

Dscn7018jpgc

ここでもお目当てはお蕎麦です。奈良井には数軒蕎麦屋さんがあります。
そのうちの一軒にはいりました。

Dscn7030jpgc

ここでは、「かん酒」をくださいと言ったら、冷たい酒がでてきました。この地方ではそうらしいのです。
それと、「丼物」はご飯ものではなく、丼に入った(汁に入った)そばのことだそうです。

Dscn7024jpgc

ここでも2枚食べた人が居ました。


|

« サマルカンド・ブルー | トップページ | 囲炉裏の宿と大平宿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56078/60655480

この記事へのトラックバック一覧です: 信州そばを食べに鳥居峠へ:

« サマルカンド・ブルー | トップページ | 囲炉裏の宿と大平宿 »