« 四国 宇和海沿いを帰る | トップページ | 金華山もしんどい山でした »

2014/09/18

法隆寺

2014年9月13日(土)
大阪南港に6時に着いた後、吉野家で朝食を食べ、帰り道である法隆寺を観光することにしました。

飛鳥時代の姿を現在に伝える法隆寺は、世界最古の木造建築として知られていますし、1993年に日本初の世界文化遺産に登録されています。

Dscn4049jpgc

私にとっても、五重塔や夢殿、教科書で見た玉虫厨子や百済観音など知識としてはあるのですが、ゆっくりと参詣した覚えがありません。

幸い今回時間もあるので参詣したいと思ったのでした。Hさんも同意してくれて、8時前には門前に着きました。
南大門で室町時代の再建だそうです。

法隆寺の伽藍配置です。

Dscn4055jpgc

まず左上の西円堂(鎌倉時代)に行くと、朝の鐘を突いていました。

Dscn4066jpgc

西院伽藍の入り口で拝観券を買います。千円です。五重塔や金堂のある西院伽藍、多くの国宝が保存される大宝蔵院、そして夢殿のある東院伽藍の共通券です。

Dscn4078jpgc

金堂の四方に彫られた龍

Dscn4081jpgc

金堂と五重塔は飛鳥時代の建築です。
内部は残念ながら撮影は禁止です。飛鳥時代の金堂釈迦三尊像が安置されています。

大宝蔵院は平成10年に完成した建物で、有名な国宝が数多く保存されています。

Dscn4087jpgc

夢違観音像、玉虫厨子、橘夫人厨子、百済観音像などです。
教科書の写真ではなく実物が見られるのは感動ものです。

次いで夢殿へ向かいます。

Dscn4099jpgc

夢殿は聖徳太子の遺徳を偲んで、奈良時代に建てられたものだそうです。
中には救世観音が安置されているとか。

Dscn4108jpgc

隣に中宮寺があります。弥勒菩薩が有名ですね。
ここは表を見るだけで引き返しました。

Dscn4115jpgc

東大門まで引き返してくると、斑鳩神社5分の案内があったので、お参りに行きました。
途中の野菜の無人販売所が面白いデザインでした。

Dscn4116jpgc

写真を写していたら、地元のおじさんが、「これはこの地域のマスコットキャラクターです」と笑っていました。
斑鳩神社は天神様でした。

Dscn4121jpgc

ここへ来たのは、「柿食えば、鐘が鳴るなり、法隆寺」の景色がどこかで見られるかもと思ったからでした。

Dscn4129jpgc

結局、法隆寺近辺に2時間ほど滞在して帰ってきました。


|

« 四国 宇和海沿いを帰る | トップページ | 金華山もしんどい山でした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法隆寺:

« 四国 宇和海沿いを帰る | トップページ | 金華山もしんどい山でした »