« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月に作成された記事

2014/08/25

ヒノキの美林 大田賀山林

現在日本の林業は安い外材に押されて厳しい経営環境にあります。
国有林を経営していた営林署も今は営業を諦めて森林管理署と名前を変えています。

そんな中にあって、紀北町に速水林業さんというのがあって、素晴らしいヒノキの美林を経営されているという話を聞いていました。今回場所が解り、街角博物館も併設されているというので、見学がてら森林浴に行ってきました。

尾鷲の民宿を8時頃出て、42号線で海山へ向かいました。JR紀勢線の船津駅近くに別所書店があり、そこを右折と思っていましたが、別所書店は無くなってセレモニーホールになっていました。

Otaga

右折の後、踏切を越え、大船川を渡ってすぐ右折すると看板がありました。

Dscn3644jpgc

2~3分で木造の小屋を改造した博物館があります。

Dscn3674jpgc

まだ開いていませんでしたが、さきほど速水林業さんへ電話していたので、開けに来てくれました。
まず森が見たいので、その方に道を訊きました。

紀勢道の下を潜って歩いていきます。よく手入れされた密植の林があります。

Dscn3646jpgc

5分で遊歩道の入り口です。

Dscn3648jpgc

デッキから遊歩道へ入ります。

Dscn3651jpgc

この山林の説明があり驚きました。1ha当たり8000本植えて、間伐7回枝打ち5回で60年後の現在は1ha当たり475本なんだそうです。

Dscn3652jpgc

そんなに間伐するんですね。そしてその間伐材が売れないので一般的には手入れする人件費がでないのだとか。

まあともかく、この美林の中を森林浴しながら歩きました。

Dscn3654jpgc

文化庁から文化財に指定されているようでした。ここの森は1ha当たり12000本植えて現在304本となっていました。ますます凄い。

Dscn3659jpgc

遊歩道の案内が無いので、恐る恐る進みます。

Dscn3660jpgc

ここ右折して下るのですが、林道を歩いてしまい、引き返してきました。

Dscn3664jpgc

下って行くと元に戻ってきます。30分位でしょう。

Dscn3667jpgc

ガイドが無く、単独で歩かせるには、もう少し案内板が欲しいですね。公的な施設でなく、私有地を好意で歩かせてもらっているので、文句は言えませんが(笑)。

Dscn3669jpgc

Dscn3671jpgc

まあ気持ちよく森林浴させて頂きありがとうございました。
尾鷲に帰って、昨日教えてもらった魚屋さんに行き、刺身をお土産に造ってもらいました。
店の人も最近は魚が少なくてと嘆いていました。

Dscn3676jpgc

でも、とっても美味しかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/23

熊野古道伊勢路と国道311号線

尾鷲から八鬼山越で三木里へ下り、そこから海岸沿いをいくつもの峠を越えて熊野市へ向かう熊野古道は、伊勢路の中でもハイライトと思っています。

その熊野古道の近くを縫うように走っているのが国道311号線です。

Kumanojpgc_2

その311号線を走って賀田まで行き、そこから尾鷲熊野道路に入って尾鷲に戻ります。
途中の風景をお見せします。

まず波田須です。熊野古道で尾鷲側から来て、波田須の道を降りてくると波田須神社があり、そこで311号線と交差します。そこの茶店からの絶景です。

Dscn3586jpgc

不老不死の薬を求めて中国より渡ってきた徐福一行が上陸した場所とされ、徐福宮があります。
写真中央の大きな木の下です。

他に天女座という人気のカフェがありますが、私は行ったことありません。
次は日本一水のきれいな海水浴場という新鹿湾です。 お盆も過ぎて人影もまばらでした。

Dscn3589jpgc

ここから一寸道が狭い部分があります。
遊木漁港を過ぎてトンネルを越えて二木島にでます。曽根次郎坂・太郎坂を降りてきた古道はここで国道と交差します。古道は二木島の港へ降りて行きます。

Dscn3592jpgc

近くに太郎坂広場があり、二木島湾が一望できます。

Dscn3600jpgc

甫母の港から盾ヶ崎への半島が偉容を見せていました。

Dscn3602jpgc

盾ヶ崎への入り口近くから見た二木島湾もきれいです。

Dscn3604jpgc

須野の方へ回り込んでも、盾ヶ崎や海金剛は見えませんが、観光資源は豊富そうですね。

Dscn3611jpgc

賀田湾に入ってきました。ここに飛鳥神社があります。説明だと新宮の阿須賀神社の末社だそうです。
感心するのは、この水際で大木の森があることです。

Dscn3615jpgc

Dscn3621jpgc

この日は尾鷲港近くに宿をとりました。夕闇せまる尾鷲港です。

Dscn3627jpgc

尾鷲ではいつもお世話になるNさんに電話して一杯飲みました。

Dscn3631jpgc

でも最近の天気は船が出せず、新鮮な魚はありませんでした(笑)。

Dscn3633jpgc

Nさん、お時間取らせてありがとうございました。
明日は尾鷲のヒノキの森へ行こうと思っています。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイビングリゾートくまの灘

急に思い立って熊野に行くことにした。
それも昔よく潜った熊野の海の中が見たくなった。
もう5年以上潜って無いし、台風も何回も来てるし、海底の様子も変わっているだろうな。

昔は熊野漁協が経営していたが、お客も少なく、存続も危ぶまれたようだ。
今は尾鷲のショップが委託管理しているみたいだが常駐の人は居ない。
一緒に行く人も居ないので一人でシュノーケルすることにした。

8時ごろのんびり出て、渋滞で時間を掛けつつ下道を走った。途中、滝原神宮の前を通ると、祝御遷宮の幟が立っている。そうか去年は内宮と外宮の式年遷宮があったが、今年は別宮の順番なんだなと思う。

Dscn3536jpgc

お白石持行事が行われるみたいだ。

Dscn3535jpgc

紀伊長島からは無料区間なので高速で尾鷲に入る。尾鷲で昼食の後、今度は尾鷲熊野道路で熊野の大泊まで走る。過って42号線で矢の川峠を越えていた頃に比べると15分は早くなったかな。

Kumanojpgc

すぐ左折して国道311号線に入る。この道もすっかり新しくなり、以前の曲りくねった細い道は付け替えられていた。

Dscn3545jpgc

トンネルの手前から井内浦が一望できます。この辺りは熊野古道伊勢路の大吹峠も近く、私の心の故郷とも言えます。

Dscn3542jpgc

誰も居ないエントリー口に息子から貰った海上ハンモックを浮かべて海に入りました。冷たい。最近は南の暖かい海ばかりなので、熊野の海も冷たく感じます。

Dscn3546jpgc

水中はソラスズメがいっぱい居ます。最近は防水カメラが安いので、わざわざハウジングを持っていかなくてもよいので手軽です。私のはニコンで18m防水ですが、キャノンは25m防水が出ています。

Dscn3550jpgc

以前は水中で見ていた岸壁を水面から見ると、また新鮮で変わった感じです。

Dscn3552jpgc

タカノハダイ、チョウチョウオ、キュウセン、ハコフグ、ボラなど魚はいろいろ居ますがシュノーケルではなかなか写真を撮らしてはくれません。透視度も5mぐらいでしょう。

ツノダシ
Dscn3561jpgc

ヘラヤガラ
Dscn3565jpgc

ピンボケだけどオヤビッチャ
Dscn3568jpgc

カゴカキダイ
Dscn3576jpgc

ネンブツダイかな
Dscn3577jpgc

1時間位で寒くなって上がりました。
今夜は尾鷲に泊まるので、海岸沿いを311号線で帰りましょう。

続く。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/20

知多四国満願

2014年8月18日

先月雨で流れたので、今日は知多四国八十八箇所満願の日です。
とは言っても、本日のノルマが14ヶ寺、距離にすると27~28キロあります。
この炎天の中、それを歩き通せばと言うことで、不安が残ります。

C

そこで沿線を調べて出来るだけ路線バスや電車を使うように計画しました。
但し、これも1本乗り遅れると次は1時間待ちの世界なので大変です。

Tita3jpgc

8時18分にJR大高駅に着きました。すぐ近くに桶狭間の合戦で有名な鷲津砦跡があるらしいので探しに行きました。案内が無いので手間取りましたが何とか発見。

Dscn3467jpgc

87番の長寿寺はすぐ近くです。広い駐車場を持つ立派な寺です。

Dscn3468jpgc

88番の圓通寺までは3キロほど、伊勢湾岸道や知多半島道路の下を潜って歩きます。
まるでコンクリートジャングルです。

Dscn3472jpgc

88番は順番に歩けば満願の寺ですが、我々はまだ12ヶ寺残っているので、感慨はありません。

Dscn3473jpgc

次に一寸離れていたので残していた5番の地蔵寺に行きます。2キロほどです。
ここから10時24分発のバスで84番へ行く予定でしたが、到着が10時18分です。
まともでは間に合わないのでWさんに御朱印をお願いして、私が納経と分業して、なんとかバスに間に合いました。綱渡りです。

Dscn3476jpgc

長草から姫島までバスに乗ると、84番の玄獣寺はすぐ近くです。冷房の効いたバスの車内で少し息を吹き返して参詣します。

Tita4jpgc

Dscn3479jpgc

涅槃像が作られ山門も新築されていました。日本の仏教もまだまだ健在ですね。

Dscn3481jpgc

Dscn3483jpgc

85番清水寺までは1.5キロほど、好感の持てる質素なお寺でした。

Dscn3489jpgc

さらに1.5キロ歩いて86番観音寺です。

Dscn3492jpgc

この辺でほぼ12時です。日差しがじりじりと強くなり、半袖のWさんは腕が焼けて痛いといっています。
丁度すき屋があったので昼食に入りました。

30分ほど休憩してなんとか息を吹き返しました。でも予定時刻より少し遅れているので、一寸前途に暗雲が漂っています。立派になった東海市役所のそばを通って83番に向かいます。

Dscn3493jpgc

83番の弥勒寺さんも山門と仁王さんが新築されていました。

Dscn3494jpgc

82番の観福寺へは1.3キロほど、13時25分に到着しました。

Dscn3500jpgc

10分弱で観福寺さんの参詣を終え尾張横須賀の駅に向かうと、おおきなシダジイ?の木にお地蔵さんが祀られていました。

Dscn3502jpgc

実は尾張横須賀13時49分発の名鉄で朝倉駅に行き、14時発のバスで72番の慈雲寺に向かおうと思っていました。

でも河和線の高横須賀を越えて尾張横須賀へは20分以上かかりそうで、その線は諦めました。
そこで、高横須賀から電車に乗り、太田川経由で朝倉に向かうことにしました。

幸い、乗り継ぎが良く、13時58分には朝倉に着きました。ひょっとしたら14時のバスに乗れるかもと希望を抱きましたが無理で、バスは無情にも出て行きました。次は1時間後です。

Tita5jpgc

72番は諦めて、逆回りに77番からと路線を探すと佐布里(ぞうり)線が14時28分にありました。
そちらに切り替えて乗車、佐布里保育園前で降りて浄蓮寺に着いたのは14時52分でした。

Dscn3504jpgc

実は、この近くに73番の正法院から77番の浄蓮寺まで5ヶ寺が密集しています。
昔は一つのお寺だったものが分裂分家したのではないでしょうか?

73番の正法院で75番の誕生堂と76番の如意寺の御朱印を一緒に頂きます。
写真は正法院境内で、階段を上ると誕生堂です。

Dscn3506jpgc

誕生堂の横にあった仏像

Dscn3511jpgc

隣が74番の密巌寺で、ここは御朱印を頂きます。さらにその向いが76番の如意寺で、境内は大きいのですが無住職なのでしょう。

写真は如意寺の境内から密巌寺を見ています。

Dscn3518jpgc

さてこれで後は72番の慈雲寺を残すのみになりました。
現在15時23分、慈雲寺までは2.3キロです。

慈雲寺は知多バスの岡田線、大門前という停留所の近くにあります。お寺の前の交差点が「太朗坊」という曰くありそうな名前です。

お遍路るーは鄙びた道を案内してくれました。旧佐布里道という旧道でした。
こういう道を案内してくれるとうれしいですね。

Dscn3521jpgc

15時57分に到着しました。

Dscn3528jpgc

炎天下のアスファルト道歩き、Wさん、お疲れ様でした。歩数計では3万歩を越えていました。
バスで朝倉駅に行き、尾張横須賀駅近くの立ち寄り湯「玉の湯」に行きました。

いろんな浴槽があり、なかなかいい湯で30分も入っていました。
中にセルフの食堂があり、たまらず冷たい生ビールを飲むと、ここに落ち着いてしまいました(笑)。

Dscn3530jpgc

Dscn3531jpgc


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/14

滝がビールに養老山

2014年8月13日
台風と秋雨前線の合間の束の間の1日に養老山859mに行ってきた。
蛭は怖いけど、いつも多度山では芸が無いので、近くの手頃な山を探しました。

ヤマレコでは2時間一寸で登っている記録がありましたが、私は3時間近く掛かりました。
8時半に駐車場を出発、養老の滝へ向かいます。まだ時間が早いので、観光客は誰も居ません。
大雨の後で水量は豊富です。

P1010895jpgc

滝到着は9時05分です。駐車場の標高は多分90m位、滝下の標高は250m位なので150~160m位登ったことになります。

P1010903jpgc

滝の水がお酒になったという孝行伝説で有名ですが、最近では滝がビールになったようです(笑)。

P1020017jpgc

滝から5分ほど登った所に駐車場があります。下の駐車場は300円ですが上の駐車場はもっと高いでしょう。
そこの小母さんが親切に登山口を教えてくれ、地図もくれました。本来なら、ここに登山届を出す必要があります。

Yourou211

その地図では、登山口から三方山、笹ヶ原、小倉山を経て養老山まで2時間10分のコースタイムになっています。9時18分の登山口出発です。

P1010907jpgc

3~4分登ると道が分かれますが、左の三方山を採ります。右は帰りに下って来るはずの道です。
この辺りでは養老山という言葉は出てこないので、一寸戸惑います。

P1010910jpgc

5~6分歩いて9時半ごろ沢を渡りました。

P1010916jpgc

養老山は数年前一度連れてきてもらったはずですが、全く記憶にありません。やはり自分で計画しないとダメですね。ここから急登がはじまります。

P1010917jpgc

でも上手にジグザグに道が付けてあるので、両手は使わずに歩けます。
急登30分強、9時2分に尾根に出ました。ベンチもあり休憩です。汗びっしょりです。
駐車場の小母さんが、さっき二人連れの人が登っていきましたよと言っていましたが、その二人らしい人が去って行きました。

P1010919jpgc

10分近く休んだ後、尾根筋の階段などを25分ほど登ると三方山直下の辻に出ました。
三方山50mと書いてあります。

P1010926jpgc

一登りすると三方山です。標高は730m、登山口から450m位登ったことになります。
コースタイムで90分、80分一寸かかっているので、そこそこですね。
残念ながら今日は視界がききません。本来なら濃尾平野の向こうに御嶽や乗鞍も見えると思うのですが。

P1010928jpgc

一旦辻へ下って10分ほど歩くと笹ヶ原です。帰りはここから右へ旧牧場のほうへ廻るつもりです。

P1010932jpgc

左折して5~6分歩くと視界が開け小倉山が見えます。山頂へは階段が着けられています。

P1010935jpgc

5分登って11時07分に山頂公園に着きました。東屋もあります。標高は941mです。
先の二人が先客で休んでおられるようなので、養老山へ行くことにしました。15分と書いてあります。

P1010937jpgc

降るのは嫌だなと思いながら下って、17~18分歩くと養老山頂の案内がありました。
直進すると津屋避難小屋へ100分とあります。
Uターンするように2分ほど登ると山頂でした。11時27分の到着です。
登山口から2時間10分、貰った地図のコースタイム通りでした。

P1010946jpgc

山頂は展望も無いので、小倉山まで引き返すことにしました。
11時55分頃、公園の四阿で弁当を広げました。後方が養老山方面です。

P1010954jpgc

西の方に山が霞んでいますが、上石津の集落と霊山山1083mでしょうか?

P1010957jpgc

北側は養老山脈の最高峰笙ヶ岳909mですね。

P1010958jpgc

12時20分に東屋を出ました。15分で笹ヶ原を通って旧牧場(アセビ平)へ向かいます。
来た道を直接下れば登山口まで1時間10分ですが、旧牧場を廻ると2時間10分かかるようです。

アセビ平までは60分とありますが、830mのピークを中心に5~6回アップダウンがありました。
また、台風11号の影響か倒木が至る所にあります。

P1010975jpgc

P1010976jpgc

50分一寸で旧牧場へ着きました。ここからツツジ峠経由で笙ヶ岳へ行けるようです。13時22分です。

P1010978jpgc

ここからは広い林道のような道を下りますが、倒木も多く、車は通っていないようです。
20分ほど下ると笙ヶ岳への旧道の入り口がありました。

P1010983jpgc

更に40分以上下って14時26分、神社がありました。ここからも尾根道の近道があるようですが。

P1010998jpgc

行の三方山への分岐が14時32分、登山口が35分の到着でした。アセビ平から72分位です。
駐車場の入り口のリフト乗り場が14時36分です。

P1020003jpgc

駐車場の小母さんが顔を覚えていてくれて一寸話をして、駐車場へ下りました。
今度は沢の北側を歩いて、養老神社へ行き、無事を感謝してお参りしました。

P1020007jpgc

朝は閑散としていた遊歩道も、今は観光客で一杯です。

P1020014jpgc

沢を渡る橋から養老山脈を見上げました。左手一番奥が笹ヶ原とアセビ平の間の830mピークの辺りのようです。

P1020018jpgc

駐車場到着は15時10分でした。暑かったし、疲れたなあ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/06

自転車で根尾谷へ

2014年8月5日

大垣から樽見鉄道に乗ると、本巣駅で折りたたみ自転車を300円で貸してくれるという。
それを輪行して樽見駅まで行き、本巣までサイクリングして返す。こんなプランを樽見鉄道のホームページで見つけたので行ってきました。

当初は下図のブルーの線のような予定を立てました。
つまり、樽見駅から一寸北上して、道の駅薄墨へ行く。それから引き返して旧157号線で谷汲山へ。
更に西へ横蔵寺へ、そして本巣えきへ。32~33キロの行程です。
幸い、樽見から本巣は下りです。標高差は160mとか。

Neodanijpgc

大垣9時10分発の電車に乗りました。レールバスと言うそうです。
結構混んでいて心配しましたが、本巣までで殆ど降りて、こんな感じです。

Dscn3351jpgc

樽見鉄道も御多分に漏れず存続の問題があるのでしょう、乗客獲得に努力されています。

Dscn3417jpgc

樽見へ10時15分に着きました。渡されたマニュアルで組み立てました。苦労はありません。
新しい立派な自転車でした。

Dscn3356jpgc

10時半ごろ出発して北を目指します。根尾谷断層の説明があちこちに出ています。
名水の案内もありました。

Dscn3364jpgc

そのうちに、道の駅近くに薄墨桜があるのではなく、薄墨公園と言う別の場所にあることが解ってきました。
それじゃあ行ってもしょうがないと引き返すことにしました。

薄墨公園は樽見駅近くの赤い橋を渡った高台にありました。根尾の淡墨桜は有名ですが初めてでした。

Dscn3376jpgc

樹齢1500年とか。

Dscn3381jpgc

開運橋を渡って旧道に入ります。古刹めぐりの一つ西光寺がありました。
山門の彫刻が素晴らしいです。米原上丹生の木彫軍団、彫長川口巳之助の作という説明があった。

Dscn3371jpgc

近くの天狗そばで昼食をとった。太くて短い田舎蕎麦が気に入りました。
手打ちで、包丁で切っているので、角があり腰もしっかりしているでしょうと女将さんが言っていました。

Dscn3375jpgc

隣が根尾の地震断層観察館だった。500円払って入館する。
ここは、濃尾地震の震源地だったのですね。断層を掘り下げ露出させた後、その上に建物を建設して観察できるようにしてありました。

Dscn3386jpgc

濃尾地震は明治24年の発生で、マグニチュード8.0、関東大震災より大きく、死者7200人を数えたそうです。
岐阜県のホームページの説明です。

 濃尾大地震は根尾谷を震源地として発生した。このときできた根尾谷断層は地表面に現れたものだけで全長80キロメートルに及んだ。根尾谷の水鳥(本巣市根尾)には、最大で垂直に6メートルのずれが生じた。垂直方向に50センチメートルのずれを生じた阪神・淡路大震災の断層(兵庫県北淡町)と比較するとその規模の大きさが想像できる。根尾の山々は、この地震のため崩落したり、山肌が一瞬のうちにはぎ取られ、木が1本もなくなったところが多かった。さらに崩壊した土砂が根尾川をふさぎ、湖ができたところもあった。また深い谷に沿って延びる道路もあちこちで寸断され、その谷に架かる橋も落下したりした。

近くの丘から断層が一望できました。

Dscn3393jpgc

13時15分頃、高尾ダムを渡りました。みるとUターン式の魚道が目につきました。
高さ10m以上のダムを魚道で越えさせようとしています。中間に休憩所?も有って魚が結構入っていました。

Dscn3398jpgc

日当(ひなた)の駅を越えた所で完全に道を間違えました。雨も降ってきたので確認が遅れました。
鋭角に左折する必要があるのですが直進しました。タブレットで現在位置を確認しなかったら、ひどいことになっていたと思います。

根尾クリスチャン山荘なんて出たら間違いですよ、皆さん。
25分ほどロスして復帰しました。下の写真で左の道から来て右の道へUターンの必要があったのです。

Dscn3404jpgc

一登りすると渓谷美がきれいです。樽見鉄道から離れてはいけません。13時50分です。

Dscn3406jpgc

この辺で旧道は本巣と谷汲の境を縫うように走ります。
谷汲の伊野の一本杉が14時10分頃です。

Dscn3407jpgc

この辺でまた雨が降ってきました。涼しくて良いのですが、折角乾きかけたシャツがまたびしょ濡れです。
谷汲山や横蔵寺は諦めました。

ずぶ濡れで本巣駅到着は14時45分頃でした。電車は15時37分までありません。
濡れついでに近所のスーパーへ行き、缶ビールやおつまみを買って、駅のベンチで一杯やりました。

そのうちに青空が出てきました。

Dscn3419jpgc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/04

松茸パーティー

毎年、山の会のメンバーさんのお世話で開かれている松茸パーティーが今年も開かれました。
最初は10人以下で行われていたこのパーティーも、年々参加者が増え、今年は29人でした。
それだけお得感が浸透したのでしょう。

まず焼き松茸をたらふく食べ。

Dscn3332jpgc

Dscn3334jpgc

それからすき焼きです。

Dscn3342jpgc

Dscn3344jpgc

その他にもお刺身や鮎の塩焼きなど、盆と正月が一緒に来ても、我家では出ない御馳走です(-_-;)。
そのうえ、お土産もしっかりあって、家族も大満足です。

Dscn3349jpgc

お世話くださったKさん、有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »