« 塩尻市内の塩の道「仁科街道」 | トップページ | 立山黒部アルペンルート2 »

立山黒部アルペンルート

2014年7月23日

今日は50年前のワンゲルの同窓会で立山の室堂から奥大日岳を往復する夏合宿の初日です。
年齢は71歳~73歳なので無理のない行程です。

信濃大町から室堂へは立山黒部アルペンルートを使います。
実は初めてなので楽しみです。

信濃大町からは路線バスで扇沢へ。ここからが立山黒部アルペンルートです。
ここからトロリーバスでトンネルの中を46分走ると標高1470mの黒部ダムです。
立山三山が見えています。

Dscn3075jpgc

ダムの放水が圧巻ですね。

Dscn3086jpgc

ダムの上を歩いて渡ります。振り返るとこの景色です。

Dscn3090jpgc

そこからケーブルとロープウエーを乗り継ぐと標高2316mの大観峰です。
さきほどの黒部湖が眼下に広がり、その上に後立山連邦の峰々が聳えています。

Dscn3134jpgc

そして立山の下を再度トロリーバスで抜けると室堂平です。
上空は雲がかかり、明日の天気を予想させますが、後方の鞍部は一の越です。

Dscn3147jpgc

遊歩道を5分も歩くとミクリガ池です。今年は雪が多いですね。池の向こうに明日泊まるミクロガイケ温泉が見えます。

Dscn3152jpgc

その建物の傍を通って30分ほどリンドウ池を一巡りすると今夜の宿雷鳥荘です。

Dscn3164jpgc

雷鳥荘からは明日登る奥大日岳への経路、雷鳥沢が見下ろせます。
無数のテントは、立山や剣へのベースキャンプなのでしょう。

Dscn3168jpgc

ミクリガ池温泉も雷鳥荘も、もう山小屋の域を一歩抜けて、安い温泉ホテルに近づいています。
明日の好天を祈って、皆で乾杯です。

Dscn3180jpgc

明日へ続きます。

|

« 塩尻市内の塩の道「仁科街道」 | トップページ | 立山黒部アルペンルート2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56078/60057307

この記事へのトラックバック一覧です: 立山黒部アルペンルート:

« 塩尻市内の塩の道「仁科街道」 | トップページ | 立山黒部アルペンルート2 »