« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月に作成された記事

2014/07/29

立山黒部アルペンルート2

2014年7月24日
朝起きると雨でした。そこで本日の奥大日岳は即座に中止になりました。
まあ、立山や剣岳の展望が期待の山なので、仕方ないでしょう。

予定ルートは下図のようでした。

Okudainitijpgc

2400mの室堂から2270mほどの雷鳥沢へ一旦下って、2600mの奥大日岳を往復します。
その先の大日岳を往復するのもあるようです。

いずれにせよ、それが無くなるとすることがありません。宿は9時がチェックアウトです。その後、カフェで時間を潰します。奥さんが良い人で、山にも詳しく飽きさせません。

でも、さてしもあるべきことならねば(笑)、10時過ぎに重い腰をあげました。
今夜の宿「ミクリガ池温泉」までは30分の行程です。

Dscn3185jpgc

まあここで、部屋に入れるのが午後2時と言うことで、それまで温泉に入ったり、食堂でビールを飲んだりして過ごしました。

新しく仲間が二人増えて11人になり、夕食です。

Dscn3203jpgc

夕食後、一寸雲が晴れました。
立山です。

Dscn3208jpgc

今日、登るはずだった奥大日岳(右)と大日岳です。

Dscn3213jpgc

2014年7月25日

今日は関東へ帰る皆さんと分かれて室堂から富山側へくだります。山はまだ見えませんが、雨は止んでいます。
8時40分のバスに乗りました。

途中、称名の滝が見える場所で停止して見せるサービスがありました。

Dscn3245jpgc

美女平まで50分です。途中歩いている人も居ました。距離は長いですが新緑や紅葉の季節ならあるくのも良いかもしれません。

そこからケーブルで7分で電鉄立山駅です。
車窓から見えたのは立山でしょうか?

Dscn3280jpgc

北陸新幹線の開通に備えて工事中の富山駅で、ホタルイカや白エビ、かまぼこと鱒の寿司とお土産を買いこんで、最後のビールを一杯飲んで帰りました。

Dscn3285jpgc

この記事のカテゴリーを「山歩き」にしたのは間違いかなあ(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/28

立山黒部アルペンルート

2014年7月23日

今日は50年前のワンゲルの同窓会で立山の室堂から奥大日岳を往復する夏合宿の初日です。
年齢は71歳~73歳なので無理のない行程です。

信濃大町から室堂へは立山黒部アルペンルートを使います。
実は初めてなので楽しみです。

信濃大町からは路線バスで扇沢へ。ここからが立山黒部アルペンルートです。
ここからトロリーバスでトンネルの中を46分走ると標高1470mの黒部ダムです。
立山三山が見えています。

Dscn3075jpgc

ダムの放水が圧巻ですね。

Dscn3086jpgc

ダムの上を歩いて渡ります。振り返るとこの景色です。

Dscn3090jpgc

そこからケーブルとロープウエーを乗り継ぐと標高2316mの大観峰です。
さきほどの黒部湖が眼下に広がり、その上に後立山連邦の峰々が聳えています。

Dscn3134jpgc

そして立山の下を再度トロリーバスで抜けると室堂平です。
上空は雲がかかり、明日の天気を予想させますが、後方の鞍部は一の越です。

Dscn3147jpgc

遊歩道を5分も歩くとミクリガ池です。今年は雪が多いですね。池の向こうに明日泊まるミクロガイケ温泉が見えます。

Dscn3152jpgc

その建物の傍を通って30分ほどリンドウ池を一巡りすると今夜の宿雷鳥荘です。

Dscn3164jpgc

雷鳥荘からは明日登る奥大日岳への経路、雷鳥沢が見下ろせます。
無数のテントは、立山や剣へのベースキャンプなのでしょう。

Dscn3168jpgc

ミクリガ池温泉も雷鳥荘も、もう山小屋の域を一歩抜けて、安い温泉ホテルに近づいています。
明日の好天を祈って、皆で乾杯です。

Dscn3180jpgc

明日へ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/26

塩尻市内の塩の道「仁科街道」

2014年7月22日。

塩尻市内の塩の道、仁科街道(千国街道)を歩いてきました。

詳しくはホームページを覗いてください。

炎天下の街道歩きも結構楽しいものです(笑)。

Dscn2973jpgc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/19

自転車でお千代保稲荷へ

2014年、7月18日。

連日の猛暑で家に引っこんでいましたが、たまには走らないとと出かけました。
長島の我家からはまっすぐ北上すると岐阜羽島にでます。
でもその間の木曽川と長良川の中堤は一般自動車通行禁止なので自転車や歩行者の天国です。

Ochoboinarijpg1

その間10キロほどです。
まず、9時20分頃、木曽三川公園に来ました。長良川の向こうは養老山脈です。

Dscn2911jpgc

ここからは堤防一本が木曽川と長良川を隔てています。明治の改修でこの堤防が完成するまで、この辺りは毎年洪水で苦しめられていたそうです。

Dscn2912jpgc

堤防にはいろいろ工夫があるようです。

Dscn2915jpgc

Dscn2946jpgc

昔、この辺りには渡し船があったようです。尾張へ行ったのか美濃へいったのか。

Dscn2916jpgc

東海大橋には入れません。公園から40分、10時頃です。

Dscn2922jpgc

東海大橋を過ぎると突然伊吹山が飛び込んできます。

Dscn2923jpgc

東海大橋から10分で堤防を抜け岐阜羽島に入ります。
そこには明治の改修の石碑があります。

Dscn2925jpgc

そして馬飼大橋へ。ここは長良川河口堰の見本のような橋です。

Dscn2928jpgc

そこを直進して木曽川の堤防を登りましたが、目当ての木曽三川公園は特に何もありませんでした。
そこで、お千代保稲荷さんへ向かいました。

Dscn2934jpgc

南濃大橋を渡って、11時10分頃到着しました。
平日ですが、そこそこの人出です。私も参拝しました。

Dscn2939jpgc

お腹も空いてきたので、近くのお店で昼食。

Dscn2943jpgc

安いようで高い昼食でした。ここまで30キロ、帰りは寄り道しないので、もう少し短いでしょう。
帰りの中堤で、立派な望遠カメラの人が居たので尋ねると、オオタカが居るとのこと、へー、こんな身近にオオタカの巣ですかと感動しました。

Dscn2948jpgc

今日も一日楽しかったですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »