« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月に作成された記事

2014/06/30

台湾 玉山登山

2014年6月23日~27日

台湾の玉山(3952m)に登ってきました。

玉山の日本名は新高山です。日本統治時代に富士山より高い山が新しくできたと名づけられたようですね。
素晴らしい原生林に囲まれた名峰ですね。

Dscn2463jpgcc

写真はご来光直前の玉山頂上です。

他に阿里山観光など、詳しくはホームページをご覧ください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/16

慶良間へ行ってきました⑷

6月14日

雨が降っています。
ゆっくり宿を出て、まず空港へ向かい、荷物を預けます。
こういうとき、ユイレールの1日乗車券が便利です。

国際通りへ帰ってきて、二人が初めての壺屋博物館へ行きました。
平和通り商店街を通っていくと「やちむん通り」に出ます。やちむんとは焼物のことです。

Dscn2236jpgc

近くに大きなシーサーの焼きものがあります。

Dscn2232jpgc

博物館です。ユイレールの1日乗車券で割引があります。

Dscn2216jpgc

館内の写真は説明ボードは不可で、作品は撮っても良いそうです。

Dscn2220jpgc

博物館の近くに南窯という登り窯があります。

Dscn2227jpgc

ここからしばらくは「やちむん通り」という良い散歩道ですが、雨も降っているので、公設市場に戻ってお土産を買うことにしました。

Dscn2239jpgc

しまらっきょう、豆腐よう、らふてぃなど買いました。

Dscn2248jpgc

Dscn2240jpgc

Dscn2241jpgc

それと、お惣菜屋さんで、モズクの天ぷらとクーブイリチーを買いました(笑)。
さて昼飯と食堂を探しましたが、適当な店が見つからず、結局市場の2階へ行きました。
一寸高いけど、いろいろ食べたいときは、ここが良いようです。

焼きそば、ラフティ、豆腐チャンプルー

Dscn2243jpgc

ミミガー、テビチのから揚げ、島ラッキョウ天ぷら

Dscn2245jpgc

これは近くの娘さんが注文した骨汁です。すごいなあ。

Dscn2246jpgc

空港へ帰って、最後の一飲みです(笑)。

Dscn2261jpgc

また、しばらく、さようなら。

Dscn2263jpgc

おわり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慶良間 ⑶

この辺で慶良間諸島阿嘉島周辺の地図を見てみましょう。

阿嘉島の上(北側)が座間味島で座間味村の役場があります。
阿嘉島の右(東側)が渡嘉敷島で渡嘉敷村です。その30キロ位向こうに沖縄本島の那覇港があります。

慶良間諸島とは座間味、阿嘉、渡嘉敷とその周辺に浮かぶ島々を言います。
地図の数字は我々が潜ったポイントです。

赤い線が今日のハイキングで、片道6キロ位でしょう。

Kerama

最後のお別れに恒例の朝の散歩です。
天城展望台から久場島方面を望みます。

P1010852jpgc

ビーチの白砂はサンゴの死骸です。

P1010865jpgc

阿嘉のシンボル、樹齢400年のアカテツの木

P1010871jpgc

那覇行のフェリーは午後3時なので、ゆっくり機材を乾かせます。
準備して9時半ごろに出発しました。宿で作ってもらったお弁当とお茶と、必需品の缶ビールを持って出発です。
旅行前に皆さんに缶ビールの保温ケースを持ってくるよう連絡していました(笑)。

阿嘉島には小中学校と幼稚園が同じ敷地にあります。

Dscn2161jpgc

ダイビングボートの出る港から阿嘉大橋を渡って慶留間島に向かいます。

Dscn2164jpgc

阿嘉大橋の上から海中を見ます。水がきれいです。
そう言えばログ付の時、誰も透明度は聞かなかったけど、何mぐらいかしら。
30m以上はあったような。

Dscn2167jpgc

慶留間島から阿嘉大橋と阿嘉の集落を望む。

Dscn2169jpgc

島には勿体ないような道路が海岸沿いに着けられています。飛行場があるからでしょうね。

Dscn2173jpgc

宿からゆっくり歩いて1時間ほどで慶留間の集落に着きました。
座間味村の人口は900人一寸で、座間味島に600人弱、阿嘉島に300人弱、そしてここ慶留間島に65人ほどとか。外地(ふかじ)島には空港だけで住民は居ません。

Dscn2175jpgc

小学校があるようです。

Dscn2177jpgc

慶留間橋を渡って外地島に渡ります。

Dscn2176jpgc

日本では南西諸島にしか生息しないと言われるオオゴマダラ

Dscn2180jpgc

アダンの実は美味しそうだが固くて食べられない。オカヤドカリが食べているようです。

Dscn2181jpgc

10時52分、慶良間空港に到着。今は定期便は無いが、急患や悪天候のときに使われているとか。
ここでトイレを使わせてもらった。通常は無人のようです。

Dscn2184jpgc

そういえば、慶良間諸島は国立公園になったのでした。

Dscn2185jpgc

空港から7~8分の登りで外地展望台です。
空港の滑走路の向こうは渡嘉敷島です。

Dscn2191jpgc

慶留間集落とその向こうは座間味島でしょう。

Dscn2192jpgc

一寸時間は早いですが、ここでランチタイムは妥当なところでしょう(笑)。

Dscn2196jpgc

昼食の後、慶留間の集落に帰り、高良家という古い家を訪ねましたが、管理人さんが昼休みで写真だけ。

Dscn2197jpgc

ここは沖縄県の鰹漁の発祥の地とか。
また第2次世界大戦の爪痕もいろいろあるようです。

Dscn2204jpgc

3時のフェリーに乗りましたが、途中から大雨になってきました。
港からホテルまで歩いてびしょ濡れになりました。

沖縄最後の夜は船員会館1Fの食堂です。
居酒屋もいろいろ行きますが、結局行き慣れたここへ帰ってきます。

Dscn2211jpgc

明日は午後4時のフライトです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

慶良間 ⑵

6月12日
今日は3本の予定です。天気は良くて朝の散歩も快適です。

Img_20140612_070521jpgc

天気は良いのですが、まだ波が高いということで1本目は昨日と同じ内海の安室島アガリウシ。

枝サンゴの大群落にヨスジフエダイの群れ。

Dscn2043jpgc

チョウチョウコショウダイですが顔に寄生虫が付いています。可愛そう?

Dscn2059jpgc

アンカーに帰ってくるとタテジマキンチャクダイが居ました。

Dscn2084jpgc

港に帰り、早めの昼食を宿にお願いしました。
二本目は座間味島との間にある嘉比島のブツブツサンゴへ。

クロユリハゼはいつもペアで。

P1010790jpgc

ツノダシやアイゴの仲間

P1010793jpgc

マニアックにアミメサンゴガニ

P1010801jpgc

これはナデシコカクレエビ、見えますか?

P1010822jpgc

ブツブツサンゴの中にモンハナシャコ

P1010825jpgc

1時間近く、じっくりとフィッシュウオッチングした2本目でした。
3本目は今回のラストダイブです。そこで今回無かった洞窟のポイントをリクエスト。

波も少し収まって久場島へ。東ケーブです。

Dscn2097jpgc

二人も順調に潜っています。

Dscn2102jpgc

イラブーも出てきました。

Dscn2114jpgc

いくつか洞窟を潜ります。

Dscn2127jpgc

光のシャワーを浴びるのは天気が大事です。

Dscn2133jpgc

ウミウシもライトできれいです。

Dscn2135jpgc

無事3本が終了です。

Dscn2145jpgc

島の最期はワインで乾杯です。

Dscn2150jpgc

明日は島のハイキングをして那覇へ帰ります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/15

慶良間に行ってきました ⑴

山仲間の二人と海へ行きました。
男性のKさんはワンゲル同級生、女性のWさんは最近の山や街道歩きの仲間です。
いずれも最近になってダイビングを始めました。

6月10日、午後5時に那覇空港に到着しました。
まあこの日は取り敢えず、いきつけの居酒屋さんで乾杯です。

Dscn1952jpgc

沖縄近海には熱帯低気圧が発生し、梅雨前線も居座って、滞在中の天気は予断を許せません。

6月11日 今日は10時のフェリーでのんびり阿嘉島に渡ります。
慶良間諸島の阿嘉島へは高速船なら1時間、フェリーでは1時間半です。

Dscn1955jpgc

11時半に到着し、買ってきた弁当を宿で食べて、12時半には港に向かいました。
Wさんはボートダイビング初めてなので、最初は易しいポイントを選んでもらいました。
安室東益田岩だそうです。

Dscn1964jpgc

でもまあいろいろ見れました。
スカシテンジクダイの群れやケラマハナダイなどが住む益田岩。

Dscn1974jpgc

幸運にもウミガメやカクレクマノミなども見て

Dscn1983jpgc

Dscn1997jpgc

Wさんも大満足の一本になったのではないでしょうか。
しかも、ボートに上がると太陽が輝いていました。ラッキーですね。

港へ帰って休憩します。島に滞在するとこれが良いですね。

Dscn2015jpgc

ここまではニコンのカメラです。18m防水なのでハウジングも使っていません。
2本目は従来から使っているパナソニックにハウジングです。

ハナゴンベ、一寸ピンボケですね。

P1010763jpgc

大きなウミウチワ

P1010770jpgc

ダイビング終了後は冷たいオリオンビールを持って、近くの天城展望台に行きました。
途中でケラマシカに出会いました。あまり人を怖がっていません。

Dscn2021jpgc

展望台からの眺めはいつ来ても最高です。

Dscn2026jpgc

民宿なーれらさんの食事はフランス料理みたいになっていました。
沖縄料理も食べさせてくださいね。

Dscn2031jpgc

夜は例にとってブループラネットさんで丁寧なログ付です。
夜が更けるまで喋っていました。

続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/09

答志島の海女小屋

やまびとの例会で答志島へ行きました。
まともな?山行の第一例会や第二例会に対し、よりゆるやかな例会として誕生した第三例会で、私が企画したグルメ例会です(笑)。

鳥羽発9時45分の定期船で答志島の桃取港へ向かいます。

Dscn1860jpgc

答志島には桃取、和具、答志の3つの集落があり、それぞれ港があります。そんなに大きくもない島に3つの港なんて贅沢と思いました。

でも島の人の話だと、3つの集落はそれぞれ言葉も風習も違うそうです。特に答志は外洋に面して漁師で気性も荒く、桃取は内湾に面して養殖や兼業農家で中学も答志中学でなく鳥羽へ通うとか。

今回は桃取に上陸して島を縦断して答志に向かい、海女小屋体験をした後和具から鳥羽に帰る予定です。

Tosijimajpgc

10時過ぎに歩き始めました。今回13人が参加です。

Dscn1873jpgc

島を縦断する自動車道はスカイラインと呼ばれ6キロあります。
スカイラインを離れ海岸沿いを歩いてみましたが行き止りで引き返しました。

Dscn1879jpgc

スカイラインの頂上付近から鳥羽が見えます。

Dscn1885jpgc

30分ほどのロスタイムを含めて2時間弱で和具港に着きます。答志港はさらに一つ峠を越え、狭い路地を通って
15分位でたどりつきます。

Dscn1891jpgc

海女小屋はその端の方にありました。本物の海女小屋ではなく、観光用に作られたものです。

Dscn1892jpgc

本物の海女小屋もすぐ近くにあります。

Dscn1904jpgc

料金は3000円で現役の海女さんが焼いてくれました。貝や魚、また干物の他にシラスご飯と伊勢エビ風味の味噌汁が付きます。

Dscn1893jpgc

伊勢エビやアワビの季節にはそのコースもあるようです。
現役の海女さんなので、いろいろ話が面白く、2時間近くがすぐ経ってしまいました。

Dscn1897jpgc

近くの小さな商店に案内してもらい、少し干物など買った後、14時20分頃に岩屋山に登り始めました。
100mほどの登りですが、食後の登りは応えます。

答志島には今でも寝屋子制度が残っていると聞いていましたが、その設備がありました。

Dscn1907jpgc

先ほどの海女さんも息子は寝屋子に出したと言っていました。
ツーショット撮影用のカメラ置き台は優れたアイデアですが壊れていました。

Dscn1914jpgc

深山幽谷の趣があります。

Dscn1918jpgc

岩屋山古墳付近から和具を見ています。

Dscn1927jpgc

45分ほどでつばき公園に下ってきました。潮音寺や美多羅志神社があります。

Dscn1931jpgc

近くのホテルに立ち寄り湯して汗を流しました。

Dscn1936jpgc

Dscn1938jpgc

近くに公衆浴場もありますが、金土日の15時30分からとかで、帰りの船に間に合いません。たすかりました。
16時15分の船で鳥羽に帰りました。

Dscn1944jpgc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »