« 知多四国と源義朝の最期 | トップページ | 談山神社から飛鳥へ »

常滑焼の故郷へ

13時22分の名鉄で、上野間駅へは5分で着きます。
ここから大谷まで知多バスで行くのですが、待ち時間が45分位あります。
歩くと1時間以上かかるので、休養を兼ねて待つことにしていました。

Noma2

番外の曹源寺到着は14時25分頃です。
ここは足の不自由な人が弘法大師のお告げで寺を訪れ、奇跡的に治ったため、それまで使っていたいざり車を置いて行ったそうです。

P1010620jpgc

ここから来応寺、玉泉寺2ヶ寺が隣接しています。

P1010623jpgc

P1010624jpgc

60番の来応寺は一寸高台にありました。とうもろこし畑が広がる田園地帯にセントレアも見えます。
もう少し早ければ桜もきれいなお寺でした。

P1010627jpgc

P1010629jpgc

15時35分頃出て、61番の高讃寺に向かいます。
イチジクでしょうか、初めてこんな畑を見ました。

P1010637jpgc

16時に高讃寺の入り口に着きました。山門の仁王さんは鎌倉時代の作とかで、ともかく歴史ありそうなお寺です。

P1010644jpgc

本堂も古く、天井の格子絵や富士登山の絵馬も、見る人が見れば貴重なものではないでしょうか。

P1010647jpgc

62番の洞雲寺が16時35分。後3ヶ寺ありますが、18時まであるので大丈夫でしょう。

P1010657jpgc

ここを出るといよいよ常滑市街に入ってきました。焼き物の街です。

P1010658jpgc

63番の大善院には立派なイブキ(ヒノキ科)の大木がありました。本堂の大修理をしていて、寄付が必要そうでした。

P1010666jpgc

一寸珍しい緑の橋がありました。

P1010673jpgc

64番の宝全寺が17時20分過ぎ。後1ヶ寺です。

P1010675jpgc

常滑の街にはいろんな場所に焼き物が使われていますね。

P1010677jpgc

17時50分に最後の相持院の納経を終えました。

P1010680jpgc

セントレアには何回か来ていますが、常滑の街は素通りです。今回も時間に追われて見ていません。
でも面白そうなので、次回は時間を作って常滑散策をしましょう。

P1010689jpgc

Wさん、お疲れ様でした。

P1010692jpgc


|

« 知多四国と源義朝の最期 | トップページ | 談山神社から飛鳥へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56078/59532081

この記事へのトラックバック一覧です: 常滑焼の故郷へ:

« 知多四国と源義朝の最期 | トップページ | 談山神社から飛鳥へ »