« 熊野 浜街道その3 | トップページ | 常滑焼の故郷へ »

知多四国と源義朝の最期

2014年4月24日

知多四国も今日で5日目になります。大分上達してきて、初日は10ヶ寺廻るのが精いっぱいでしたが、今日は18ヶ寺予定しています。

Noma1

名鉄野間駅へ9時前に着き、55番の法山寺に向けて歩き始めて驚きました。源義朝公最期の地という案内が有ったからです。

P1010550jpgc

平治の乱で敗れた義朝が、どこかへ落ち延びて、家来の長田某の裏切りで殺されたというのは知っていましたが、それが野間だとは知りませんでした。

法山寺にもその名残がありました。

P1010553jpgc

野間大坊へ向かう道筋にもいろいろありました。

P1010555jpgc

血の池は義朝の首を洗ったとか

P1010556jpgc

野間大坊は大御堂寺が正式名称で、付近に密蔵院や安養院などの末寺がある。
安養院は後に織田信孝が自刃した寺でもあるそうです。ともかく、この地域では相当な信仰を集めているようで、道端の看板や交通案内も丁寧に行われています。

P1010558jpgc

源義朝のお墓のようです。

P1010563jpgc

P1010567jpgc

安養院

P1010574jpgc

密蔵院

P1010578jpgc

白衣観世音菩薩を祀る瑞境寺までは近くに集まっているので、お参りも楽です。1時間半で6ヶ寺に納経できました。

P1010584jpgc

次に49番の吉祥寺へ向かいましたが、これはナビが無いと歩けないような細い山道でした。
でも、正式な巡礼道のようでした。

P1010587jpgc

P1010589jpgc

ここから48番の良参寺までは2キロ以上あります。
途中に富具神社というフグの神様?ありました。

P1010593jpgc

海岸沿いの国道を歩いていると野間灯台がありました。野間海水浴場と共に、ちらっと聞いたことがあった灯台ですね。ここもやはり、恋人岬の必需品、鐘や鍵結びがありました。

P1010600jpgc

セントレアに着陸する飛行機が順次降りてきます。

P1010601jpgc

11時半に良参寺の参拝を終えました。

P1010604jpgc

そろそろ昼食の時間で、食堂を物色しながら国道を引き返しました。
12時を一寸過ぎたころ、灯台ラーメンという店に入りました。

P1010611jpgc

P1010612jpgc

12時45分頃店を出て、知多奥田駅近くの報恩寺到着は13時5分。ここも源義朝ゆかりの寺です。

P1010616jpgc

近くに日本福祉大学があり、学生さんの乗降が多い駅です。
次の番外曹源寺までは7~8キロ有るので、電車とバスを使うことにしました。

|

« 熊野 浜街道その3 | トップページ | 常滑焼の故郷へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56078/59531878

この記事へのトラックバック一覧です: 知多四国と源義朝の最期:

« 熊野 浜街道その3 | トップページ | 常滑焼の故郷へ »