« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月に作成された記事

2014/03/21

知多四国 フグの翌日

2014年3月17日(月)

フグの翌日は6時に起床、朝の散歩に出ました。
朝食は7時半なので、その前に少し島の観光と、昨日残した37番の納経をしようというのです。

Dscn0498jpgc

幸い晴天で朝日を浴びた海岸は南国のビーチみたいです。

Dscn0485jpgc

ビーチの端に高台があり日間賀神社がありますが、その先に恋人のブランコがありました。
皆さんも試してみてはいかがですか(笑)。

Dscn0487jpgc

7時過ぎに37番の魚養山大光院という魚の養殖の神様のような寺院にお参りしました。
早朝から申し訳ないですが、ご朱印も頂戴しました。

Dscn0492jpgc

民宿の朝食も美味しくて、しっかり腹ごしらえをしました。
今日も昨日に劣らず、盛り沢山の計画が詰まっています。

Dscn0500jpgc

日間賀島はタコも名物です。あちこちにタコを干していますが、チケット売り場の窓も干してあり笑えました。

Dscn0501jpgc

8時35分の船は西港経由で9時前に師崎の港に到着しました。
売店も開いていたので、昨日貰った500円の買い物券を使ってちりめん等お土産を買いました。

9時5分ごろ出発、半島の西海岸を番外の浄土寺へ2キロほど歩きます。

P1140787jpg3

海岸線の国道247号線は歩道が無いので一寸嫌ですが、車の通行はそんなに多くなく、海にはワカメでも採っているのでしょうか、ウエットスーツの漁師さんの船が見えます。

Dscn0518jpgc

Dscn0517jpgc

9時42分に浄土寺に到着、ここは大きな亀が祀られていました。

Dscn0522jpgc

納経を終えて、次の40番までは4キロほどあるなと国道へでると、先ほどお参りしていたおじさんがバスを待っていました。聞くと10時に内海方面のバスがあると。うん、ここはバスに乗ろうと即決しました(笑)。

今日もなかなか厳しい行程で、全部歩いていると残すかもしれないと思っていました。
定刻にバスが来て、15分で最寄りのバス停に着きました。40分ほどは節約できたでしょう。

Dscn0525jpgc

40番の影向寺を10時25分ごろ出て、また海岸を40分ほど歩きます。
海苔の養殖や小女子の漁が盛んなようです。

Dscn0529jpgc

私はちりめんじゃこが大好きで、シラス丼なんか最高の食べ物と思っています(笑)。
41番の西方寺には11時3分に到着しました。

Dscn0535jpgc

海岸線はここまでで、ここから半島の中ほどへ進みます。
ワカメを干していました。聞くと4日間ほど干すそうです。今朝、朝採れのワカメをお土産で買っています。
しゃぶしゃぶにしてポン酢で食べると美味しいと聞きました。楽しみです。

Dscn0537jpgc

42番天竜寺には11時32分の到着です。ここには愚痴聞き地蔵尊が珍しい。

Dscn0541jpgc

次の岩屋寺への道をお遍路ーるαで検索すると、近道の車道と遠回りの歩道が出てきた。
風情のありそうな歩道を選ぶ。前述のおじさんはガイドブックの地図に従っているのでしょう、車道を歩いています。歩き巡礼のガイドブックなら昔の巡礼道のような歩道を教えたら良いのにと思う。

岩屋寺は尾張高野山と称し、この辺りでは人気のお寺のようで、平日にもかかわらず縁日なのでしょうか露店がでていました。

Dscn0545jpgc

11時57分に参拝を終え、番外の岩屋寺奥之院に行くとき失敗しました。
やはりお遍路ーるαで検索すると300mの車道と1500mの歩道が出ました。また歩道を選んだのですが失敗でした。

一旦外へ出て、遠回りして山道へ導きます。そして最後には何も無い処が目的地でした。これは奥之院が山中にあり、道が確認できないため、ナビが知っている一番近い場所へ案内するのです。例えそこが谷を隔てていて、そこから目的地には行けなくても、直線距離で一番近い場所に案内します。ナビの欠点ですね。

仕方なく地図ロイドの地形図に切り替え、山道を探して奥之院に向かいました。
12時40分でした。30分位ロスしたかもしれません。

Dscn0553jpgc

次は28番の永寿寺に向かいますが、さきほど間違えて通った山道が近道になりそうなので、そこを辿りました。

Dscn0550jpgc

Dscn0554jpgc

それは良いのですが、寂しい山や田圃の道で食堂もありそうな様子はありません。
空腹を抱えて歩くことになりました。13時21分に到着です。

Dscn0557jpgc

次の27番誓海寺へ向かっていると、知多半島道路のそばに、つくだ煮街道という土産物店がありました。
ここもプレゼントクーポンを貰っていたので、入ってお土産を少し買い、ラーメンを食べました。

Dscn0559jpgc

Dscn0560jpgc

14時10分ごろ店を出て、30分近く歩くと誓海寺の近くに来ました。
フキノトウが芽を出していました。春ですねえ。

Dscn0562jpgc

ここは少し高台にあり、番外の禅林堂と並んで建っています。

Dscn0564jpgc

14時53分に出ました。残りのお寺は4ヶ寺、時間は3時間です。44番の大宝寺に向かいます。
この頃から疲れがでてきたのか、ナビの教える到着時間に少し遅れるようになってきました。

途中の梅と今年初の桜です。

Dscn0570jpgc

Dscn0571jpgc

16時10分に到着です。

Dscn0574jpgc

16時57分に45番の泉蔵院に到着しました。
その上が昔の一色城跡ということで見に行きました。

Dscn0584jpgc

Dscn0587jpgc

近くに廻船船主の屋敷がありましたが休館でした。

Dscn0590jpgc

46番の如意輪寺は今来た途中にありました。

Dscn0593jpgc

納経所の奥さんに、後一つで内海のお寺は終わりですねと励まされて、47番へ向かったのは17時25分です。
極楽寺は内海駅の先にあります。

如意輪寺は弁財天が祀られた池の向こうの高い石段の上にありました。
17時45分に到着しました。

Dscn0596jpgc

今日も4万2千歩ほど歩きました。
2日間で50キロ以上、33ヶ寺の納経を終えました。Wさん、ご苦労様でした。

Dscn0607jpgc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/18

知多四国3日目午後

河和駅13時38分発の海っこバスに乗せてもらって、14時03分に交通公園駅で降りる。
この辺り、一寸風情がある集落の道です。

Dscn0404jpgc

目的の29番正法寺はすぐそこで14時08分に到着しました。

Dscn0405jpgc

P1140787jpg2

次は34番の性慶院ですが3キロほどあります。
ただここは30番から34番まで5ヶ寺が集中しています。聞くと、元々30番の医王寺があって、それが分かれて5ヶ寺になったのだそうです。

まあ歩かなくて効率が良いので助かりますが。

Dscn0410jpgc

34番には14時55分頃の到着です。

Dscn0413jpgc

隣が33番北室院です。

Dscn0415jpgc_2

32番、31番、30番は隣接していますが、御朱印は32番でまとめて押しています。

Dscn0420jpgc

Dscn0423jpgc

Dscn0426jpgc

15時18分に納経を終えて、いよいよ師崎へ向かいます。途中高層マンション?が見えています。
以前、バブルの後遺症で、あまり人が入っていないビルが知多半島には多いと聞いたのですが、ここもそうでしょうか?

Dscn0427jpgc

35番の成願時には15時40分に到着、修験道の開祖と言われる役行者も祀られていました。

Dscn0432jpgc

師崎新港の中を歩いてみました。

Dscn0435jpgc

師崎の街は活気があるように見えます。居酒屋や料理屋そして釣り船、できれば泊まってみたいと思いました。
36番の遍照寺には16時10分でした。

Dscn0441jpgc

師崎港を16時45分の篠島経由日間賀島行の高速船に乗るつもりです。

Dscn0444jpgc

セットのチケットは日間賀島往復だけですが、篠島にも3ヶ寺あるので、篠島経由便に乗りたかったのです(笑)。

Dscn0448jpgc

10分で篠島に着き途中下船。島は大きくないのですが、お寺は意外と解りにくいです。

Dscn0453jpgc

3月から御朱印の受付が1時間延びて18時までになったので助かっています。
39番の医王院到着は17時15分でした。高台にあり篠島の港が見えます。

Dscn0458jpgc

知多四国に限りませんが、お寺は本尊の他に観音様とか弘法大師というように様々な仏像を祀っています。
それで、知多三十三観音とか西国薬師如来なになにとか、いろんな信仰が重なっています。

番外の西方寺さんは人が居なくて、御朱印は自分で押しました。
ちなみに御朱印は100円です。西国三十三札所では手書きで300円でしたね。

Dscn0463jpgc

最後の38番正法禅時の納経中に予約した民宿から電話が入ってきました。

Dscn0465jpgc

17時35分に最後の納経を終わって、長かった1日が終わりました。
18時05分の船で日間賀島へ渡るので、日間賀島の1ヶ寺は明日に伸ばします。

港には民宿とくがねさんが迎えにきてくれていました。でも目の前です。
さあ、お楽しみのフグづくしの料理です。
同行のWさんも楽しみにしています。

Dscn0473jpgc

てっさ、てっちり、フグの天ぷら、そして日間賀島はタコも名物です。

Dscn0477jpgc

そしてやはり最後の〆は雑炊でしょうね(笑)。

Dscn0479jpgc

今日1日、4万歩の疲れも吹っ飛ぶようでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

知多四国3日目と日間賀島の河豚

2014年3月16日

今日は名鉄観光で日間賀島のフグづくしの宿泊を予約して出かけました。
名鉄河和線の成岩駅から21番にお参りし、半島の東側を南下しながら師崎の36番まで来ると、距離も30キロ強でお参りするお寺は16ヶ寺になります。

更に篠島へ渡って3ヶ寺、日間賀島に1ヶ寺で計20ヶ寺です。ということで8時18分に成岩駅に到着しました。

P1140787jpg3

まず山旅ロガーとお遍路ーるαの二つのアプリを起動します。
3日目ともなれば慣れてきてスムースです。

最初の21番常楽寺には8時半に到着しました。

Dscn0358jpgc

大きなお寺で境内には梅が満開でした。
次いで22番の大日寺は3キロほどで9時18分に到着。

Dscn0362jpgc

1日に15ヶ寺も納経しようとすると、入って弘法大師のお堂にお参りしてお賽銭をあげ、般若心経を読み、納経所へ行って御朱印を頂く、これら一連の作業を5分位で済まさないといけません。

次の23番蓮華院はすぐ近くで9時31分に到着でした。一寸派手な寺です。

Dscn0365jpgc


次の24番までは国道247号線を歩きますが、武豊近辺は醤油や味噌の醸造元が多いようですね。

Dscn0368jpgc

徳正寺には10時2分に到着です。

Dscn0372jpgc

醸造元が並ぶ細い露地を通って25番の円観寺へ向かいます。

Dscn0374jpgc

このお遍路ーるαというアプリですが、こんな狭い道を通れと案内します。信じられないですね。

Dscn0375jpgc

10時42分に到着しました。

Dscn0377jpgc


今日はあまりにも距離が長く、時間もハードなので河和駅を13時38分発の海っこバスで6キロほど先のバス停まで行くつもりです。

そのために16キロの道のりと8ヶ寺の納経を5時間ほどでこなして昼食もとる必要があります。
2時間半ほどで5ヶ寺、まずまず順調です。

名鉄知多線の上を通り、しばらく歩くと左手に海が見えてきました。

Dscn0381jpgc

Dscn0383jpgc

開山の葦航寺は11時33分でした。

Dscn0386jpgc

247号線は河和口からは海岸に沿います。

Dscn0387jpgc


Dscn0389jpgc

番外の影現寺が12時15分。海の見える高台にありました。

Dscn0393jpgc

もう河和駅は近く、あと26番を残すだけです。でもタブレットの電池が無くなりかけています。
お遍路ーるαは便利で頼りになりますが、常時通信させるとバッテリーの減りがすごいようです。

12時46分に26番の弥勒寺に着きました。

Dscn0399jpgc

13時には河和駅に着き、食堂で焼きそばを食べました。

Dscn0401jpgc

Dscn0400jpgc

食堂でも充電したのですが時間不足です。
バス待ちの少しの時間も充電していました(笑)。

Dscn0402jpgc

午後の部へ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/09

北横岳スノーシュー2日目

2014年3月7日

8時25分に北八ヶ岳ローピウエー乗り場に到着しました。素晴らしい天気です。
始発は9時です。

P1150012jpgc

南八ヶ岳の峰々も見えています。

P1150018jpgc

標高2237mの坪庭に到着しました。すごい雪ですが快晴です。

P1150027jpgc

早速スノーシューを付けて9時20分には出発しました。

P1150032jpgc

単に雪原となった坪庭を通って横岳を目指します。
見たこともないような圧倒的な樹氷の中を登っていきます。

P1150036jpgc

10時10分には急な登りを終え、三ツ岳への分岐に出ました。左折して10分も歩くと北横岳ヒュッテです。

P1150046jpgc

P1150048jpgc

一寸休んだ後出発、10時55分に2471mの南峰に到着しました。後方は蓼科山です。

P1150056jpgc

すぐ隣が2480mの北横岳ですが風が強い。記念写真を撮っただけで七ツ池に下り始めました。
当初の予定では、大岳--双子池のルートでしたが、雪が多く時間的に無理と変更になりました。

でもこの降りは難関です。土地勘のあるNさんが頼りです。急斜面を尻セードで滑り落ちながらGPSを頼りに進みます。

50分も掛かってようやく七ツ池に到着しました。11時50分でした。
池の端に続く細いシュプールは鹿が通った跡だそうです。

P1150066jpgc

Yokodake

上の図は山旅ロガーで取ったGPSの軌跡です。ここで昼食休憩しました。
20分ほどで出発、七ツ池を一回りして、また北横岳ヒュッテに戻ってきたのは12時35分でした。

時間も早いので直接坪庭に下らず、三つ岳を往復することになりました。
分岐から30分ほどで行けるようです。

近づいてみると岩峰のようなので私は止めることにしました。鎖場で特に危険は無いそうですが、雪の鎖場も気が進みません(-_-;)

P1150080jpgc

三つ岳往復に1時間ほどかけて、また坪庭に向けて下って行きます。

P1150089jpgc

もう当分こんな素晴らしい景色には出会えないかもしれませんねえ。

P1150091jpgc

14時30分には山頂駅に戻ってきました。
帰りのロープウエーからの風景もなかなかでした。

P1150102jpgc

P1150105jpgc

この辺りも鹿の害で困っているそうですが、本当に多いですね。

P1150110jpgc

温泉に入って山荘に帰り、今日も楽しい語らいの場が広がりました。

P1150114

翌日は一人で初期中山道を歩く積りでしたが、雪が予想以上に多いので止めることにしました。
木曽福島に寄って、地酒なんかを土産に買って帰りました。

P1150121jpgc

Nさん、皆さん、ありがとうございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

北横岳スノーシュー初日

2014年3月6日
今日はワンゲル先輩のNさんが所有する八ヶ岳山麓の山荘へ出かけました。
毎年この時期にワンゲルの先輩後輩が10名ほど集まる楽しいスノーシューハイクがあります。

JR中津川駅で一寸途中下車。昔歩いた中山道の面影を見に行きました。

P1140946jpgc

駅前には木曽の五木も植えられています。
ちなみに、ヒノキ、サワラ、コウヤマキ、アスナロ、ネズコです。

車窓には懐かしい木曽路の風景が続きますが雪が多い。

P1140981

茅野の駅に12時44分に到着、Kさんにピックアップしてもらいました。
そして山荘近くの蕎麦屋さんで昼食。旨いけど量が少ない(笑)。

P1140987

メルヘン街道近くの山荘周辺はすごい雪でした。

P1140993jpgc

P1140996

一寸周辺の雪かきをしていると、蓼科山に登っていた先着の7人が帰ってきました。
我々3人を含めて10人が今夜のメンバーです。

P1150007jpgc

今日の蓼科山や明日の北横岳の話で盛り上がりながらシュラフに入りました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »