« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月に作成された記事

2013/11/25

姫街道

2013年11月22日~23日

姫街道を歩いてきました。
東海道のバイパスで、桑名から行くと、豊橋の手前の御油宿で旧東海道と別れ、浜名湖の北側を通って、見附宿(JR磐田駅)で再度東海道と合流する60キロほどの道です。

一泊二日でしたが、磐田駅まで辿り着けず、10キロほど残してしまいました。
今年中に再度歩いて完成させる予定です。

詳しくはホームページでご覧ください。

写真は、姫街道の難所、本坂峠付近にある案内図です。

P1130161


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/18

紅葉の横谷峡  飛騨金山

JR高山線の下呂温泉の二つ手前に飛騨金山駅がある。
かっては飛騨街道の宿場町として賑わった金山宿だが、今は普通列車しか停まらない静かな駅です。

久し振りの高山線の車窓には飛騨川が見えます。

Dscn1321

駅到着は11時一寸前、名古屋から2時間掛かっている。
今日は山歩会のハイキングで、男女11名が参加です。紅葉の横谷峡散策が目的ですが、飛騨街道にある筋骨巡りという街中散策も楽しみです。

Dscn1334c

上の図で金山駅から金山橋を渡った所が飛騨街道です。右折して鮎つりで有名な馬瀬川沿いに歩きます。
境橋は飛騨の国と美濃の国の境だそうです。

Dscn1342

Dscn1343

飛騨金山温泉を過ぎ横谷峡の入口に白山神社があります。

Dscn1358

紅葉もなかなかです。
Dscn1360

横谷峡の紅葉は今ひとつですが、鮮やかな紅葉もあります。

Dscn1365

最初の滝が白滝です。ここで12時15分、昼食としました。

Dscn1367

あまごの卵を孵化させるとかで、作業していました。

Dscn1375

20分ほどで出発、次は二見滝です。

Dscn1384

その後、車道から川沿いの遊歩道に下りて、紅葉滝へ向かいました。

Dscn1391

上に上がってくると紅葉がきれいでした。

Dscn1395

トンネルを潜って鶏鳴滝に向かいます。

Dscn1401

最後の鶏鳴滝は道が二つ有ります。一つ目の道を下まで降りると三段の滝に見えます。

Dscn1407

登り返してもう一つの道を降ると東屋があります。そこからの眺めもなかなかです。

Dscn1413

さてこの後意見が分かれました。もう一度地図を見ましょう。ハイキングコースは一寸引き返して山越えをして
愛蓮の滝を見に行きます。

これは一寸きついので、そのまま少し登ってトンネル経由で駅に帰る。意見が分かれましたが、健脚のNさんとMさんが山越え、他はトンネルとなりました。

Dscn1348c

610mのトンネルを潜り、こもれび遊歩道へ向かいます。

Dscn1424

ここでカメラの電池がなくなりました。ここからは携帯の画像です。
こもれび遊歩道は山道でした。まあ良いか。

F1000004c

こもれび街道に入ったのが13時50分、25分ほどで里道に下りてきました。
14時25分には、行きに通った国道付近に出てきました。紅葉が切れいです。

F1000010c

さて、待望の筋骨巡りでコロッケでも食べてビールでも飲もうかと、飛騨街道を目指しました。
ところが、地元の人の情報では、日曜日はお店もお休みが多いから、飲み食いしたいなら国道沿いのドライブインが確実だよと。

ということで41号線沿いのドライブインにあるラーメン屋さんへ。そこでいろいろ頂いてお腹を満たしました。

F1000017c

近くの酒蔵のお店でお土産を買いました。

F1000022c

名古屋に着いたのは19時ごろ。エスかで一寸飲んだあと、カントリーミュージックのお店に連れてもらいました。

F1000029c

皆さん、お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西国三十三札所達成、観音正寺と竹生島

2013年11月15日
ようやく西国巡礼を終えました。33番の谷汲山と三十一番の長命寺は最初の頃自転車で参拝していたので、三十番の琵琶湖に浮かぶ竹生島と三十二番の観音正寺が残っていました。

9時過ぎにJRの能登川駅に着き、近江鉄道バスで観音寺口に着いたのは9時半過ぎです。
今日は午前中は雨の予報なので雨の準備は充分ですが、雨はぱらつく程度です。
バス停から5分で結城神社です。

Dscn1198c

本殿にお参りしてから、参道左脇の観音正寺登り口に入りました。

Dscn1202c

猪避けの網戸を開けて中に入ると、すぐ観音正寺山道という案内があり、その方向に進みます。
この道は裏参道で、石段や石畳の階段です。

表参道は近くの石寺という所から登りますが、交通の便が悪いので裏参道を選びました。
高度さ300mほどで50分と聞いています。

Dscn1206c

途中、丁石があったり展望台があったりしますが、雨だし、展望はゼロだし、黙々と登ります。
登り口から33分、10時8分に広い道に出ました。ここからはほぼ水平な570mだそうです。

10時20分に境内に入りました。登り口から45分ということになります。
3年ほど前に山仲間数人と安土から桑実寺を経て来たことがあるのですが、そのときは西国巡礼をしていなかったので、納経は行いませんでした。

Dscn1226c

納経を済ませ、もと来た道を辿って結城神社に11時20分に戻ってきました。
バス停までは5分です。11時45分のバスで能登川駅に戻り、今度は彦根駅です。
駅近くの中華料理屋さんで。昼食にしました。サービスランチはお値打ちです(笑)。

Dscn1241c

駅から無料のシャトルバスで彦根港に向かいます。14時の船で竹生島に向かいました。
往復が3300円です。

Dscn1247c

竹生島観光船は片道40分近く掛かり、上陸時間70分で帰りの船がでます。こんな小さな島で70分も何をするのかなと思いながら船に乗っていました。

Dscn1249c

14時35分頃島に到着しました。すぐ前が宝厳寺です。急な167段の石段を登ります。

Dscn1254c

数軒のお土産屋さんの前を通って石段を登りきると、弁財堂です。日本五大弁財天の一つとか。
西国巡礼最後の納経なので、丁寧にお参りしました。

Dscn1268c

狭い境内なので見物もすぐ終わります。階段を降ってくると観音堂とその唐門がありました。唐門は豊国廟から移された国宝で、観音堂は重要文化財だそうです。

Dscn1277c

ここもお線香をあげて再度般若心経を唱えました。

Dscn1284c

観音堂の修理が行われていて、その重文修理の様子が公開されていました。

Dscn1288c

そして、その付近の廊下が船廊下とかで国宝だそうです。

Dscn1289c

ということで、あれやこれや見ているうちに70分はすぐ経ってしまいました。
15時50分が、本日の最終便です。波静かな湖面に夕日がさして、西国巡礼満願を祝ってくれているようでした。

Dscn1299c

最後の締めは彦根駅の近くでした。Wさん、有難うございました。

Dscn1308c


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/09

京都一周トレイル3日目 比叡山から大原・鞍馬へ

2013年11月8日
京都一周トレイルの3回目に行ってきました。今回もYさんと二人です。

前回雨になって比叡山の頂上付近で引き返したので、今回は一寸長丁場になりました。
下の図の右下、ケーブル比叡駅を出発し、延暦寺の境内を抜けて、横高山・水井山を越え、仰木峠で左折大原の戸寺に下ります。

さらに江文峠を越えて静原へ、そして薬王坂を越えて鞍馬に下ります。そこから叡山電車の二駅目、ニノ瀬駅が今日の目標です。距離にすると20キロほどですが、山道の20キロはなかなか歩き応えがありそうです。

Ohara1

10時20分頃ケーブル比叡駅に到着しました。いい天気です。京都の街も良く見えています。

Dscn0926c

前回引き換えしたスキー場跡はススキがきれいです。
Dscn0930c

延暦寺の西塔へ向かう道は、紅葉はまだ早いですが、なかなか良い雰囲気です。

Dscn0936

我々の向かう大原やその向こうの比良山脈の蓬莱山も霞んで見えています。
Dscn0940

浄土院の前を通り、案内に従って西塔の釈迦堂へ着いたのは11時15分頃です。
Dscn0960

釈迦堂から横川へ至る道は自然溢れるいい道です。

Dscn0966

Dscn0971

11時55分に玉体杉に着き昼食にしました。寒いのに我慢してビールを飲んでいます(笑)。
Dscn0975

ここからは琵琶湖の景色が見えますが、今日は霞んでいました。
12時20分に出発しました。

峰辻で横川方面に行く東海自然歩道と別れ、一周トレイルは横高山に登ります。
Dscn0980

これがまた急坂で、10分弱の登りですが汗がでます。そしてもう一登り水井山があります。
水井山到着は12時56分でした。

そこからはもう登りは大原までありません。さきほど別れた東海自然歩道も合流してきて、30分ほどで仰木峠です。
Dscn0997

仰木峠で縦走路と別れ大原方面への下りに入ります。15分ほど降ると自然歩道は三千院の方に向かいます。
一周トレイルは左折してボーイスカウト道で、同じ大原でしょうが、戸寺へ向かいます。

戸寺到着は仰木峠から、およそ1時間の14時半頃でした。
Dscn1008

バス道路を横断してトレイルは江文峠に向かいます。
Dscn1020

戸寺から35分ほどで車道に出て右折、一寸歩いた所が江文峠です。
Dscn1032

ここで一寸休憩して、車の多い道の反対側から静原に向かいました。15時15分頃です。
15分ほどで車道に出て、しばらく車道を歩きます。7~8分歩いた所に案内があり薬王坂へ右折します。
Dscn1038

Dscn1041

静原で左折してから、しばらくはのどかな山里の細道を歩きます。20分ほど歩くと、今回最後の上り坂になります。ここも急坂を一汗かきながら20分の登りで、ようやく薬王坂です。

ここは伝教太師が鞍馬で薬王如来の像を作り、比叡山に帰ろうとこの坂を越えたところ、薬王如来がその姿を現したことから、この名が付いたと言われています。
Dscn1052

そこからは17~8分で鞍馬の町に下りてきます。16時37分頃です。
Dscn1060

鞍馬名物の「木の芽煮」をお土産に買いました。
夕闇が迫り、貴船への木の根道は無理なので、トレイルのコース通り二ノ瀬に向かうことにしました。

鞍馬寺です。
Dscn1062

貴船口です。
Dscn1069

車の多い府道を40分ほど歩くとニノ瀬駅です。17時25分、丁度電車が出て行きました。20分待っていると、工事の人が来て、明日から紅葉のライトアップをするんですが、今からテストするので、一寸ご覧になりますか?と誘われた。ラッキーと見せて頂いた。

Dscn1079

京阪の清水五条のちかくで、今日の打ち上げです。Yさん、お疲れ様でした。また次回よろしく。
Dscn1082


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/07

東海道 二川宿~舞阪宿

2013年11月5日

東海道の二川宿~舞阪宿を歩いてきました。

実は姫街道と言う東海道のバイパスがあって、近じか歩こうかなと思っています。
バイパスだけ歩いて、かんじんの東海道を歩いていないのも変なので、東海道も歩くわけです(笑)。

姫街道は既に歩いた御油宿から浜名湖の北側を通って浜松の東見附宿でまた合流します。
なので見附宿のあるJRの磐田駅までは東海道を伸ばそうと思っています。

写真は浜名湖の弁天島付近です。

詳細はホームページでご覧ください。

Dscn0867c


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/01

伊那街道を歩きはじめました

2013年10月30日

昔、三河から伊那へ塩を送った伊那街道を歩きはじめました。
今回は、豊橋付近の東海道の分岐点から新城市までです。

途中、豊川稲荷、三河一宮、野田城跡などがありました。
今日の終わりの三河東郷駅付近は有名な長篠ノ合戦の舞台のようでした。

ホームページでご覧ください

写真は野田城跡です。

Dscn0672c


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »