« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月に作成された記事

2013/10/27

沖縄5日目 公設市場と首里城

2013年10月25日(金)
今日はKさんが帰る日ですが、まだ27号はウロウロしています。
船は全便欠航ですが飛行機は飛んでいます。

少し沖縄の歴史を勉強しようと県立博物館に行きました。70歳以上は無料です(⌒_⌒)ニコ 。

Dscn0525

Dscn0527

糸満の漁師の奥さんはアンマーと呼ばれ、夫から魚を買い取って行商に出かけたとか。
Dscn0529

牧志公設市場でお土産の買い物です。
しまらっきょうは定番のお土産です。
Dscn0534

夜光貝は旨そうですね。
Dscn0535

阿部首相が食べたラフティとかを宣伝していました。
Dscn0538

沖縄のゴーヤは一寸違いますねえ。
Dscn0541

市場の2回で軽く一杯。私はもう食べすぎ飲み過ぎで胃袋が受け付けてくれません。
Dscn0540

Kさんとここで別れ、沖縄初めてのWさんと首里城に向かいました。
竜譚池から首里城を望んでいます。ここも勿論世界遺産です。
Dscn0547c

守礼門
Dscn0549

これも世界遺産の園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)
Dscn0551

天気が良ければ慶良間諸島まで見えます。
Dscn0557c

正殿
Dscn0562

近くの真珠道は石畳で有名です。
Dscn0577

アカギの大木群
Dscn0578

ユイレールの首里駅へ向かうとこんな風景も見られます。
Dscn0585c

この日は飲み疲れで夕食も申し訳程度で、休養しました。
Wさんには申し訳なかったm(_ _;)m ゴメン!!

10月26日(土)
今日は午前の便で名古屋に帰ります。
船を見に行くと、まだ高速船は欠航、フェリーは少し動き始める気配でした。
大東島なんか、もう動かないと島中の食料が不足してきますよね。

Dscn0591

私の胃袋も少し回復してきました(笑)。
Dscn0595

Kさん、Wさん、お疲れ様でした。
また来年5月によろしく。こんどこそ慶良間へ行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄4日目 グスク巡り

2013年10月24日
沖縄では城をグスクと読みます。
グスクは戦いのための城であったり、単に神が宿る拝所であったりします。
沖縄本島だけでも300箇所位あると言われますが、有名なものは50~60箇所で、そのうち9箇所が世界遺産に登録されています。

そのうちの何箇所かを案内することにしました。
まず最初は図の左下にある中城城跡。本島中部の東海岸です。

Uruma_2

築城の名人で悲劇の武将といわれる護佐丸が15世紀の前半に増改築したとか。世界遺産です。

Dscn0446c_2

美しい石積みの技術はまだ日本には無かったじだいです。

Dscn0420c_2

景色の良い丘の上にあります。

Dscn0431c_2

続いて向かったのはこれも世界遺産の勝連グスクです。
阿摩和利という武将が治め、先の護佐丸を滅ぼし首里城も攻めたが大敗したとか。

Dscn0455c_2

唯一建物の跡が残っているグスクです。
Dscn0460c_2

遠く海中道路が見えます。
Dscn0462c_2

次は海中道路を通って、先端の伊計島に行きました。
橋の向こうの丘の上に伊計グスクがあるのですが、登る道が見つかっていません。
今回も風雨強く、道探しは諦めました。ここは拝所だけと聞いています。

Dscn0472_2

次は一つ手前にある宮城島です。ここに泊グスクがあるはずですが、見つけていませんでした。
ここも拝所だけですが、今回偶然発見しました。

Dscn0477_2

拝所付近から見た海は大荒れでした。
Dscn0498c

付近の展望台から見たグスクの全景です。
Dscn0507c

本島に帰ってソーキそばを食べました。
Dscn0516

それから糸満にある比嘉酒造を訪ねました。
Dscn0518

夜は沖縄料理にも飽きたので、焼肉にワインです。
Dscn0521

でも二次会はやっぱり泡盛ですか(笑)。
Dscn0524


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/26

沖縄3日目 やんばるへ

2013年10月23日(水)
台風27号はのろのろ運転で、まだ大東島付近に居ます。離島便は勿論欠航。
今日は本島北部の「やんばる(山原)」へ行くことに。

高速を許田で降りて、大宜味村へ。喜如嘉の原風景をちらっと見て国頭村へ。比地大滝へ行ったが悪天候のため、閉鎖とか。なんでもすぐ閉鎖して、責任逃れをするのはどいかなと思う。せっかく沖縄へ来ている我々は何をすれば良いのか?
Dscn0328

まあ仕方なく道の駅ゆいゆい国頭でやんばるの生物の標本を見る。
Dscn0336

Dscn0332

そこで偶然、10年ほど前にやんばるの海や山をガイドしてもらった「きじむなあー」さんに出会った。
そのとき連れてもらった、やんばるの森のビューポイントを教えてもらって行くことにした。

ほとばしる生命を感じる森です。
Dscn0339

道の駅へ帰ってきて、イノブタの肉そばを食べました。これもボリュームたっぷりで、二人は残していました。
Dscn0352

さて、本島の最北端、辺戸岬へ向かいます。
海は大荒れで、30m?の岸壁を越えて打ち寄せていました。
Dscn0371

今日は島唄を聞きながら反省会を開きました。
Dscn0406

そしてもう1件シャコ貝を食べに行きました。
Dscn0414

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄2日目

2013年10月22日
朝、とまりんへ見に行くと、離島便は全て欠航です。まだ天気良いんですけどねえ。
Dscn0193

慶良間へ行くのは諦めて、那覇のショップさんに2軒電話しました。「どこか潜れるとこない?」
そのうちの1軒が、最近オープンしたばかりの「波の上人口ビーチ」がオープンしていれば潜れると。
さっそく問い合わせてOK。水面は荒れてるけど水中は大丈夫とか。

Dscn0197

Dscn0199

港内なので透明度は期待できないし、まして今日は荒れているので砂を巻き上げて、透視度は3mです。
でもまあ、ブランクの二人が潜るのは良いかも。ショップさんも親切だし(笑)。
Dscn0208

幸運にもコブシメが居ました。
Dscn0234

Dscn0235

最大水深はせいぜい5mですね。
でもまあ良かった。せっかく沖縄に行っても、一度も潜れないのと、こんな所でも海に浸かれば少し違いますよね。

Dscn0250

でもこれが沖縄の海だと思わないでね。
昼食に行きました。宮古そばの大盛りを頼んだけど、多過ぎたねえ。
Dscn0262

午後の時間を利用して、本島南部の観光に行きました。
何十回と沖縄に来ているけど、ひめゆりの塔とか平和祈念公園は初めてなんです。すみません。
Dscn0266

Dscn0276

祈念公園からは絶景ですね。台風の影響も感じられます。
Dscn0284

ニライカナイ橋を通って斎場御嶽(せいふぁーうたき)に向かいます。
Dscn0296

斎場御嶽は沖縄最高の聖地とされ世界遺産にも登録されています。
Dscn0308

Dscn0309

那覇に帰って、今日は充実した一日だったなと反省会です(笑)。
Dscn0320


| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風27号と沖縄で1週間

2013年10月21日(月)
8ヶ月振りに沖縄に出かけました。ダイビングを始めた山仲間に、沖縄の海の魅力を体感してもらおうと。
でも、ああ無常、台風27号が近づいています。
去年Cカードを取って、その後潜っていないWさんとセントレアの矢場トンで出発前の昼食です。
Dscn0174

常滑の天気は快晴です。台風なんてどこにあるの?
Dscn0176

那覇空港に降り立ち、ユイレールの那覇空港駅は日本最西端の鉄道駅です。
えっ、最南端じゃないの?そう、最南端はユイレール、次の駅の赤嶺駅です。
Dscn0179

先に羽田から来ていたKさんと合流して、まず飲みに行きました。
泡盛を1本注文すると、もう1本サービスで付いてきます。皆さん意味が解からずあんぐりです(笑)。
Dscn0185

1本だけ空けて、次のおでん屋さんに行きました。
明日は明日の風が吹くです。
Dscn0189

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/20

東海道二川宿

2013年10月18日
久し振りに東海道を少し歩きました。

名鉄の国府駅から吉田宿の豊橋を経て二川宿までです。
豊川市はあまり東海道に関心が無いようですね。

豊橋市はまあまあ力を入れていますね。
二川宿は非常に力をいれて宣伝もしていますね。

写真は二川宿本陣の隣の旅籠資料館の写真です。

詳しくはホームページでご覧ください。

Dscn0165


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/09

京都一周トレイル 比叡山

2013年10月8日
前回は伏見稲荷から東山三十六峰を歩いて大文字山を越え、哲学の道を通って銀閣寺道に下りてきました。
今回はその銀閣寺道をスタートに比叡山に登り縦走して大原に下る予定です。
京都一周トレイルの中でも厳しい行程だと思います。
前回と同じくYさんと二人です。

9時45分に銀閣寺道を出発しました。
P1000010c

北白川のややこしい道ですが、随所に案内があるので迷わず歩けます。
P1000016c

15分ほどは街中を歩きますが、大きな病院の傍を抜けると山道になります。
熊出没注意の看板に驚きました。
P1000017c

すぐに地龍大明神と木花咲耶姫の神社がありました。
P1000024c

台風が接近しているせいか、10月というのに蒸し暑い限りです。ここで衣服調整しました。
この辺りは、臨済宗中興の祖と言われる白隠禅師の結核を治癒させて一躍有名になった白幽子が蟄居していたことで有名らしく、関連のいろんな史跡がある。
神社から20分ほどの登りで、その岩居跡に着いた。
P1000037c

比叡山は標高850m、私が小学校の頃に遠足で登ったり、そりを作って雪遊びに来たような記憶があるが、前述のような史跡は初めて知りました。

史跡から10分、10時40分に標高301m瓜生山の山頂に来ました。汗びっしょりです。
ここは室町時代には城が築かれ、都を制する攻防の地だったそうです。
P1000049c

ワンゲルの時代、京都の北山や比良山脈は度々訪れていますが、比叡山を含む東山は全く無視していました。
でもこうやって歩いてみると、歴史と自然に溢れる良い山ですね。
P1000055c

瓜生山頂から15分ほどで白鳥山頂で、ここは北白川城の出丸があったそうです。
また眺望も良かったそうですが、木が大きくなったせいか、何も見えませんでした。

そこから50分、木の間隠れに京都の洛北の市街を眺めながら小さなアップダウンを繰り返しながら歩くと、石の鳥居のある広場に出ました。11時50分頃です。

P1000066c

P1000071c

予定通りここで昼食としました。
P1000076c

ここから道は3本に分かれるようです。どれでも比叡山には行けそうですが、案内に従って左折することにしました。
P1000072c

12時17分に出発しましたが、この道は一旦大きく降って沢を渡ります。最もしんどい道のようです。
P1000077c

何かよく解からない「水飲対陣の跡」太平記が云々と刻まれている。
P1000080c

一寸歩くと視界が開け洛北の街並みが望めました。
P1000082c

叡山ケーブルの山頂駅への苦しい登りが続きます。
P1000088c

石の鳥居から1時間10分、最後の急登を登ると電波塔がありました。
P1000101c

またそこはビューポイントと言うことで、京都市街全体が見渡せます。京都タワーや遠く大阪まで見渡せるようです。
P1000099c

山頂駅はすぐ近くです。13時40分の到着です。予定より30分ほど早かった。
P1000106c

ここからは京都一周トレイルの地図では北山の地図に入ります。案内も北-①から始まります。
P1000110c

10分ほど歩いて北の②へ来たとき雨が降ってきました。台風の接近に伴い降るかなとは思っていたので、今日はここで止めることにしました。大原までは3時間の予定ですが、雨の中を無理して3時間あるくことも無いでしょう。また来れば良いのですから。
P1000114c

ケーブルで下りました。530円です。このケーブルに乗るのは何年振りでしょう。50年かな(笑)。
P1000116c

叡山電車で出町柳に向かいます。
P1000120c

さて余った時間をどうするか。最近気に入っている伏見の酒蔵直営の居酒屋へ行くことにしました。
竜馬通り。
P1000123c

寺田屋
P1000124c

三十石船が行き交った、月桂冠の大倉酒造付近の堀
P1000130c

河童でお馴染み、黄桜のカッパカントリー。
P1000122c

でも入ったのは神聖が経営する鳥せい
P1000140c

山のザックを足元に置こうとしたら、広い席に案内してくれました。親切。
ここの焼き鳥が気に入っています(笑)。
P1000139c

Yさんお疲れ様でした。今度は河童かな(笑)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/05

書写山

2013年10月4日(金)

先日17号台風のとき、ロープウエーが停まって行けなかった書写山園教寺にリベンジしてきた。
今回はロープウエーを使わず歩いて書写山に登ることにした。

草津駅で山仲間のWさんと落ち合い、姫路駅に着いたのが11時16分。何年ぶりかの姫路駅です。
正面に修理中の姫路城が小さく見えています。
Pa040001c

25分発の神姫バスにぎりぎり間に合い、登山口の刀出(かたなで)に着いたのは丁度12時でした。
Pa040003c

刀出坂を登って行くと右手に天神社があります。
Pa040006c

二万五千の地形図とは一寸異なる方向へ自然歩道の案内があり、一寸戸惑いましたが案内にしたがって歩くと登山口に出ました。崩落か何かの関係で道を付け替えたようです。
Pa040010c

道は荒れていますが、歩かれている様子もあり、案内もあります。
Pa040014c

どこかで弁当を食べようと思いながら40分ほど歩いてしまいました。
Pa040022c

弁当のお供に缶ビールも持っているし、ビール飲んだ後で登るのも嫌だし。後20分も歩けば着く筈だしと思いながら15分歩くとお寺の建物が見えました。
Pa040030c

開山堂でした。園教寺を開いた性空上人を祀っているお堂で、1007年に建てられたのが最初で、その後何度か消失して、現在のお堂は江戸時代1671年に建てられたものだそうです。
Pa040033c

近くの展望台に行きました。四国は霞んで見えませんが、淡路島を初め瀬戸内の家島群島が見えています。
Pa040041c

そばに休憩所があり弁当を広げるのに最適ですが、ビール飲んだ直後に納経に行くのもまずいので、空腹を抱えて納経に行くことにしました。

書写山の伽藍は立派なもので、往時の隆盛が目に浮かぶようです。
これは大講堂や食堂(じきどう)です。
Pa040050c

納経は摩尼殿で行います。西国二十七番目の札所です。
Pa040062c

納経を終え、少し歩いて山門を出ました。もうビールを飲んでもよいでしょう(笑)。
Pa040075c

外の参道には西国三十三札所の観音様が祀られています。
Pa040076c

途中に展望の良い場所があり、ベンチが置いてありました。
Pa040078c

これは昼食にうってつけの場所だと弁当を広げました。1時50分頃です。
Pa040079c

15分ほどで弁当を食べ終わり、下りに入りました。2時38分と53分に書写のバス停からバスがあります。
まあ、53分なら間に合いそうです。

すぐにロープウエーの山上駅です。その横の道を下ります。
Pa040080c

書写山は巨大な岩で出来ているようで、その上を下ると近道のようです。
Pa040086c

2時36分に登山口へ降りてきました。ここから書写のバス停は2~3分です。少し遅れてきた38分のバスに間に合いました。
Pa040092c

15時11分の新快速に間に合い、草津到着は5時6分でした。
Wさんにも途中下車してもらい、恒例の反省会を開くことにしました。
Pa040095c

7時まで飲み物半額と言う店があり、ゆっくり反省しました(笑)。
Pa040099c

Wさん、お疲れ様でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/02

大内宿と鶴ヶ城

2013年10月1日

今日は鶴ヶ城を見て喜多方ラーメンを食べに喜多方へ行こうと思っていました。
宿のロビーの案内に、大内宿が出ていて、急遽予定を変更しました。

喜多方ラーメンは朝食のバイキングで2杯食べたのでもういいか(笑)。
実際は大内宿がこの辺りにあることを知らなかったのでしたが。

大内宿は会津と日光を結ぶ下野(しもつけ)街道にあり、明治16年に国道21号線が開通して、幹線がそちらに移り、お陰で開発が進まず、そのまま残ったとか。

この風景はテレビでよく見ますね。
P1120992c

そういえば、このネギそばも有名ですよね。
P1120985

茅葺屋根の手入れも大変そうですね。
P1130006

会津若松と言えば鶴ヶ城ですね。大河ドラマで随分勉強もしました。
P1130021

天守閣は再建されていました。
P1130025

八重の桜一色です。
P1130029

お城の傍でそばを食べましたが、美味しかった。
P1130064

新幹線の車中で少し飲んで、
P1130066

締めは名古屋駅でした。
P1130070

| | コメント (0) | トラックバック (0)

磐梯山

2013年9月30日(月)
朝食も豪華でした。
P1120830

8時前に宿を出て、磐梯山の八方台登山口到着は8時半です。
P1120836

8時35分に出発、最初は広い緩やかな登りの道です。
P1120838

ブナの林が爽やかです。
P1120840

30分で中の湯跡です。紅葉した磐梯山の頂上が見えて、心が躍ります。
P1120849

中の湯跡からは急な登りになりますが、所々開ける展望が素晴らしく、疲れを忘れさせてくれます。
中の湯跡から30分位の眺望です。遠くの湖は桧原湖、近くは五色沼でしょうか。

P1120856

登山口から1時間半ごろの風景です。
P1120863

10時20分、ようやく弘法の清水に到着です。2件の売店があります。水もあります。
P1120864

ここからの眺望は素晴らしいです。売店の伯母さんに山を教えてもらいました。
これが飯豊連邦。
P1120871c

その横が朝日連邦、さらに右の山は月山です。月山まで見えるのは珍しいそうです。
P1120872c

休憩して最後の急登200mに10時半過ぎに出発しました。
登るにつれて眼下の視界が広がります。
P1120880

10時57分、頂上に到着しました。猪苗代湖が鮮やかに見えています。
P1120888_2

磐梯山は360度の展望ですね。本当に素晴らしい天気に恵まれました。
三角点に一寸お神酒を供えました。
P1120908c

25分ほど休憩して景色を眺め、下りに入りました。
20分一寸で弘法の清水まで降りてきて昼食にしました。
P1120919

12時10分ごろ出発、帰りはお花畑を経由しました。
P1120926

P1120932

下りは重力に逆らわないので楽です。13時20分には中の湯跡に降りてきました。
そんなに熱くはありませんが、ガスが噴出しているようです。
P1120946

今日で東京へ帰るEさんを会津若松駅に送って、我々は宿の東山温泉に向かいました。
まだ時間も早いので、背あぶり峠に向かってみました。
途中に松平家の墓所があります。
P1120966

峠付近からは磐梯山も見えました。
P1120963

宿の夕食はブッフェ方式です。
P1120971

明日は会津若松市内観光の予定です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

安達太良山

2013年9月29日(日)
今日は山歩会の仲間と東北の山へ出かけた。復興のお手伝いは何もしていないので、せめて雀の涙ほどのお金でも使ってきましょうか。

6時半ごろのひかりで東京に向かう。山登りはまだ先の話なので、朝からちょっとビールを頂く。
P1120742

久し振りの富士山もきれいです。
P1120745

東北新幹線に乗換、郡山到着は10時20分ごろ、レンタカーを借りる。総勢6名です。
P1120753

11時40分頃ゴンドラの駅に着いた。ゴンドラに乗り、山頂駅へ向かう。
P1120757

12時に登山口を出発した。
P1120758

すぐに薬師岳見晴らし台との分岐があり、そこで弁当にすれば良かったが、山頂に向かったら休憩場所が無く、空腹を抱えて30分歩く羽目になった。12時半過ぎ、ようやく昼食です。
P1120760

安達太良山は標高1700m、登山口は1340mなので360mの登りですね。コースタイムでは1時間20分位です。幸い天気も良く、快適な登山日和です。紅葉もまずまずです。
P1120766

P1120774

13時25分に山頂に到着しました。
P1120779

P1120783

山頂から15分ほど歩いて噴火口を見に行きました。
P1120798

14時頃、火口から出発、下りに入ります。ゴンドラは16時20分が最終です。
P1120803

15時25分に行きに寄らなかった薬師岳見晴らし台に帰ってきました。
P1120813

今日の泊まりは安達太良山の反対側にある沼尻スキー場の沼尻高原ロッジです。
登山家の田部井淳子さんがオーナーだそうです。
P1120816

夕食です。
P1120822c

露天風呂もあります。快適な宿でした。
P1120826

明日は磐梯山に行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »