« 西国三十三札所 第3回 | トップページ | ノリタケの森 »

興福寺南円堂

興福寺は何回か来ていると思いますが、阿修羅像やその他の仏像が目当てで、南円堂は存在すら知りませんでした。

下の境内の写真を見てください。真ん中の中金堂は現在再建中です。右上の国宝館に阿修羅像等があり修学旅行生でいつも一杯です。
P1080786

右下の東金堂にも国宝の仏像が見学できます。
P1080785

さて南円堂は左下で、左上には北円堂があります。
P1080774

御本尊は不空羂索観世音菩薩で、全ての願いを叶えるという観音様で、三十三札所の中でもここだけだそうです。今日は10日ですが12日から南円堂と北円堂の特別公開があり、惜しいところでした。
P1080780

興福寺は藤原鎌足ゆかりの寺で平城京遷都に合わせて創建された法相宗の大本山です。
国宝の仏像を多数拝観できますが阿修羅像は中でも人気が高く、ファンクラブも結成されています。

これで今日のお参りは終わったのですが、東大寺近くの駐車場にバスを停めて40分間の自由時間がありました。

ここも修学旅行生と鹿で一杯です。
P1080789

南大門を潜るとすぐ右手が天皇殿と本坊ですが、そこで本坊襖絵と天皇殿の特別公開をしていました。
大仏殿は何回か入っているので、今日は初めての特別公開を見てきました。

中は撮影禁止なので写真はありません。チラシの写真を載せましょう。
P1080804

小池淳画伯の襖絵が10点ほどあり、なかなか見応えがありました。
本坊の庭です。
P1080795

出て、大仏殿の近くまで行って時間切れでした。
P1080799

P1080802

5時に出て渋滞も無く7時40分に名古屋駅に着きました。
今日もまあ充実した一日でした。

これで3回ツアーに参加したのですが、やはり自分の足で歩いていないという不満は残りますね。
自転車でも自動車でも良いから、自分で計画し、自分で道を探してお参りするともっと充実感を味わえるのでしょうね。次回はそうしてみるかな。

|

« 西国三十三札所 第3回 | トップページ | ノリタケの森 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56078/57156121

この記事へのトラックバック一覧です: 興福寺南円堂:

« 西国三十三札所 第3回 | トップページ | ノリタケの森 »