« 大黒屋光太夫 | トップページ | 能褒野神社 »

2013/01/19

伊勢参り

毎年正月三ヶ日の全国有名神社の初詣客の人数が発表されていたが最近は発表されていない。
やはり人口の多い東京圏の明治神宮とか千葉の成田山なんかが多かったように思う。
最近発表を止めたのはその数字が不正確というかいい加減だったかららしい。
その点伊勢神宮の参詣者数は正確らしい。カウンターで数えているそうです。
今年は55万人ほどで300万近かった明治神宮などと比べると多くない。
ただ伊勢神宮の参詣者は三ヶ日だけでなく年間を通じて絶えないため、年間の参詣者数は850万人を越え日本一とか聞いた。

今日1月18日(金)は地域の老人会主催の伊勢神宮バスツアーで、初めて参加しました。
観光バス6台ですが、その内の1台が自宅近くまで送迎してくれるので、老人にはありがたいツアーです。
東名阪で亀山にさしかかると、なんと雪が降っていました。
昨日なんかは大雪で通行止めもあったとか。

P1070715

幸い外宮にお参りする頃には雪は無く晴れていました。
今年は20年に一度の遷宮があり参詣客も多いことでしょう。

P1070727

通常門の内側は写真撮影禁止ですが、もう最後なので一寸出口の外から撮らせてもらいましたm(_ _;)m 。
ところで神宮127社と言うのがあります。内宮と外宮を除いて神宮125社とも言います。
内訳は別宮が14社、摂社が43社、末社が24社、所管社が42社だそうです。
そのうち14~15社はお参りしていますが、他は場所も解かりません。
ツアーもあるようなので今年は全部に参詣しようかな。

別宮多賀宮、時間無く見送り。
P1070731

別宮土宮
P1070730

別宮風宮
P1070732

ここは亀の甲羅の上を歩かせてもらっているらしい。
P1070734

遷宮館は時間無く中止
P1070735

お払い町の人出は年間1200万人を超えるそうです。
ということは400万人は伊勢神宮にお参りせずお払い町だけか(笑)。
P1070738

昼食は岩戸屋でてこね寿司と伊勢うどん
P1070740

宇治橋を渡るとこの景色、いつ見ても庭園の松の手入れの良さに脱帽です。
P1070743

1月も半ばを過ぎて、しかも平日なのにこの盛況です。
P1070748

別宮荒祭宮
P1070754

別宮風日祈宮
P1070756

所管社子安神社
P1070778

所管社大山祇神社
P1070779

ところで遷宮は平成17年の山口際(ご神木を切るため山に入る儀式)から始まっているそうで、今年10月に終わるので足掛け7年の大事業みたいですね。
P1070769

参詣を終えて、またお払い町を見に行きました。
P1070781

ところで何故宇治橋と言うのかと思ったのですが、昔この内宮周辺の地名が宇治、外宮周辺の地名が山田だったそうです。それで宇治山田市が出来て、更に周辺の村も吸収して伊勢市ができたそうです。

岩戸屋の看板のお多福は「アメノウズメノ命」なんだそうです。
天の岩戸の前で踊って天照大御神を出てこさせた芸能の神様です。
P1070783

旨そうですね(笑)。
P1070797

P1070787

伊勢志摩スカイラインで朝熊山に登り金剛証寺を参詣しました。
伊勢に参らば朝熊をかけよと歌われた、ここは伊勢神宮の鬼門を守るお寺だそうです。
P1070801

ここから富士山が見えるかもということで一寸期待したが見えなかった。
ガイドさんは雲と混じってうっすら見えたそうだが確認できなかった。
土産物屋さんに寄ったがすごい人出、買う気も起こらなかった。
P1070815

次いで二見ガ浦へ。
P1070829

風が強くて吹き飛ばされそうでした。
でもまあ、ほんとに平日でこの賑わいには恐れ入りました。


|

« 大黒屋光太夫 | トップページ | 能褒野神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢参り:

« 大黒屋光太夫 | トップページ | 能褒野神社 »