« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月に作成された記事

2012/10/31

キノコ狩

キノコ狩に連れて行ってもらいました。
岐阜県揖斐川町の奥です。

山道を少し歩いて、そこから適当に山へ入ります。
踏み跡がある場合もあれば無い場合もあります。

Pa300005

さっそくナラの倒木にナメタケが生えているのに出会いました。
キノコは知識が無いと怖いのですがナメタケなら知っているし大丈夫です。
スーパーで売っているナメタケは小さく粒が揃っていますが、天然のナメタケは大きくなっています。

Pa300006

根元から一寸上をナイフで切り取って収穫しました。
大猟です。

Pa300007

今日は大量の収穫はここだけでした。
後は有っても高い木の上などで届きませんでした。

Pa300009

Pa300010

でもお酒のつまみやナメタケ汁を作るには充分なので満足しました。
近くでお弁当を食べて、温泉に浸かって帰りました。

Pa300018

明日は、ナメタケのご馳走ですね。
ゆがいておろし醤油、バターでソテー、ナメコ汁・・・・・・・。
友達はしゃぶしゃぶにしたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/29

敦賀へ行ってしまった

2012年10月27日

前回に続き、北国街道を余呉から福井県の今庄まで辿るつもりで自転車ででかけました。

栃の木峠という500mの登りはあるものの、道そのものは365号線の1本道に近く、迷うところは無いと思っていたのに、見事に道を間違えて敦賀に行ってしまいました。

詳細はホームページでご覧ください。

写真は北国街道の柳ヶ瀬と敦賀の港です。

Pa270018

Pa270042


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/24

最近つれないんじゃないの?

1月ほど前に17年3ヶ月も一緒に暮らしていた愛犬みーちゃんが亡くなりました。それで遺品の整理じゃないですけど、写真を整理していたら、こんな写真に出会いました。
「フミキさん、最近一寸つれないんじゃないの」と言っていると思っています。

P1080447


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/22

イスラム飲酒紀行

本の紹介、第2弾です。
最近、どこも出かけていないので、本の紹介位しかすることがない。
みーちゃんも居なくなったしねえ。

それはともかく、第1弾の西南シルクロードと著者は同じ高野秀行さんです。
特に同じ著者の本を買った訳でなく、書名に吊られて買ったら同じ著者でした。

P1040477

私もシルクロードを旅するのでイスラム国家へ行くこともあります。
トルコなんかもイスラムですね。
東南アジアもインドネシアやマレーシアはイスラムの国です。
でも大体旅行者が酒を飲むのはOKですし、中国系の食堂はすべてOKです。

ただ、サウジアラビアやその他の中東の諸国はもっと厳しいらしい。
なので、いまだに中東は行きたくない。
でもエジプトの王家の谷はみたいなあ。
そんな状態です。

この本はそんな人に結構参考になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/21

西南シルクロード

これから、ちょこちょこ、最近買った本や読んだ本を紹介しようかなと思います。
まず第一弾がこの本。

西南シルクロードは密林に消える

P1040476

シルクロードが好きな私としては興味そそられる題名です。
西南シルクロードとは、中国からビルマ北部そしてインドのカルカッタまでの古代通商路だそうです。

ともかく、すざまじい踏破記録です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/15

大杉谷2日目

桃の木山の家の朝食は6時です。

P1040415

7時に巨大な岩の転がる川を再び渡って帰路につきました。
多くの人は林道経由で大台ケ原へ抜けるようです。

P1040417

P1040419

P1040421

この道は前にも書いたようにアップダウンの連続なので、登りも下りも所要時間は殆ど一緒です。

P1040432

紅葉の時期は11月でしょうか。その時は更に素晴らしいと思いますが、駐車場も山の家も混むでしょうねえ。

P1040443

千尋の滝到着は8時55分、やはり2時間で昨日と変わりません。

P1040442

発電所へは10時42分、登山口が48分でした。

P1040457

P1040464

ここから1時間ほど走ったフォレストピアで、入浴とセットのランチバイキングが1600円で、それを利用しました。
12時頃着いて露天風呂に入り、12時半ごろからレストランに入りました。
日曜日とあってなかなかの人気で、入るのは順番待ちでした。

P1040468

P1040469

ビールを飲んだのは運転しない私だけで、他の方は野菜ジュースでした。念のため(笑)。

P1040470

お疲れ様でした。
楽しかったですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

大台ケ原 大杉谷

2012年10月13日(土)
今日は山仲間7人で大杉谷へ出かけました。
大杉谷は今から8年前、2004年9月28日の台風で大きく破壊され、登山道も桃の木山の家も閉鎖されました。
それ以前は交通の便もあって、登るより大台ケ原から下ってくる登山者が多い谷でした。

それはともかく、そのスケールの大きさや渓谷美の素晴らしさは日本でも有数の渓谷の一つです。
その後、いろんな方面の努力やボランティアの協力があったりして、2年ほど前に三重県側の第三発電所の登山口から、ニコニコ滝の手前シシ淵まで開通し、その時も歩いてみました。

今回は更に開通区間が延びて桃の木山の家の上流、七つ釜滝まで行けることになり、この8月からは桃の木山の家の近くから林道へ登れば、大台ケ原まで通り抜けできるようになりました。
大杉谷登山センターの地図をお借りして掲載しておきます。

Osugimap1

今回は桃の木山の家に1泊して七つ釜滝を往復する予定です。
国道42号線の道の駅奥伊勢大台に8時に集合しました。
ここから大杉までは32キロ、大杉から登山口までは更に9キロあります。
大杉までは町営バスがありますが、時刻表を見ると7時50分と12時53分、適当な時間が無いし、大杉から歩くのでは登山口まで2時間、更に桃の木山の家まで4時間半です。

以前はダム湖を観光船が登山口近くまで運んでくれたのですが、今は廃止されています。
唯一の登山バスが予約制で午前10時半道の駅発で登山口着12時で運行されています。

これでも桃の木山の家まで4時間半なので一寸遅いと思うのですが、道の駅までのJRの時刻を考えると仕方ないようです。

ということで我々は乗用車2台に分乗して登山口に出かけました。
登山口近辺には10台~15台ほどの駐車場があります。
9時に大杉のバス停、そこでトイレ休憩して9時35分に登山口に到着しました。
P1040282

P1040290

登山準備をして、第三発電所の横を通って出発は10時でした。
P1040289

すぐに雄大な岸壁を削った鎖場の道になり、水の青さに感動の始まりです。
P1040293

山の家までは6.2キロ、コースタイムで4時間半です。
登山口の標高は290m、山の家で530m位かと思うので標高差は240m程度です。
でも沢筋の道はアップダウンの連続で、登りか下りか解かりません。

いくつかの吊り橋を渡り、川原の巨大な岩石や水の青さに感動しながら50分ほど歩くと、水位観測の施設があります。

P1040303

P1040305

登山口から2時間弱、途中休憩もゆっくりとって、11時55分に千尋滝(せんぴろ)の東屋に到着しました。

P1040317

P1040324

P1040328

P1040329

丁度お昼時で昼食にしました。
25分ほどで出発、ニコニコ滝へ向かいます。ここからが大杉谷の真髄ですね。

P1040337_2

P1040339

P1040342

ニコニコ滝の手前がシシ淵で、2年前はここで引き返しました。13時10分頃です。

P1040346

ニコニコ滝の近くを通って30分ほど登ると平等嵓吊り橋です。ここで対岸に渡ります。

P1040351

P1040353

山の家はもうすぐのはずです。
紅葉はまだですが、空は青く、水も青く、渓谷美は充分に満足できます。

P1040360

P1040362

小さな吊り橋を一つ渡り、新しく出来た林道コースへの分岐を過ぎると、すぐ山の家への吊り橋です。

P1040366

P1040370

P1040372

14時25分の到着です。登山口から4時間半ですが、行動時間としては3時間半~4時間というところでしょうか。
10分ほど休憩して荷物を置いて、空身で七つ釜滝へ出かけました。

25分ほどで到着しました。やはりこれまでの滝の中で随一の滝でした。

P1040384

P1040391

桃の木山の家は200人とか300人とか泊まれると聞いていますが、今日はせいぜい30人です。
布団もゆったり敷いてありました。

P1040402

夕食は6時からで時間もあるので一寸一杯、風呂は5時半からでした。

P1040405

P1040412

夕食はボリュームもたっぷりで満足しました。

P1040410

P1040411

食後、また一寸飲んで、早めに就寝しました。

P1040413


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/11

長良川河口堰

長良川河口堰が出来たのは何年前になるんでしょうか?
最近はすっかり話題にも上らなくなりましたが、当時は賛否両論がいろいろ叫ばれたものですね。

先日、長良川沿いを自転車でポタリングしたとき訪れたので、近況をご紹介しましょう(笑)。
Pa100010

河口堰は浚渫に伴う塩水の溯上を防ぐために作られました。でも折角本流に一つのダムもない長良川の自然を損なうと多くの人が反対しました。鮎の溯上が無くなると、長良川の鵜飼がどうなるかと。

今日は満潮で堰の両側の水位はほぼ同じですね。

Pa100013

Pa100011

傍には立派なアクアプラザというテーマ館があります。

Pa100046

入館は無料で、中に入ると河口堰や伊勢湾台風に関する豊富な資料があります。
でも以前は受付に若い女性が二人居ましたが、今は居なくなりました。
入り口も1階の通用口に変わり、河川事務所の当直の人が受付を兼務しているみたいです。

Pa100048

Pa100049

伊勢湾台風の被害写真も豊富に展示されています。

Pa100054

Pa100052

階上は展望室になっていて、周辺の展望を楽しむことができます。

Pa100068

Pa100069

Pa100070

河口堰は、その上を歩いて対岸の中提(長良川と揖斐川)に渡ることができます。
みーちゃんが元気なときはよく一緒に行きました。
穴場の親水公園があります。

Pa100073

何種類かの魚道が作られています。その溯上の様子を横から見ることも出来ます。

Pa100074

魚道の種類の優劣を調べたり、そのメンテナンスをやっているんでしょうか。

Pa100075

アクアプラザの向かいは最近全国的に有名になった「なばなの里」です。

Pa100045

Pa100014

ユーホーみたいな展望台を下から見てみました。

Pa100044

河口堰を後に更に長良川を下って見ました。
川原に鵜がいました。ウミウとカワウが居て、鵜飼に使われるのはウミウだと聞きました。
お前はどっちだい?

Pa100017

国道23号線です。

Pa100019

更に河口に近づくと、訪れる人もまれな伊勢湾台風記念館があります。

Pa100041

Pa100023

ここは先ほどのアクアプラザと違って、設備は何も無く、写真と展望台のみです。

Pa100028

Pa100026

Pa100027

でも展望はなかなかです。
長島温泉はすぐ近くです。
Pa100035

湾岸道と桑名方面です。
Pa100036

すぐ前はジャズドリームながしま(アウトレットパーク)です。
Pa100042

おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/08

日本語

今回のマレーシア旅行で、10月1日~4日まで一人でティオマン島へダイビングに行きました。
この4日間、周囲に日本語を話す人が誰も居ないという人生初体験をしました。

カタコトの英語と20個位しか単語を知らないマレー語を駆使?して、なんとか過ごしました。

なんとかなるもんですね。
もっとも、水中は元々ジェスチャーですけどね(笑)。

Pa030049

写真はティオマン島の夕日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/07

マレーシア旅行記

足掛け10日に渡ったマレーシアの旅行記をホームページに掲載しはじめました。

ジョホールバル
マラッカ
ユーラシア大陸最南端の岬

などです。
よろしければホームページをご覧ください。

P1030939

写真は最南端の岬タンジュンピアイです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »