« 大原から琵琶湖大橋を渡って桑名へ | トップページ | 揖斐川の鮎 »

福王神社の狸

明日8日は雨らしいので急遽福王山へ出かけることにした。
福王山は598m、鈴鹿山脈の石博峠と八風峠の三重県側に聳える小さな山です。
福王神社や福王カントリークラブがあるのは知っていましたが、登ってはいませんでした。

Fukuou

上の図で福王神社の下に駐車し、石段を登って福王神社へ。そして奥宮へ登って、さらに福王山頂へ、そこから西へ降って宇賀渓からの東海自然歩道に出て帰ってくるのが予定です。
でも、山頂から自然歩道の道は地形図にも無く、ガイドブックの案内もあいまいで、一寸心配しながら出かけました。

P9070088

お天気は良く、途中福王山がきれいに見えます。
9時50分に駐車場に車を停めましたが、もう少し上まで車で入れたようでした。

P9070090

10時に参詣道の鳥居を潜りました。標高は310mほどです。

P9070096

階段を登ると左に猿田彦、右に毘沙門天があります。
10分ほど石段を登ると本殿です。

P9070102

福王神社には天狗伝説があり、鈴鹿の野登山、京都の鞍馬山と繋がっているそうです。
本殿の右から奥宮への参道を登ります。ここからは山道です。
七福神の石仏を見ながら急坂を登ります。

P9070109

10分ほどで最後の福禄寿を過ぎます。
そこから石垣などを見ながら20分登ると平坦な稜線に出ます。
左50mほどに奥宮があり参拝しました。10時48分です。

P9070122

引き返して、福王山の山頂へ向かいますが踏み跡はありません。
まあ高いほうへ登っていけば頂上はあるわけです。

P9070123

10時58分に頂上らしい所に到着しましたが、ある筈の山名の札がありません。
GPSでは明らかに山頂なのですが、付近を捜してもありませんでした。

P9070124

まあいいかと先に進みました。
ガイドブックに「右の良い道をとらずに、左の藪で解かり難い尾根へ入る。」と書いてあるので、解かりにくそうだなと思って、今回はあらかじめGPSに予想コースを入れてきた。

P9070126

P9070130

20分ほど降ってGPSを見るとやはり間違っている。引き返して道を探すも結局は解からない。
諦めて山頂へ引き返したのが11時53分だった。家族連れで楽に歩ける半日コースのはずが、とんだ思惑違いです。

P9070135

まあ諦めて山頂付近で弁当を食べました。
15分ほどで弁当を食べて奥宮へ引き返しました。
でもこれが大変でした。

来るときは高い方を目指したのですが、帰りは目印がありません。
すっかり迷ってGPSを見ますが、これも迷うと軌跡が多すぎて役にたちません。

P9070136

再度頂上へ戻って、今度は磁石で見当をつけ、ようやく奥の院に帰ってきました。
ここからは一本道で迷う所はありません。

P9070140

12時42分に無事福王神社に帰ってきました。

P9070149

やれやれとベンチで休憩していると、山から狸が降りてきました。
お前は狐に騙されたんだよと言いながら、ゆっくり私の前を通って溝に消えていきました。

P9070150

参道の手洗いの水を飲みましたが美味しかったな。

P9070152

次回は、逆に自然歩道側から登って間違いを探してみます。

P9070154


|

« 大原から琵琶湖大橋を渡って桑名へ | トップページ | 揖斐川の鮎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56078/55602169

この記事へのトラックバック一覧です: 福王神社の狸:

« 大原から琵琶湖大橋を渡って桑名へ | トップページ | 揖斐川の鮎 »