« 多度山 中道 | トップページ | 加賀白山 その2 »

加賀白山

日本三大霊山の一つ「白山」へ登る道はいろいろある。
でも5~6時間で手軽に登ろうと思うと道は限られてくる。

一つは白山の西側、石川県白山市側の手取り湖や福井県の九頭竜の方から白山温泉を経て別当出会いから入る道です。砂防新道などコースはいろいろあります。早朝別当出会いなら日帰りも可能か?多くは途中で南竜ヶ馬場か室堂で前泊して登るでしょう。多分、このコースが一番ポピュラーだと思います。
私も50年前にこのコースで登って岩間温泉に降った覚えがあります。

二つ目は白山の東側、岐阜県の白川村白水湖から大倉山を越えて室堂に至る平瀬道です。
今回我々はこの道を往復しました。

他には岐阜県郡上市の石徹白から一の峰、二の峰、別山を経由する道や北側の岩間温泉から入る道もありますが、いずれも10時間以上必要でしょう。

さて我々山歩会のメンバー5人は14時に名古屋を出発、東海北陸自動車道を荘川で降り、途中でお酒やおつまみを調達して、白水湖畔ロッジへ16時40分に到着しました。

P1040181

古いガイドブックでは、ここはキャンプ場と無人小屋になっていますが、今では立派なロッジがあります。
営業は雪次第と言っておられましたが、6月~10月頃でしょうか。

P1040187

部屋に入って荷物を解いたあと露天風呂に入りに行きました。一寸温めのお湯にのんびり浸かりました。
お泊りの方は帰りも無料でいいですから入って行ってくださいとのことでした。

P1040186

P1040191

湯上りに生ビールをもらって、後は地酒のどぶろくや焼酎を飲んで早めに就寝しました。

P1040199

翌朝(2012.7.27)5時に起きると朝食は紙箱に入れ、昼食はお握りにして、味噌汁と共に食堂に置いてありました。
朝食を持って早めに出かける人、食べていく人御自由にという感じです。早立ちしたい人は有難いですよね。

P1040203

近くの登山口で登山届けを書いて6時に出発しました。標高は1260mです。
コースタイムでは大倉山(2038m)までが3時間、そこから室堂(2448m)までが1時間40分です。
昼食休憩入れて5時間として11時ですか、もう一寸掛かりそうですねえ(汗)。

P1040210

歩き始めるとすぐ急登になり白水湖の湖面が見えてきます。今日は駐車場が満員なので大勢の登山者が自分のペースで登って行きます。ゆっくりゆっくり登ります。

P1040212

ブナや広葉樹の樹林帯を黙々と1時間半ほど登ると南側の眺望が開けた尾根にでます。
別山から東に伸びる尾根が白水湖を挟んでよく見えます。
コバルトブルーの白水湖の水面も見えて、苦しい登りを慰めてくれます。

P1040214

更に急登40分、3キロ地点の道標があります。まだ半分来ていないのかと思うかもう半分近くきたなと思うか(笑)。

P1040220

5~6分歩くと立山の頂上が見えます。御前峰と剣ヶ峰でしょうか。
ここから少し傾斜も緩やかになり、高山植物もちらほら現れたりして、大倉山までの30分はすぐです。

P1040222

8時45分、大倉山到着です。2時間45分、コースタイムより少し早めです。
山頂はすぐ上ですが、眺望は何もありません。避難小屋は100m先にあります。トイレはありません。

P1040231

ここから少し降って、すぐまた急登になります。45分ほど、何も考えずひたすら登るしかありません。
9時36分、5キロ地点の道標があります。ここまで来れば、残るは1.9キロ、ゴールも見えてくる感じです。

ハクサンフウロなど
P1040238

オタカラコウ
P1040244

この辺からは高山植物も非常に増えて来るので、急ぎ旅で無かったら、ゆっくり写真を撮りながら歩きましょう。
10時頃小さな雪渓を渡りました。6月までの白山は軽アイゼンが欲しいそうですが、今回の山行では雪の上はここだけでした。

P1040249

そろそろお腹も空いてきたので、良い昼食場所を探しながら歩きます。
10時半頃、雪渓の傍にロープで囲った広場が作ってあったので、そこで昼食にしました。
ここまでの道には広場が無く、昼食や休憩にも苦労する細い道でした。

P1040260

ロッジの奥さんが握ってくれたお握りは美味しそうなのですが、身体が疲れ過ぎているので食欲がありません。
それでも何とか3個平らげました。

P1040262

休憩中に急にガスってきて頂上は一気に見えなくなりました。
早く小屋に着いて着替えをしたいとの希望で、10時25分に出発しました。

P1040263

10分一寸登ると、道はハイマツ帯の平坦な道になります。
11時14分、賽の川原の道標がありました。室堂まで0.6キロです。

P1040275

すぐ南竜ヶ馬場からの道と合流、クロユリの群生地帯を抜け、雪渓の傍を広大な弥陀ヶ原を眺めながら15分ほど歩くと室堂でした。

P1040278

P1040281

11時33分、5時間半掛かりましたが、我々ロートルメンバーとすれば上出来でしょう。
午後の宴会や明日のご来光登山は次のブログに続きます(笑)。

P1040283


|

« 多度山 中道 | トップページ | 加賀白山 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56078/55306313

この記事へのトラックバック一覧です: 加賀白山:

« 多度山 中道 | トップページ | 加賀白山 その2 »