« オートキャンプの実験 2日目 | トップページ | 永源寺 »

2012/07/18

トンネルこえておいでやす

1年以上前に石博トンネルが開通したのは知っていた。
三重県のいなべ市から鈴鹿山脈の中央を貫通して滋賀県の東近江市に繋がります。

Photo

途中三重県側には旧大安町や宇賀渓、滋賀県側には紅葉で有名な永源寺があります。
従来も国道421号線として石博峠を越えて繋がっていました。
昔は石博峠より少し南の八風峠を越えていく八風街道として、近江と伊勢を結ぶ重要な街道だったようです。

ただ従来の421号線は道が狭く、急峻で大型車の通行は勿論出来なかったし、普通車でも嫌な道で近江八幡へ行くにしても、南の国道1号線か北の306号線か21号線にまわっていた。

P7170102

306号線の鞍掛峠はトンネルも出来たが標高が高く、冬季は閉鎖されるため宛にはできない。21号線では一寸遠回りしすぎか。

ということで、この石博トンネル(長さ4.1キロ)の出来た421号線は桑名から琵琶湖方面に抜ける近道となったのです。でも、これまで通ったこと無かったので一寸走ってみました。

我家から近江八幡へ行くのは、従来関が原経由で90キロ、1号線経由では94キロでした。
ところが今回ナビで見てみると、石博峠経由で68キロでした。

イオン大安店の傍を通って走っていくと、宇賀渓を右手にみて、標高400m弱でトンネル入り口でした。
そこから4.1キロ走った出口は標高500m弱、100mほど緩やかに登っているようでした。
従来の421号線は標高700mの石博峠を越えていたので、冬季や大雨ですぐ通行止めになっていました。

今回はトンネルの前後の道路、特に滋賀県側は大幅に改善されているので大丈夫でしょう。
距離も3分の1以下になっているようで、30分は短縮しているでしょう。
でも意外に車は少なく快適に走れます。

P7170007

トンネルを出て降っていくと、紅葉尾(ゆずりお)の集落です。ここからは鈴鹿山脈の銚子ヶ口へ登ったことを思い出しました。

P7170096

松原キャンプ場など、いくつかのキャンプ場を過ぎると永源寺ダムです。

P7170010

P7170011

ダムからすぐ永源寺で、赤い橋を渡った所が永源寺入り口でした。

P7170014

せっかくなので今日は参拝することにしました。
次の永源寺へ続きます。


|

« オートキャンプの実験 2日目 | トップページ | 永源寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トンネルこえておいでやす:

« オートキャンプの実験 2日目 | トップページ | 永源寺 »