« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月に作成された記事

2011/11/24

上海街歩き

仕事で上海へ行ったのですが、合間に歩いた上海の街角風景を載せてみます。

ファーストフード店です。
Pb210004

Pb210003

そこのラーメンです。14元=14x14=196円まあ200円位です。
高い店は500円以上、安い店は70円です。
Pb210002

ファミリーマート
Pb210008

サイゼリア
Pb210010

地元資本のコンビニです
Pb210011

近代的な町並み
Pb220013

営業所の近くの古物市場
Pb220017

近くの天台宗のお寺です。上海はお寺は少ないのですが、有名なお寺が4つあるそうです。
そのうちの1軒です。
Pb220018

Pb220023

Pb220026

イスラム教寺院 見学不可
Pb220036

モダンな町並み 新世界
Pb220040

古い町並み 老西門
Pb220032

日本風居酒屋
Pb210007

街角から甫東の金融街を見る。左端はテレビ塔、右端は森ビル。
Pb220044

空港です。これは第2ターミナル。ともかく広い。
Pb230056

おわり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/15

越前 カニ旅行

2011年11月14日

今日は地域の老人会のバス旅行に参加した。
北陸道を北上して南条SAで休憩した。ここのお子様ランチならぬ「大人様ランチ」はボリュームで有名です。
一度食べて見ませんか(笑)。
Pb140034

我々は越前海岸に向かい鷹巣海岸付近で蟹の昼食をとりました。越前カニも地元産のタグ付だと、土産物店で一匹1万円近くするので3千円程度のお膳では輸入の冷凍と思いますが、それでも美味しいし皆黙々と食べています。
Pb140040

この鷹巣海岸も美しいのですが、海岸の碑を見ると、平成九年にロシアタンカーの重油流出事故で一面が重油で覆われたらしい。ボランティアなどの努力で三ヶ月以上の後ようやく元に戻ったとあります。
Pb140047

次いで越前海岸をドライブして南越前町の北前船主の館を見学しました。
説明によると北前船は大阪を出発し瀬戸内海を通って下関から日本海に出て、港港で商売をしながら鳥取港や敦賀港・新潟港などに寄港しながら蝦夷地にいたり、今度は蝦夷の物産、昆布などを積んで、また寄港しながら大阪へ帰ったそうです。
Pb140056

Pb140052

1年に2航海位だそうですが、1航海の粗利が1千両、人件費や船の修理費を差し引いても700両の利益があったそうです。右近家は最盛期32隻の北前船を所有し、日本海五大船主の一人に数えられたそうです。
Pb140053

次に、以前の河野海岸有料道路(現在は無料)をドライブして敦賀へ向かいます。
Pb140058

向かった先は気比神宮です。
神宮の名前の通り、ここは皇室系の神社で格式が高く、越前の国一ノ宮です。
気比の松原と共に有名なのですが、毎年ダイビングに越前へ来ていてもお参りしたことはありませんでした。
Pb140068

松尾芭蕉も奥の細道の旅でここに立ち寄っています。
Pb140064

最後は日本海さかな街でお土産です。これは欠かせないようですね(笑)。
私のお気に入りは鯖の浜焼きです。でも結局他にもいろいろ買ってしまいます。
こんな所で何も買わない人はまれなんでしょうね(笑)。
Pb140071

まあ楽しい一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/09

御池岳

2011年11月8日
昨日今日と好天が続くので、どこか静かな山歩きでもしようと、鈴鹿山脈の北の端「御池岳」へ登ってきた。急に思いついたので単独行です。
Oikedakejpgc

8時に家を出てコンビニで弁当を買い、コクルミ谷の登山口近くの駐車場へ着いたのが9時18分、準備して登山届を書いたりして出発が9時36分でした。
同じく単独行の登山者がいて、「今年の紅葉は駄目ですねえ」と、全くそのとおりで期待外れです。
20分ほどで「たて谷」分岐です。彼はここから鈴北山へ向かい、御池岳からコクルミ谷を下ってくるという。私は逆を考えているので、ここで別れる。
Pb080024

25分歩いて5分休むのを1ピッチとして歩く。御池岳はこれまで登ったことが無いのですが、道が荒れていて、所々踏み跡が解からないので慎重に登ります。
10時21分に長命水、一寸一杯頂いて、その先の5合目で小休止。
Pb080029

5合目の一寸先で道が崩落して解かり難い所があるが、適当に見当をつけて登る。
6合目の白瀬峠分岐は10時58分に通過、11時09分に7合目に到着して小休止です。
Pb080033

今日は先日買った「山ナビ」を持って来ているが、その軌跡を見ると、2万5千の登山道を少し外れて尾根を大きく巻きながら少し下って8合目の通過が11時23分。
すぐに鈴北岳との分岐があります。直進すれば鈴北岳、左折して御池岳方面です。丸山(御池岳)へ25分、奥の平35分、ボタンブチ40分とあります。図のA地点です。
Pb080045

9合目で一寸休憩したあと、稜線手前で奥の平分岐が11時55分でした。B地点です。左折して稜線に出て奥の平に向かいました。奥の平から来てコクルミ谷へ降りる場合は道標が解かりにくいですね。
草原に出てボタンブチの案内がありましたが、絶景の断崖と知らなかったので、下るのは嫌だとパスして奥の平に向かいました。12時5分に奥の平到着です。
Pb080052

北西側に霊仙や伊吹、北東側は中里貯水池や養老山脈が見えて、なかなかの絶景です。
南側は藤原岳や鈴鹿の山々が見えているのでしょうが一寸よく解かりません。写真を2~3枚撮って引き返しました。
Pb080054

御池岳の手前で朝別れた単独行の登山者に再会しました。
御池岳山頂が12時17分、登山者が2組弁当を食べていました。特に空腹でも無いのでそのまま鈴北岳へ下山しました。
Pb080064

15分下ってA地点からの道と合流しました。C地点です。案内に従って左折します。のんびりした道を歩いて池(真池というのでしょうか)の側を通って日本庭園との分岐が12時46分です。鈴北岳の山頂の道標が見えています。
Pb080074

山頂到着は12時52分、ここも絶景で琵琶湖が見えますが霞んでいます。
Pb080084

鞍掛峠方面に頂上のすぐ下にたて谷への分岐があります。それを下る予定でしたが、「初心者、要注意」の案内があったので、止めて鞍掛峠へ下ることにしました。歳をとるとバランスも悪くなっているので、谷を降るのは止めた方が良いでしょう。
Pb080088

いずれにせよ時刻も1時になり、お腹も空いてきたので昼食にしました。これからは温かい味噌汁や麺類が美味しくなる季節ですね。
Pb080090

1時20分に出発、2時に峠に着きました。右折して登山口へ向かいます。2時17分、鞍掛トンネル出口の登山口へ着きました。
Pb080102

大阪ガスのガス管埋設工事が延々と行われている道路を16分歩くと、朝のコクルミ谷登山口でした。
出会った人も10人余りで、静かな山旅は良かったのですが、紅葉がきれいなら、もっと良かったでしょうね。
Pb080112


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/05

沖縄最終日

2011年11月4日
今日は午後便でそれぞれ帰るので、午前中に首里城を見て、昼は牧志の公設市場で最後のお別れパーティーの予定です(笑)。

龍潭池から首里城を望みます。
P1020609

世界遺産の玉陵(たまうどぅん)です。ここは観光客が少ない。
P1020615

首里城は観光客や修学旅行生でいっぱいです。まず守礼門。
P1020616

これも世界遺産の園比屋武御嶽石門。
P1020618

新しく出来た書院・鎖之間でお茶を頂いた。
P1020626

ここは本当にゆっくりして良かった。
右からOさん、Kさん、私。
P1020627

久しぶりに正殿の中も見学した。
P1020633

帰り道をユイレールの首里駅方向にとると、首里城の美しい石垣が眺められる。
P1020639

次に国際通りへ帰り、公設市場でお土産の物色です。
P1020641

2階の食堂で最後のお別れパーティです。
P1020647

P1020643

空港の売店で高級な泡盛を見つけました。買わなかったけど(汗)。
P1020650

セントレアへ帰ってきて、お腹が空いたので、とんこつラーメンを食べました。
P1020655

今回もよく飲みよく食べたなあ。
終わり。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄3日目

2011年11月3日
今日はレンタカーを借りて美ら海水族館に行く予定です。

まず読谷村の喜名番所へ寄りました。ここは私の趣味の街道歩きでは重要な場所です。
琉球王朝時代の宿道(国道)の一つ、中頭方西街道が通っていた読谷宿の役場跡です。
P1020505

美人の担当の方が親切に読谷村の案内をしてくれます。
それで訪れたのが世界遺産の座喜味城跡です。
規模は大きくありませんが、築城の名手「護佐丸」が築いた美しい城です。
P1020513

次に行ったのは古宇利島です。本部半島の北側にあり、奥武島・屋我地島そして最近?出来た古宇利大橋を渡って行きました。
P1020522

島の中の細い道をさ迷って、たまたま行き着いたのが「古宇利島の遠見番所跡」です。異国からの船を見張って狼煙をあげ、首里王府へ知らせる役目を負っていました。
P1020527

近くの見晴らしの良い「むらの茶屋」で昼食にしました。
P1020534

ここの名物はウニ丼と海ぶどう丼です。
ウニ丼を注文したらサービスと言って、横に海ぶどうも乗せてくれました。
P1020536

次に向かったのが今帰仁城です。沖縄の三山時代、北山王の居城だった城で、沖縄の城跡の中でも随一の美しさと言われています。10年ぶり位の訪問です。

昔は何も無かった入口周辺は、立派な案内所や休憩所が出来て様変わりでした。
そこに「ハンタ道」の案内を見つけました。ハンタとは崖のことなので崖道のことですが、沖縄各地にそう呼ばれる歴史街道があります。今帰仁の登城道もそう呼ばれて、700mほど残っているそうです。
次回訪問して運天港と共に巡って見ましょう。
P1020545

今帰仁城です。
P1020556

P1020553

美ら海水族館の近くに備瀬崎の「ふく木の並木道」というのがあり寄ってみました。
P1020568

水族館では丁度3時のえさやり時間になり、ジンベイザメが垂直に立って、豪快に海水ごとエサを飲み込む姿を見ることができました。
P1020592

P1020599

OさんやKさんも、昨日実際の水中の様子を見てきているだけに、より興味深かったようです。
夜は、こんどは典型的な琉球家庭料理を食べにいきました。
P1020601

P1020602

もう1軒
P1020603


| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄2日目

2011年11月2日
今日は7時半にショップの迎えが来てダイビングです。
Cカードを持たない二人は体験ダイビング、私はファンダイビングです。
でも同じ船で慶良間へ行けるので、楽しさは共有できます。

慶良間は世界有数のダイビングスポットで、海外のダイバーにも有名なサンゴの海です。
グルクンがいっぱい。
P1020455

キスジカンテンウミウシ
P1020463

夜は沖縄にしては高級な料理を食べに行きました。
八重山料理の潭亭さんです。

私はこれまで沖縄では、安さとボリュームばかり求めてきましたが、たまには逆も良いかと沖縄の友人に教えてもらいました。

まず突き出し、とても沖縄料理とは思えません(笑)。
P1020477

繊細な漬物
P1020480

泡盛は瑞泉の10年古酒おもろを飲んでいます。
P1020485

写真の左側、ジーマミーだったかのスープが絶品ですね。
P1020492

いろいろ出てきて、お腹も満腹になりました。
P1020496

P1020500

これは8000円のコースですが、他に7000円と1万円があるそうです。
沖縄料理は豚が主役ですが、八重山料理は野菜が主役ですね。

なので、我々若者には一寸肉が不足しています。
それで、もう1軒ステーキを食べに行きました(笑)。
P1020503


| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄旅行その1

2011年11月1日
今日は学生時代の山仲間二人と沖縄へ出かけました。横浜のKさん、大阪のOさんと3人で、午後5時に那覇空港で待ち合わせました。

P1020439

伊勢志摩上空を飛んで那覇に到着、早速那覇の夜に繰り出しました。

P1020441

2軒目はおでん屋さんへ

P1020444

今日はここで帰りました。
明日は早朝からダイビングなんです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »