« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月に作成された記事

2010/11/29

三重県 明星ヶ岳 549.4m

2010年11月28日
山歩きのコミュの掲示板に出したけど、誰も参加者が無かったので一人で出かけることにした。
ここはJR関西線の関駅から歩いても1時間位で登山口に着ける。
最初はJRでと思ったが一人なので車にして、途中塩浜でお墓参りをすることにした。
登山口は関町白木一色の国分寺の駐車場で9時半ごろ到着した。途中、道が細く、引き返して村の人に聞いて、やっぱりこの道かとやってきた。標高は150m位か。
P1090607

9時40分、歩き始めるとすぐ明星ヶ岳と国分寺の分岐がある。ここはまず国分寺経由にしようと右にとる。
P1090638

結構急坂を15分ほど登ると国分寺です。紅葉もきれいで高台にある良いお寺ですが、参詣するのは一寸大変ですね。
P1090615

腰の調子が心配なのでサポーターを巻いていると、ひょっこり別の参詣道から「かもちゃん」が現れた。行けないと思っていたけど今朝になって急に思いついて出てきたとか。でも偶然うまい具合に会えたものです。

本堂の左手から登り、2.3回アップダウンのあと尾根に取り付きます。あまり利用する人も少ないのか、やや荒れているし、それに急坂です。
P1090621

ふうふう言いながら10時47分、ピーク手前の電波塔にたどり着きました。
P1090624

そこから5.6分で明星ヶ岳山頂です。
P1090626

ここは木立に囲まれ眺望が悪いので、すぐ西峰へ移動します。少し下ると、前述の国分寺との分岐の道が合流します。尾根道を15分で西峰です。山頂は狭く10人程度で一杯でしょう。でも眺望は良いです。
P1090629

南には錫杖ヶ岳、
P1090632

西には高畑山や三つ子山、
P1090633

北には仙ヶ岳や野登山、さらに奥には鎌ヶ岳が見えています。
P1090630

標高は低いけれどなかなかよく見える山です。
風が強いので降りることにしました。
帰りは国分寺経由でなく分岐の道「沢道」を下ってみました。
P1090635

この道は傾斜もゆるやかでお奨めの道ですね。
P1090636

西峰から50分、12時5分に駐車場へ帰ってきました。
ここで昼食。
P1090639

その後、かもちゃんの駐車した参道入り口まで送って、道の駅「関宿」まで行き、江戸時代にタイムスリップしたような関宿を散策しました。
P1090647

P1090645

帰り道から今日登った峰がよく見えました。
正面が電波塔、すぐ右が明星ヶ岳東峰、その少し右が西峰でしょう。
P1090652


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/25

ツーリング 郡上八幡~桑名

2010年11月24日 
民宿でゆっくり朝食を食べ、出発は7時40分でした。
P1090572

国道156号線を避けて、対岸の県道61号線に入りました。これが旧郡上街道だそうです。朝日に輝く長良川の川面を眺めながら、車も少ない静かな街道を走ります。
P1090574

ふと、昨日は大勢の仲間と一緒だったのに、今日は一人で走っているなと、一寸寂しさと前途の不安を感じます。
旧道は対岸の国道と違って少しアップダウンがあります。東海北陸道の下を潜り10キロ弱走って156号線に移りました。
P1090575

さすがに国道は車も多く、登り坂では危険を感じますが、歩道は狭く凹凸も多いので、どうしても車道を走りたくなります。
美並に入って道端の石仏群にご挨拶。
P1090576

この辺は日本の真ん中とか日本のへそとかの看板が目立ちます。9時頃に道の駅美並で少し休憩。長良川鉄道の電車が走っています。
P1090582

少し走ると左手に洲原神社の幡があり、由緒ありそうだったので引き換えして参拝しました。
P1090584

今日の行程は100キロ近くあるので、どうしても先を急ぎます。やはり1日の行程は、もう少し距離を抑えて、風景を眺めたり、神社仏閣にお参りしたりする時間をとりたいものです。

道筋の肉屋さんでしょうか、大きな猪が二頭吊り下げられていました。
P1090587

美濃市に入ると「うだつの町並み」の案内があり国道を外れました。
P1090593

美濃は美濃和紙とうだつの町並みが名物なんですね。
P1090596

この辺から道が複雑になるのでナビに任せることにしました。156号線に戻り、関を越える辺りで92号線に入り岐大バイパスに入りました。側道を走って名岐バイパスを左折南に向かいます。

11時20分頃でしょうか吉野家があったので昼食休憩しました。
店を出るとすぐ新木曽川橋で木曽川を渡りました。
P1090602

渡って下ると北方の交差点です。右折して、こんどは県道14号線・西尾張中央道で左折南下しました。
ナビはこの後複雑な細い道や川沿いの道を指示して、いつの間にか国道155号線に入りました。

ここまで来れば土地勘もあり、地図が無くても家まで帰れます。民宿を出て5時間、残りは25キロ程度です。ナビの電池も少なくなったとみえ、音声だけで地図も出なくなりました。
山の風景も見慣れた養老山脈や鈴鹿山脈になってきました。
津島まで南下して右折、旧立田村へ入って、勝手知った道で木曽三川公園の立田大橋を渡って桑名の自宅へ帰りつきました。
P1090605

最後は一寸自転車を漕ぐのが嫌になったけど、なんとか無事に帰ってきました。
自宅到着は午後2時13分、走行キロは96キロでした。昼食休憩を差し引いて正味6時間でしょうか、平均時速16キロですね。
一寸疲れましたねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツーリング 下呂~郡上八幡

2010年11月23日 
今日は初めて自転車ツーリングのイベントに参加です。
グレートジャーニーを前輪だけ外してJRの関西線に積み込みました。やはり大きくて邪魔になります。まあ今日は祝日でがら透きでよかったのですが。この大きさでは飛行機は無理ですね。
P1090503

名古屋駅で高山線の特急に乗り換え。ここでは立てておいて見ました。これだと少し場所をとらないですね。
P1090504

ここで管理人のバイコロジストさんにお会いして、車内でいろいろ教わったので初参加の不安も解消しました。
下呂駅で今日の参加者全員にお会いし自己紹介。総勢7人です。早速出発する。9時40分頃です。

国道41号線が飛騨川の左岸を走っていますが、我々は右岸の県道88号線を北上します。
さっそく登り坂で皆さんに付いて行けません。まだ買って2週間の自転車で、ギアチェンジのタイミングや状況判断が練習不足です。

飛騨萩原駅の手前で国道257号線に入り馬瀬を目指します。
P1090509

いよいよ新日和田トンネルへの登りです。標高差で200m強の登りですが付いて行けません。だが何とか慣れてきて歩かずにトンネルにたどり着きました。10時半頃でしょうか。
P1090512

トンネルを出るとすぐ左折、馬瀬美輝の里へ降ります。急な降りで時速45キロはすぐ出ます。慎重に降って11時10分には到着しました。ここで早めの昼食。
P1090513

例によって焼きそばです(笑)。
P1090514

11時50分には出発、馬瀬川の右岸を降ります。馬瀬は初めてですが、以前の会社の同僚が鮎釣りによく行っていたので、清流の噂は聞いていました。噂に違わず清流と紅葉の素晴らしい道でした。
P1090517

P1090518

P1090519

馬瀬大橋で左岸に移り、金山湖を岩屋ダムに向かいます。
P1090525

更に走って馬瀬川第2ダムを越え、国道256号線で和良へ向かいます。鬼の首伝説の念興寺を越え、じわじわ堀越峠に向けて登って行きます。
P1090530

この辺り鍾乳洞が多いですね。
P1090532

峠の手前で力尽きて少し歩きました。ところがそこは峠ではなく、少し降るとまた登りました。
P1090534

峠到着は3時前でしょうか、ここからは急な降りです。
P1090536

降る途中で郡上八幡の市街やお城が見えてきます。ようやくここまで来たかとほっとしました。
P1090539

にぎやかな市街地を通って郡上八幡駅到着は3時10分頃だったかな。走行キロは68キロでした。
P1090540

皆さんはここで自転車を畳んで長良川鉄道で帰宅です。私はここで一泊して、明日は桑名まで走って帰ることにしました。
P1090555

郡上八幡の市街をぶらぶらポタリングして、宗祇水や安乗寺、町並みなどを見ました。
P1090551

P1090559

お城は登るのが嫌で止めてしまいました(笑)。
P1090560

居酒屋で一杯飲んで宿へ帰り、更に一杯飲んで寝てしまいました。
P1090563

P1090568


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/22

御岳の大展望 白草山

2010年11月21日
今日はやまびとの例会で岐阜県下呂市にある白草山(1641m)に行きました。名前も初めての山でした。
P1090426

6時半に車で桑名を出発、中央道の中津川ICを目指します。紅葉の季節とあって車が多い。帰路の渋滞を予測させます。
中津川ICを降りて国道257号線で下呂を目指します。途中、花街道付知の道の駅や加子母、舞台峠と過ぎて宮地の信号を右折して乗政川に入ります。
P1090423

ここまで45キロぐらい。ここから乗政温泉とキャンプ場を越えて8キロほど入った所に登山口があります。
正式な駐車場ではありませんが路肩の駐車場に10台位置けます。到着は9時40分頃で、身支度・体操をして10時に出発をしました。標高は1000m位です。
P1090425

広く緩やかな林道を35分歩くと林道終点で、ここから山道になります。1150m位。
P1090427

P1090431

ここからは程よい傾斜の良く踏まれた登りが続きます。
今日は快晴で雲ひとつありません。1時間近く登って稜線に近づく頃、後方(西)に白い峰が見えてきました。地図で確認すると白山です。
P1090438

P1090444

更に30分、疲れが出る頃三つ岩そして分岐へ到着です。12時過ぎです。左は箱岩山(1669m)、右が白草山です。箱岩山の方が少し標高が高いのですが、現地の案内も全て白草山優先です。多分頂上の眺望の性でしょう。
P1090446

P1090447

分岐を過ぎると木曽御岳が真近に圧倒的な姿を現します。この景色を見るために登山者はここへ来るのでしょうねえ。
P1090449

熊笹の草原を少し降って、なだらかに頂上へ向かうと、御岳の左に乗鞍岳が見えてきます。
P1090453

P1090454

更に頂上に近づくと、その左に北アルプスの白い峰が見えます。笠が岳でしょうね。
頂上まで10分少々、12時20分頃の到着でした。
P1090470

頂上からは360度の展望です。南は恵那山、西に加賀白山、北には北アルプスと乗鞍岳そして東には大きく御岳山です。
P1090464

北アルプスは左に立山連峰、その右に笠が岳付近
P1090461

そして乗鞍の近くに白い峰の奥にかすかに見える黒い岩峰が槍ヶ岳かと。
P1090460

雲ひとつ無い晴天で、風も無く、のんびり弁当を広げました。御岳の雄姿を見ながら少しワインも頂きました。至福の時です。今年は天気に恵まれたなあ。八ヶ岳でも八方尾根でも、そしてここ白草山でも。
P1090469

1時過ぎに出発、今度は分岐から箱岩山に登りました。35分に到着。記念写真を撮ったりして50分ごろ下山に入りました。
P1090487

この辺から白山が箱岩山の岩と絡んで面白い景色でした。
P1090488

林道終点に2時半ごろ、登山口は3時ごろだったでしょうか。
P1090492

乗政温泉の米野旅館さんで温泉に入りました。
P1090495

いい湯です。ここで泊まってシシ鍋でも食べるともっと良いでしょうね(笑)。
P1090498

帰りは予想通り渋滞で、途中県道410号線で恵那へ出た運転のSさんの判断が良く、25キロの渋滞ですが動いている中央道、東名阪で8時には集合地の桑名に帰ってきました。お疲れ様でした。今日は良い一日でした。

途中410号線沿いに栗きんとんで有名な川上屋があり、栗きんとんを使ったモンブランをお土産に買いました(笑)。
P1090500


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/20

木曽川散歩

午後から暇だったので一寸木曽川堤防をポタリングしました。

水面に鳥が一杯いますね。
P1090412

渡り鳥でしょうか、なんなんでしょう。
私は野鳥に弱いんです。
P1090413

これは川鵜ですね。
P1090415

堤防下の田圃にはコスモスがきれいでした。
P1090419


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/19

お千代保稲荷

2010年11月17日
今日はグレートジャーニーで岐阜県海津市のお千代保稲荷さんへ行った。
我家から20キロ強です。

木曽三川の長良川大橋を多度側へ渡って右折、長良川沿いの自転車道路をしばらく走ります。
P1090394

その後左折して堤防を降り、218号線を北上していくとあります。
東口の大鳥居から自転車を押して商店街に入りました。
P1090398

平日ですがなかなかの賑わいです。
P1090399

お揚げとローソクのお供えセットを30円で売っています。
P1090401

私もお供えしました。
P1090402

この界隈の食堂は川魚、特になまず料理が有名です。
P1090404

私は串かつと○○と味噌ラーメンで昼食にしました。
P1090408

南口近くに荷席稲荷さんというのがありました。
P1090411

往復40キロ強、3時間弱の丁度良い運動ですね。
長良川の自転車道路はどこまで続いているのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮崎

2010年11月14日
一昨日、上海の空港に居るとき携帯に電話が入った。親戚の葬儀の件だった。
それで今日宮崎に出かけた。

宮崎県は昨年11月に高千穂峡へ行ったが、それは熊本観光のときだった。
宮崎駅には降りたことがない。

新幹線で行こうと思ったが、博多からまだ5時間も掛かるので止めて、宮崎空港にした。
空港へはJRが乗り入れているが、日豊線はともかく本数が少ない。
でも、宮崎駅から空港へは特急も乗車券のみで乗れる。
これはうれしいサービスだ。
P1090384

宮崎県は神話の国
P1090388

そして到るところに東国原知事の写真がある。
P1090389

そういえば今年は口テイ疫で大変でしたね。
ようやく復興も始まっているようで、頑張ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/18

西表島自転車旅行  最終日石垣島

2010年11月6日
今日は帰る日です。朝8時45分の船で帰るつもりです。
P1090166

石垣島の離島桟橋とこの大原は3社の高速船が運航しています。それぞれ1日8便位出しているので24便あるわけです。また西部の上原航路と違って、日本最大のさんご礁「石西礁湖」のラグーンを走るので、ほとんど欠航もありません。
P1090165

40分で石垣島に到着です。石垣港で海上保安庁の巡視船を見て、今有名な「よなぐに」「みずき」「はてるま」が有るかと見に行きました(笑)。
P1090256

八重山は蒲鉾が有名なのでお土産に買いました。
P1090257

次いで八重山に最初に作られた仏教寺院である桃林寺と隣の権現堂を見ました。ご本尊は熊野権現だそうです。
P1090260

P1090264

近くに琉球王朝時代の八重山の頭職(代官)屋敷があり見にいきました。宮良殿内といいます。
P1090266

次に港近くの八重山博物館を見学。
P1090275

そして美崎御嶽、天川御嶽を見ました。沖縄本島の城跡巡りをしたので御嶽にも興味があります。単なるやじうまですが。
P1090276

港から10キロほど東に白保海岸というのがあります。さんご礁の海と古い民家で有名です。近々石垣空港が作られるとかで、揉めたりもしています。
そこへ行くことにしました。走っていると広場で石垣祭りをやるようでした。
P1090282

空港入り口を過ぎ、マングローブで有名な宮良川を渡り、気持ち良い並木道を走ります。
P1090284

P1090286

集落の入り口で立派な拝所を見つけました。入って写真を撮っていると、通りがかりの地元の高校生が、「おじさん、ここは宮良の大切な場所なので、あまり写真なんか撮って欲しくない」と注意されました。子供の頃からそういう教育も受け、しっかりしているな」と感心しました。
P1090288

白保の入り口付近に食堂があり、丁度12時なので昼食にしました。今日はカツ丼にしました(笑)。非常に美味しいのですが量が多くて困りました。
P1090293

白保海岸や集落をぶらぶら見て、石垣空港に戻りました。
P1090295

P1090297

帰りの便は那覇空港を経由しました。那覇空港は修学旅行生で一杯でした。
P1090301


| | コメント (0) | トラックバック (0)

西表島自転車旅行 仲間川マンゴローブ

2010年11月5日
今日は1日大原で過ごします。昨日行き損ねた日本最南端の温泉、西表温泉に行こうと思いました。大原からは20キロ弱でしょうか?、自転車では無理そうなのでバスにしました。
8時35分のバスで30分ほど、9時10分に西表温泉に着いたら、なんと営業は12時から。民宿の誰かにちゃんと聞けば良かったなあ。写真は併設のリゾートのフロント。
P1090168

諦めて、丁度来た9時35分のバスで大原へ。何度この道を走ることか。
民宿に戻り自転車を取り出す。西表横断の道が大原近くの大富へ降りてくる。その道を探しに行くことにした。
仲間川を渡り、大富共同売店で左折、車道を15分ほど走ると横断道路入り口に出た。
P1090172

島東部の浦内川で軍艦岩に行き、マリュウドの滝、カンビレーの滝を経て横断する。一度行って見たいと思っています。
入り口から少し入ると横断道路のゲートがありました。ここから仲間川展望所まで2.8キロ、横断道路分岐まで5.4キロだそうです。行けそうですね(笑)。毎年、行方不明者が出るとか出ないとか。
私はここのゲートで引き返しました。マウンテンバイクなら行ったでしょうね。
P1090173

近くに、展望台があり、行きました。マングローブの森の雄大な景色が見えます。横断道路の仲間川展望所も遠くに見えます。
P1090177

展望台から仲間川流域のマングローブ林を望む
P1090178

取り敢えず街に帰ってきて昼食はまた焼きそばです(笑)。いや、沖縄そばに限らず、本土のソース焼きそば、宇都宮やきそば、なんでも好きなんです。東南アジアやネパールに行っても食べています。
P1090186

ところで西表交通のバスには1日乗車券1000円があります。その日は乗り放題で、5箇所の施設も1割引になります。
西表温泉もそうです。また、大原ー西表温泉往復はたしか1300円ですが1000円ですみます。午後から行く、仲間川マングローブ観光遊覧船も1500円が1割引です。
潮の関係で午後の観光船は3時半の出航です。
P1090190

それまで仲間川の左岸を登って走って見ることにしました。結構面白くてお奨めです。横断道路の展望台も見えました。
P1090195

P1090196

観光船は仲間川を6キロほど遡ります。その間にマングローブn種類、オヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギなど教わります。アダンノキも教わるでしょう。
P1090205

P1090211

アダンの木
P1090223

ヤエヤマヤシ 群落が見える
P1090225

横断道路の展望台の下を過ぎ、少し行くと上陸地点です。
P1090226

ここから30mで大きなヤエヤマスオーの木があります。樹齢400年とかの板根は一見に値します。これまでいろいろ見てきましたが、ここのヤエヤマスオウノキは抜群です。霊気さえ感じました。
P1090230

帰りにも、大きなシジミのサンプルを見せてくれたり、ノコギリカザミの捕獲カゴの目印を教えてもらったり、退屈しない1時間です。
P1090243

明日は帰る日で、今日は西表最後の晩餐です(笑)。
P1090249

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/16

西表自転車旅行 恐れていたパンク

2010年11月4日
今日は上原の民宿を出て、自転車で島を半周、初日に船が着いた大原の民宿に移ります。
距離は35キロか6キロ、何も無ければアップダウンを考えても4時間位で着くように思います。

途中、日本最南端の温泉と言う西表温泉があるので、入ろうかどうするか迷っています。
昨日ダイビングショップのIさんが、温泉なんかに入ったら後が走れなくなるよ、と言われて、それもそうだなと。

ともかく早い出発にこしたことはないので7時40分頃には出発しました。上原から小さな峠を越えると船浦港です。以前はここに船が着いたのですが、今は上原に移ったため寂れています。
P1090070

船浦湾を船浦橋で横断します。対岸へ近づくと右手山の中腹にピナイサーラの滝が見えます。落差55mとかで西表最大の滝です。
P1090074

出発して1時間も走ったでしょうか、同宿だった森林管理所の人が手を振って通って行った後、恐れていた事態が起こりました。パンクです。
P1090081

パンクの回復はチュウブを入れ替えるのが早いと、予備のチュウブと工具は持っています。でも入れ替えはやったこと無いし、一度手順を教わっただけなので自信ないのです。携帯で自転車屋さんに電話して、再度手順を教わろうとしましたが圏外でした。

泣く泣く自己流にチュウブを交換しました。ただ持ってきた携帯空気入れと仏式バルブの扱いが解からず、チュウブに空気を入れないまま交換しました。これが後に悲劇を生みます。
空気入れとバルブをひねくりまわして、なんとか扱いがわかり空気を入れました。既に30分が経過していました。でもまあ、早く出発したお陰で時間は充分あります。気を取り直して出発しました。
P1090089

でも出発して10分か15分で又パンクです。後刻修理してもらった修理屋さんに、チュウブが噛んでいましたねと言われました。やはり少し空気を入れてから交換すべきだったのでしょうね。
P1090090

ここからは、降り坂はチュウブに空気を入れて乗ってみたり、平坦や登りの道は押して歩きました。途中、西表温泉がありましたが入る余裕も無く歩きました。考えて見れば、ここにバス停があるので乗れば良かったのですが。
まあ歩くのも良いこともあります。カンムリワシの幼鳥を見ることもできました。
P1090093

右に牛の放牧場、左は雄大な高那海岸という素晴らしいサイクリングコースも心は闇です。
P1090091

距離にして10キロ位でしょうか、2時間ほど歩いて野原崎という展望所にきました。次のバス停、油布島入口までは3キロ位です。そこまで行ってバスに乗ろうと思いながら携帯を出すと、なんと繋がるではありませんか。喜んで民宿に電話して助けを求めました。民宿までは15キロ弱ですね。
P1090098

まあ、自転車は初心者ですが、山歩きは50年なので、20キロ30キロは歩けますけど(笑)
野原崎はすぐ向かいに小浜島が見え、その間はヨナラ水道と言って、陸上からでもマンタが泳ぐ姿が見えるので有名です。
民宿の小母さんが車で迎えに来てくれ、民宿近くの自動車修理工場で降ろしてくれました。丁度12時頃でした。
パンク修理をお願いして、近所へ昼食に行きました。昼食は好物の沖縄そばの焼きそばにしました。
P1090101

パンクの原因は最初がリム打ちと言うのですか、空気圧不足と段差の衝撃で2つ穴があいていました。2回目がチュウブの噛みこみです。私の未熟さですね。大原神社です。
P1090102

まあしかし直れば心もうきうきです。民宿にチェックインした後、すぐに南風見田(はえみた)浜へ自転車を走らせました。
P1090119

南風見岳の直下に広がる、誰も居ないビーチです。近くにキャンプ場もあります。民宿からは6キロほどで、道はここで消えています。
P1090114

引き返して、まだ時間も早いので、今日走るはずだった由布島からの道を走ることにしました。この間は結構アップダウンがあるので往復走るのは辛いのですが仕方ありません。
P1090127

まずマングローブで有名な仲間川を渡り、標高差60mほどの峠を越えて6キロほど走ると古見のサキシマスオウの木の群落があります。
P1090131

次に少し行くと西表野生動物研究所があり、ここも見学しました。
P1090144

そこからまた60mの峠を越えて5キロほど走った所に由布島の入口があります。
P1090146

ここから牛車で浅瀬を渡って由布島へ行くのが観光の目玉ですね。時間も4時を廻っていましたが、まだまだ観光客で一杯でした。たしか1300円ですが、乗らずに引き返しました。
P1090151

帰りも上り坂を頑張って、今日の走行距離は60キロを越えました。でも10キロほどは押し歩きですが(笑)。
今日もビールと泡盛は欠かせませんね。
P1090163


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/13

西表島でダイビング

2010年11月3日
上海へ行っていたので更新が遅れました。

西表島は2002年12月にダイビングに来ています。
なので8年振りですね。

そのときもまるま荘さんに泊まり、グッドダイブの井腰さんにガイドしてもらいました。
民宿の横にもビーチがあり、夏なら泳げそうですね。
P1080990

1本目は鳩離西とか。隠れ根にいろんな魚が集まる水族館のようなポイントです。
コブシメ
P1080994

ミナミギンポ
P1090006

セジロクマノミ
P1080999

オイランヨウジ
P1090011

潜水時間46分、水温24度、一寸寒い。
今日も北風が強く、荒れ気味で外洋には出られません。
港に帰りショップで昼食です。熱い味噌汁が美味い。

ゲストは3日前から来ているという関東の女性、常連さんです。
2本目はクロミスランド。

ドロップオフの崖にいろんなスズメダイが群れている、竜宮城のようなポイントです。
P1090035

ハナゴイも群れています。
P1090033

中には珍しい種類もいます。
ソメワケヤッコ
P1090055

クロメガネスズメダイ
P1090063

コマチコシオリエビ
P1090058

潜水時間55分、水温はやはり24度。本日はこれで終了しました。
宿に帰り、熱い風呂に入りました。
ハンモックで気持ちよく冷たいビールを飲んだあと、まじめにログ付けしました。
P1090068

今日も例によって、ビールと泡盛で上原最後の夜を過ごしました。
明日は自転車で大原に行く予定です。
P1090069


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/08

西表島 船浮集落 自転車旅行2

2010年11月2日
今日は船浮という集落へ行くつもりです。船浮はここ上原から13キロほど反時計回りに海岸道路を走った白浜港から船で10分だそうです。陸路はありません。
P1090202

昔は浮世離れした寒村で、誰も行かない50人ほどの集落だったそうです。でも今はそれが売りで少し観光化しているそうです。
船浮まではあまり大きな登りはないので、頑張れば1時間ほどで行けそうです。船は1日5本で2番目の10時55分に乗るつもりです。途中、あちこち見ながらということで8時過ぎには民宿を出ました。
P1080906

最初は島の西北端、星砂の浜です。星型の砂があるそうですが、夕日は有名です。ここへは一寸アップダウンがあります。
P1080882

次の見所は浦内川河口周辺のマングローブの林でしょう。
P1080963

P1080887

浦内川はカヌーや遊覧船で遊べます。前回8年前に来たときは、遊覧船で8.5キロ上流の軍艦岩まで行き、そこから徒歩で30分ほどのマリュウドの滝やカンピレーの滝を見学しました。今回は橋の上から見物だけです。
P1080893

P1080895

祖納の手前に星立天然保護区との看板があり、寄ってみたがよく解らなかった。
祖納付近の岸壁です。
P1080898

祖納も過ぎ、西表トンネル付近が最後の登りと思っていたが、ルートラボの標高間違いのようで、あっけなく白浜港に着いてしまった。10時一寸過ぎだった。
P1080907

P1080905

船を待っていると一人旅の若い女性がバスで到着した。話すと、東京で三線を習っていて、その民謡の里を巡っているとか。船浮もそうらしい。

船浮のメインストリート
P1080915

船浮にはカマドマの碑があり、これが民謡らしい。そう言えば上原にもデンサー碑というのがあったなあ。
P1080920

P1080984

P1080921

他にはイリオモテヤマネコ発見の地の碑や日本海軍要塞の跡がある。
P1080924

P1080945

集落の反対側にイダの浜というビーチがある。ここが人気で、1日中静かにボーっと過ごす人も居るとか。
P1080927

P1080930

私は花より団子で、集落に最近出来たレストランでソーキそばを食べて、12時50分の船で帰りました。
P1080940

帰りもあちこち寄り道しながら、浦内川の河口にある月ヶ浜によりました。ここは砂が細かく泣き砂で有名です。
P1080974

帰りが早かったので、船浦橋を見下ろす高台に足を伸ばしました。琉球大学の熱帯農学研究所なんてのがありました。
P1080986

今日もビールと泡盛で疲れを癒しました。
P1080988


| | コメント (0) | トラックバック (0)

西表島 自転車旅行

2010年11月1日
今日から沖縄県の西表(イリオモテ)島へ行きます。有名な「イリオモテヤマネコ」の生息する島です。位置的には沖縄本島から南西へさらに飛行機で40分位です。
P1090201

空港は無く、隣の石垣島から高速船で40分から1時間です。島の大部分は森林に覆われています。
面積は沖縄本島の四分の一弱で八重山諸島最大の島ですが、人口は600分の一の2000人しか居ません。

話代って、我が折り畳み自転車のミニベロちゃんは、鉄道やバスの移動は経験しましたが、飛行機の移動は未経験です。そこで今回連れて行くことにしました。
近鉄、名鉄を乗り継いでセントレアへは8時前に着きました。

空港で受付の女の子が「タイヤの空気圧は下げておられますか?」聞いてきました。
どきっとしましたが、「いや下げてません。でも大丈夫です。」と根拠も無く答えました。実際はやはり下げておくのが正解のようですが、気が付きませんでした。

P1080857
高度1万m、3時間のフライトに耐えて無事石垣空港に到着しました。空港から離島桟橋は4キロほどですぐです。
P1080858

石垣ー西表間は2航路あります。東部の大原行きと西部の上原行きです。私は上原の民宿を予約していますが、今日は強風で上原行きは欠航、大原になりました。
大原ー上原間は35キロですがバスで送ってくれます。

2時半の切符を買い、街に昼食に出かけました。石垣島は3回目位なので少し土地勘はあります。480円のランチを頼んだらボリュームたっぷりだったので生ビールを頼みました(笑)。
P1080860

船は自転車そのままでも乗れますが乗船賃が要ります。折りたたんで手荷物にすれば無料です。
P1080867

40分で大原に到着です。送迎バスも空いていて、自転車も座席を占領しました。
P1080872

上原までは海岸沿いを国道が走っています。アップダウンが多く自転車には大変ですが、今回走る予定でした。丁度逆コースで下見ができることになりました。ラッキーですね。
P1080873

4時半ごろ民宿に入り、付近を少しポタリングして、お風呂に入り、待望のビールと泡盛で夕食を楽しんで、この日は寝ました。
P1080874

P1080878

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »