« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月に作成された記事

2010/10/25

大杉谷

2010年10月24日
10月から大杉谷の一部5キロほどが台風の爪あとから復旧し、一般開放されたとニュースで知り、山歩きハイキングのコミュで行って見ました。
私は45年以上前の学生の頃、尾鷲から木組峠越えで東の川に入り、西の滝を経て大台ケ原に登る3泊4日の沢登りをしたことが有ります。

また近年、大台ケ原の東大台や西大台のトレッキングをしたこともあります。でも大杉谷はありません。
数年前、台風で大杉谷が破壊され閉鎖されたのですが、その3日後私は大杉谷を登る予定でした。桃の木小屋にも予約を入れていました。でもダメになったのです。それ以来のリベンジです。
P1080791

朝8時40分、久居駅で私とてっちゃんはかもちゃんにピックアップしてもらいました。
紀勢道の大宮大台経由で宮川第三発電所に着いたのは10時20分です。大杉谷を知らない私は、シシ渕までの5キロ開通は、2時間弱で行けると思っていたので、ゆっくり計画したのでした。
でも実際は往復5時間以上かかるコースでした。

10時25分、登山口を出発、すぐ崖を削った鎖場になります。以後、この大杉谷のコースはアップダウンの繰り返しです。登りにせよ降りにせよ、平坦な道にせよ50mも続くことはありません。なので登っているのか降っているのかも解らない道でした。
P1080793

出発してすぐ大日ぐらです。
P1080796

ダムの水が茶色く濁っているのに比べて宮川の水はあくまで透明です。淀みの水は薄いエメラルドグリーンで、見る人の目を癒します。
P1080798

いくつかのつり橋を渡りながら1時間弱で京良谷出会いに着き小休止です。
P1080800

そこから30分で滝見台の展望所です。ここのベンチは広くて避難小屋として寝ることもできます。大杉谷随一の落差をほこる千尋の滝が見事です。
P1080814

P1080832

ここで12時、昼食休憩しました。
20分ほどの休憩で出発、一寸険しくなった道を登ります。県の人が案内しているという40人位の団体さんが降ってきました。もう誰も居ないそうです。

展望所から50分、13時15分頃シシ渕に到着です。
ここからはニコニコ滝が絶景です。大台ケ原を深く削った、この自然の造形美には頭が下がる一方、早くここから先、桃の木小屋を経由して、大台ケ原までの道が通じて欲しいものです。
P1080819

20分ほど景観と雰囲気を楽しみ、13時36分に帰途に着きました。
行きは昼食休憩を除いて2時間半でした。降りは2時間として4時前には着くでしょう。
でも実際は4時10分着で登りと同じ2時間半かかっています。

帰り着いた発電所の手前の岩は、氷河に削りとられたように滑らかに見えました。
P1080840

帰りの伊勢道は少し渋滞して、久居駅到着は6時過ぎでした。運転のかもちゃんにお礼とお別れして、てっちゃんと二人で駅前の赤暖簾で恒例の反省会をして帰途に着きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

八方池トレッキング

2010年10月22日
今日は帰る日ですが、バスの出発は午後2時半です。それで昨日行くはずだった八方尾根に登って、八方池までトレッキングすることにしました。
麓のゴンドラ八方駅が標高750mほど、ゴンドラで上がった兎平が1400m。
リフトで登って黒菱平が1680m、もう一つリフトで1830mの八方池山荘まで登れます。この間30分ほどです。
ここから目指す八方池の第三ケルンは2086mなので256mの登りですか、案内では1時間30分となっています。
P1080690

さらに登れば唐松岳に行けますが、ここからは完全な登山装備で600mの登りです。2時間程度でしょうか。
さてゴンドラの駅へ8時ごろ来ましたが、上のほうは雲の中です。今日は晴れる予報でしたがどうなっているのか。
でもまあゴンドラから眺める紅葉はきれいです。
P1080695

兎平へ着いてみると、少し視界もあって紅葉は真っ盛りです。でも上のほうは雲です。
P1080697

半分諦めながら、歩いているうちにガスも消えて、八方池に着く頃には晴れている。そう願って黒菱平に着きました。でもまだ雲の中です。
P1080699

次のリフトを乗り継いで八方山荘まで登ってきました。
すると、どうでしょう、白馬三山が鮮やかに見えているではありませんか。うれしさで飛び上がりそうでした。
P1080701

さっそく八方池目指して登り始めました。残念ながら南側は雲に覆われて、五龍や鹿島槍方面は見えません。第二ケルンまでの登りで、作業員の方が木の階段を作っておられました。大分出来ています。
P1080744

第2ケルンの下のケルン辺りでは妙高・戸隠方面の山が見えてきました。
P1080713

P1080715

八方池を見下ろす第三ケルンまで来ると不帰の険と言われるキレットがすごいです。リフトの終点から約1時間の登りでした。
P1080727

八方池に降りてのんびりし、白馬三山を池に映してポスターのように撮ってみました。
P1080733

帰りは時間もあるので黒菱平まで歩きました。兎平にはテラスがあり、きれいでした。
P1080756

下におりて12時、今回の旅で初めて信州そばを食べました。新そばの季節で美味い。
P1080766

時間まで、自転車で木流川の散策路を走りました。
P1080773

最後の名残に白馬の田舎料理「おひょっくり」という店で大雪渓という地酒を頂いて帰りました。この店はお奨めですね。
P1080782

P1080780


| | コメント (0) | トラックバック (0)

信州塩の道3

2010年10月21日
今日はオプションの八方池ツアーに参加する予定でしたが、天気が悪く、登っても何も見えそうも無いのでキャンセルしました。
明日行こうと思っていた塩の道の白馬から北へ南小谷までを走ることにしました。昨日と同じく八方口から8時頃にスタート、逆に北へ向かいました。
信濃森上までは平坦ですが、そこから栂池高原まで100m一寸登りがあり一苦労でした。風切地蔵まで来れば一安心です。
P1080609

栂池高原からは舗装道路と別れ山道になります。百体観音さまの辺りで小雨が降ってきて合羽を着ました。
P1080614

道はなんとかミニベロでも走れそうで慎重にゆっくり走りました。
P1080618

しばらくで牛久保宿です。
P1080623

舗装道路に出て一安心ですが、すぐまた山道の降りになりました。
P1080629

ここは一寸無理なので、自転車を担いだり引いたりして慎重にくだりました。MTBでも私には無理かなという感じです。1キロも無い降りでしょうが、ぐったり疲れました。
P1080633

舗装道路に出てすぐ千国番所跡がありました。
P1080643

諏訪神社、源長寺と辿ったあたりで道を見失い国道に出ました。
P1080645

まあこの辺りの塩の道は歩きでないと自転車では無理と諦めて南小谷の駅に行きました。
P1080648

今度は昨日走り損なった青木湖の西側の道をリベンジすることにしました。12時4分発の列車までまだ1時間以上あるので、小谷村をぶらぶらしました。ここは学生時代から50年ぶり位です。ナメタケを買ったり、お握りを食べたりして時間を潰し、ようやくJRに乗り込みました。
P1080652

P1080659

P1080660

スキーで有名な苗場駅で下車、早速塩の道に入りました。
P1080661

中網湖の西側を通り、青木湖の西側に入ります。サイクリングロードと塩の道は一部並行して大部分は同じでした。
P1080666

青木湖の北端でサイクリングロードと別れ塩の道は南神城に向かいます。道の左側に三十三観音が祀られています。
P1080672

道は砂利道ですが思ったより良くて、ミニベロでもゆっくり走れば大丈夫でした。
P1080676

JRの線路の上の方を走って、昨日諦めたスキー場に出てきました。
P1080677

そこから少し塩の道を通って、今度は国道に出て、快適に白馬まで帰ってきました。
山はまだ見えないようでした。
P1080680


| | コメント (0) | トラックバック (0)

信州塩の道2

2010年10月20日
今日は白馬駅から南へ塩の道を辿る予定です。青木湖など仁科三湖を通り信濃大町へ出て、できれば山岳博物館を見て、その後池田町との堺あたりにある仁科神明社まで塩の道を辿って、適当な駅からJRで引き返してくるつもりです。
走行距離としては50キロ前後と思いますが、コースの詳細が解らないのでなんともいえません。
ともかく午前8時には白馬駅前の八方口から出発しました。天気は今日も快晴です。
P1080490

走り始めるとすぐ足湯付の石仏群があった。足湯はパス。
P1080492

白馬三山をはじめとする北アルプスの山々がきれいです。
P1080494

それとこの辺りは石仏群が非常に多い。なので普段なら道祖神が一体あれば写真を撮りますが、ここでは十体ぐらい集まらないと撮る気にならない(笑)。
P1080500

ここ白馬村では旧塩の道と中部北陸自然歩道そして白馬小道というサイクリングロードが重なったり離れたりして続いています。私は出来るだけ塩の道を辿ろうとしています。
P1080504

P1080509

なので、時々未舗装の道になります。私の自転車は折りたたみ式のミニベロで街乗り用なので悪路は苦手です。
P1080516

P1080518

JRの駅でいうと飯森・神城と進み南神城から線路を越えて青木湖の西側を通るのが塩の道です。でも、佐野坂スキー場からの道は未舗装で無理と見て、国道148号線で佐野坂を登りました。そこから国道と別れ青木湖の東側湖畔の道にでました。
P1080523

P1080529

気持良く青木湖・中網湖の湖畔を走りながら看板を見ると、青木湖の西側にもサイクリングロードがあるようでした。しまったなと思いながら木崎湖は西側の塩の道に復帰しました。
P1080532

P1080537

P1080550

木崎湖を過ぎると大町市街に入ってきます。見える山も鹿島槍ヶ岳や蓮華岳に代っています。
P1080555

丁度12時頃なので駅前通りの「かつどんの店」に入りました。「ソースかつどん」は非常に美味しかった。
P1080558

P1080559

塩の道博物館は玄関だけにして山岳博物館に行きました。高台にある博物館への道は自転車を押して登りました(汗)。
P1080561

P1080577

北アルプスの展望は一寸霞んでいまいちでしたが、天気が良ければさいこうでしょうね。
付属動物園があって、カモシカ、ヤマネコ、トビなんかが居ました。
P1080566

博物館を出て仁科神明社を目指して県道51号線の塩の道に復帰します。
北アルプスのよく見える山腹の道なのでお猿が多いですね。
P1080583

仁科神明社は博物館の南7~8キロの所にある国宝の神殿を持つ古い神社です。
P1080595

お参りの後、少し安曇野をぶらぶら走って信濃松川駅を15時57分の列車で白馬に帰りました。大糸線は2時間に1本ですね。
P1080599

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/23

白馬山麓「塩の道」をポタリング

2010年10月19日
クラブツーリズムで白馬温泉宿泊3泊4日で19800円という格安ツアーを見つけて即予約しました。すべてフリータイムなので自転車を持って行って、安曇野をのんびり走ろうかとも考えました。
でもいろいろパンフレットなど見ているうちに「塩の道」というのに辿りついた。
P1080789

信州と越後を結ぶこの120キロの道は、参勤交代の大名行列が通るような華やかな道ではなく、物資輸送や旅芸人が通る程度の地味な道であった。ただ北アルプスの麓を通り、仁科三湖や安曇野を通る風光明媚な道は今も昔の名残を多く留めています。また上杉謙信が武田信玄に塩を送ったのもこの道と言われています。
この道が自転車で走れるのかどうか正確な知識も無く、ともかく走ってみようと思いました。

朝8時名古屋駅集合、バスに無事ミニベロを積み込みました。今日から22日までの3泊4日です。豊科インターで降り、スイス村で休憩、目指す白馬村の八方尾根にあるホテルには午後1時半に到着しました。
P1080453

1時間ほど後早速付近を巡ってみました。道祖神や石仏が多く、村内到る所にあるようです。白馬村は長野オリンピックのメイン会場です。有名なジャンプ台もあります。
P1080454

P1080458

塩の道「千国街道」の一部を見たり、暮れ行く白馬三山をみながら夕暮れを迎えました。
P1080469

ホテル花の郷には屋上露天風呂があり、のんびり一人でつかりました。
P1080478

ツアーのオプションでは明日は栂池高原巡りですが、私は塩の道を辿って信濃大町方面へ行くつもりです。明日の天気に期待しながら眠りに入りました。
P1080480


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/12

八ヶ岳 硫黄岳

2010年10月11日

山小屋の朝食は5時です。天気は快晴です。ただ腰は昨日より少し悪く、歩くと少し痛みます。どこまで登れるか不明ですが、ともかく6時15分には出発しました。
P1080362

25分で夏沢峠です。標高は2400m一寸です。目指す硫黄岳は2760mです。順調なら1時間の登りでしょう。
P1080364

峠からは甲斐の千曲川方面が見えるのでしょうが雲海の下です。硫黄岳の噴火で抉り取られた岩肌が荒々しい様相を見せています。
P1080365

これまでのゆるやかな登りと比べて、これからは急な登りがしばらく続くので、腰の痛みがどうなるか心配ですが、ともかく出発しました。
少し登って2500m付近になると北西の方角に北アルプスの山々が見えてきます。槍の穂は少し雲がかかっていましたが、やがて取れました。
P1080370

穂高連峰、乗鞍岳、御嶽山とすべてが見て取れます。腰の痛みは痛みとして、ここまで来れば頂上で360度の展望を見ないわけにはいかないでしょう。こんな晴天に当たることは滅多にないんですから。
P1080374

2600mを越え、峰の松目を見下ろすようになると中央アルプスの主峰木曽駒ケ岳が見えてきます。
北側には天狗岳の向こうに北横岳や蓼科山が見えるようになると頂上はもうすぐです。
P1080419

いくつ目かのケルンに到着すると頂上は目の前でした。
P1080389

頂上から南には横岳、赤岳、阿弥陀岳の八ヶ岳の主峰が真近です。富士山は横だけの向こうのようです。
P1080413

南アルプスもよく見えているのですが名前は確定できません。甲斐駒や仙丈、北岳などが見えていると思うのですが。
P1080400

ともかく中部山岳地帯の主要な山々が全て見えるのかと思うほどの好天でした。
P1080379

P1080418

P1080385

一寸ワインも頂きながら1時間近く頂上に留まっていました。
P1080388

噴火口の跡も見て、8時40分に頂上を出発しました。Iさんはなお名残惜しそうでした。
この頃になると、どこから出発した人か、続々と登ってくる人が居ます。皆この天気で嬉しそうです。

10時頃オーレン小屋に到着。ラーメンでもあれば弁当のお握りといっしょに食べようと思ったが、無かった。有るのはカレーと牛丼とか。夏沢鉱泉にも無くて、桜平近くの川原でおにぎりを食べました。
P1080403

無事に登山できたことを感謝して、尖石温泉縄文の湯で汗を流して帰りました。
P1080435

腰の具合によっては、これが最後の山登りかもしれないなあ。
諏訪のサービスエリアから見ると、もう八ヶ岳は雲に隠れていました。
P1080439


| | コメント (1) | トラックバック (0)

八ヶ岳オーレン小屋へ

2010年10月10日

昨年の10月17日、会社のIさんと八ヶ岳の硫黄岳に登ろうとオーレン小屋に宿泊しました。そして風呂場でぎっくり腰になり、ほうほうの態で退散したのでした。
今年はそのリベンジということで、同じく会社のIさんと出かけてきました。

そのときのぎっくり腰は治ったものの慢性の腰痛が残りました。脊柱管狭窄症とかで加齢も原因の神経圧迫症状で、使いすぎると痛くなるようです。

今回も3日位前から症状はかんばしく無く、歩くと痛む状態でした。ただ前日までの天気予報で、今日は雨の中を小屋まで歩くと覚悟していましたが、朝起きると晴天で、うれしい誤算で気分は爽快です。

去年と同じく8時40分に知立でピックアップしてもらい、昼食も去年と同じ茅野のすき屋で牛丼を食べました。すべて去年の再現です。行く手の蓼科山や北横岳は快晴でよく見えています。八ヶ岳連峰は頂上付近雲の中でした。
P1080337

恒例で、Iさんは登山口の山ノ神さまにお参りします。桜平までの細い車道は少し色付いてきています。
P1080339

桜平到着も去年とほぼ同じ12時半頃です。 昨年と違うのは痛み止め薬を腰に貼り、腰と両膝にサポーターを巻いて、満身創痍みたいな出発でした。
P1080342

それでもシラビソの林の中のきれいな苔や色鮮やかな山腹の木々を見ながら30分ほどで夏沢鉱泉です。
P1080345

さらに1時間弱でオーレン小屋到着です。硫黄岳の稜線も良く晴れて明日が楽しみです。
P1080348

恐る恐る風呂に入りましたが今回は大丈夫でした。それから楽しみの夕食まで一寸一杯やるのも去年の通りです。
P1080354

夕食はこれも同じく名物料理の桜肉のすき焼きです。今年も増量してもらいました(笑)。
P1080361

食後は飲みつかれたのか7時には寝てしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/02

奄美 最終日

2010年10月1日
今日は帰る日です。当初、金作原原生林の見学を希望していたのですが、やはり普通車では無理な道だろうということで、次回にでも専門のツアーガイドに頼むことにしました。

その代わりということで、横山さんが奄美南部の原生林に連れてくれました。
まず住用の「フナンの滝?」へ行きました。なかなかの滝です。
P1080166

ヒカゲヘゴもあります。
P1080169

山はマツクイムシの跡も無く、奄美の元気な原生林でした。
P1080173

続いて近くの「モダマ」の見学です。大きな豆ですね。長さ1m以上にもなります。
種は浮力があり、遠方まで流れつきます。日本では屋久島が北限だそうです。
P1080178

モダマのツルはすごい。
P1080183

次に西郷さんの上陸地や住まいを見に行きました。
P1080187

そして昼食は島豆腐屋さんです。
「ゆば」料理がいろいろ。
P1080196

湯どうふや寄せ豆腐は無料サービスです。
P1080200

豚角煮とおもちのゆば包みは内地では見られない料理ですね。
お土産に買って帰りました。
P1080197

奄美空港です。
さよなら奄美、また来るよ。
P1080231


| | コメント (0) | トラックバック (0)

加計呂麻島

2010年9月30日
今日も良いお天気です。今日は奄美大島の南、加計呂麻島で自転車ツーリングを予定しています。
とは言っても、加計呂麻島にはレンタサイクルが無いので、古仁屋で借りていきます。それもママチャリしかありません。でも歩くより行動範囲は広がるでしょう。

ところで阿鉄の集落には半鐘があります。最近有線もできましたが半鐘も現役みたいです。
珍しいですね。
P1080077

瀬戸内町の役場がある古仁屋の港と街です。
P1080099

P1080106

ところが今日は町営のフェリーがドッグ入りで休み。代船のフェリーは10時30分発で帰りは2時半発。
島の滞在時間は3時間少々と制限されてしまいました。

まあ良いかと出かけました。
加計呂麻島の瀬相のフェリー待合所です。
P1080141

男は辛いよのロケがあったのですね。
P1080142

浅丘ルリコの車が走ったガジュマルの木付近
P1080115

借りた自転車です。
P1080121

のんびり海岸を走りましたと言いたいのですが、海岸道路はアップダウンが多くて大変です。
自転車を押して登りました(汗)
P1080117

P1080119

でもまあ楽しみました。
これは小中学校の校庭です。
P1080133

阿鉄に帰って、近所の神社にお参りしました。
P1080156

高台から阿鉄の風景です。
P1080158

今日は猟師横山さんが獲ってきた猪のすき焼きでした。
P1080161

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大島海峡

2010年9月29日
今日はダイビングの日です。といってもOさんは体験ダイビングです。
奄美大島南部の瀬戸内町と加計呂麻島を隔てるのが大島海峡で、荒天の時でもなんとか潜れるダイバー天国です。写真は朝もやの阿鉄付近です。
P1080085

まず朝の二本は私と横山さんのマンツーマンで潜りました。ポイントは油井と清水です。
その間Oさんはシュノーケリングで水慣らしです。

見た魚は、まずタテジマキンチャクダイとツノダシ。どちらも好きな魚です。
P1070952

一寸まれなヤシャハゼ
P1070975

昨日の夕食に出た高級魚カンモンハタ?(笑)
P1070980

ナミハタの幼魚かな
P1070991

3本目はオアシスで、ここでOさんの体験ダイビングが行われます。
Oさんは体験3回目、隠岐島・石垣島で経験しています。耳抜きは簡単だそうで、羨ましい限りです。
私は、さきほどの清水のタンクに半分エヤーが残っていたので、それで潜って写真班を担当しました。
P1080019

8mほどの浅場に根があり、禁猟区にもして保護しているため多くの魚が群れています。
普段は洞窟に隠れるはずのリュウキュウハタンポののんびり群れています。
P1080033

Oさんも一人で泳げるようになったか
P1080028

ヨスジフエダイ
P1080031

キンセンイシモチの群れとカクレクマノミ
P1080042

昼食後もう1本加計呂麻島の安脚場で潜りました。
人を襲うこともあるゴマモンガラ
P1080057

アカククリの幼魚
P1080063


| | コメント (0) | トラックバック (0)

奄美大島

2010年9月28日
今日は大阪のOさんと奄美大島に出かけます。奄美大島は大島紬や西郷隆盛が流された島として有名です。
現在は鹿児島県に属しますが、歴史的には琉球王朝に属して沖縄圏の一部でしょう。

私は2001年以来足掛け10年、6回目の訪問になります。
目的はダイビングで、南部の大島海峡ばかり行っています。最高峰は湯湾岳で登りました。
今回はノンダイバーのOさんが一緒なので、1日はダイビング1日は加計呂麻島を自転車で巡る予定です。

セントレアからは便が無いため伊丹から乗ります。
飛び立つとすぐ明石海峡大橋?が見えます。珍しくすぐ横を他の飛行機が飛んでいきました。
P1070907

P1070909

屋久島を見ながら1時間半で奄美空港です。
P1070915

大島紬を着た女性がお出迎えです。13時10分に到着。
P1070916

出迎えの横山さんと、とりあえず恒例の奄美名物「鶏飯 ケイハン」で昼食です。
P1070921

空港から南部の瀬戸内町までは90キロ。それでも10年前に比べると、多くのトンネルが出来て30キロ位短縮されたでしょう。途中住用地区のマングローブの林が素晴らしいです。ここでカヤックもできます。
P1070925

今日は明日のダイビングに備えて、黒糖焼酎を飲んで早めに寝ました。
P1070943


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »