« 初めての輪行で東海道亀山宿、関宿、坂下宿 | トップページ | 奄美大島 »

柳生の里

2010年9月26日
今日は山登りハイキングのコミュのイベントで柳生の里へ行きました。
9時半にJR関西線の笠置駅に集合、おさわさんと2人です。
P1070750

予定では柳生の里を見て大柳生へ、そして忍辱山円成寺を見て、滝坂の道を経由してJR奈良駅の予定です。
距離は寄り道なしで24~25キロ、一寸長丁場です。時間的には6時間~7時間の予定です。

駅を出てすぐ笠置山の登り口があります。
P1070753

急な坂を30分ほど登ると笠置寺の入口です。P1070765

磨涯仏が有名とのことで見学します。入口で住職らしい人と話します。「ここは公園と書いてあるが事実は行場です。寺の由緒は不明ですが、境内は国指定の史跡で、草木一本といえども動かせません。」そんな話の後行場巡りをしました。
P1070799

大きな磨涯仏があり、眼下に木津川の流れを見る景色も絶景です。
P1070781

P1070789

でも一巡するのに40分を要しました。
10時40分に出発、柳生を目指します。6キロだそうです。快適な山道歩きのあとゴルフ場の傍へ出ました。雲ひとつ無い快晴のなかでプレイするのも楽しいでしょう。
P1070805

川を渡って柳生街道に入ると、すぐまた磨涯仏があります。阿対(あたや)の石仏とか。
P1070813

柳生の里に入り、十兵衛杉の傍を通って家老屋敷に行きました。ここは拝観せず次へ。
P1070820

柳生一族の墓や正木坂道場は前にも行ったようなので、今回は山奥の一刀石へ。芳徳禅寺の前を登って行きます。柳生霊園で右折10分ほどで天乃石立神社に着きます。ここにも刀で切られたような石がありますが、一刀石はもう一寸奥です。
P1070827

P1070831

この辺で12時になったので茶畑の傍で昼食にしました。考えて見ればここまで休憩なしでした。
今日はコンビニで一番高い555円の弁当を買ってみました(笑)。でも分量が多いだけで良い素材が使われている様子もありませんでした。398円で充分ですね(笑)。
P1070835

12時25分に出発です。
国道を横切って大柳生に向けて山道に入ります。すぐ疱瘡地蔵さんがあります。ここも阿対の石仏とよく似た磨涯仏です。作者も同じかもしれません。
P1070840

13時頃峠らしきものを越えて、少し下ると南明寺のある阪原町?の集落が見えてきます。気のせいか時間がのんびり流れているようです。
P1070846

東海自然歩道の標識に導かれて南明寺到着は13時20分です。
P1070857

私は柳生街道を辿りたいのですが案内が少ないです。平行して走る自然歩道の案内はしっかりしているので、ついそちらに引きずられます。
一山越えた所に自然体験センターでしょうか立派な建物が建っていました。街道が広場で途切れますが、標識の方向に山道を登ってください。
P1070859

山を下ると休憩ベンチを備えた自販機がありました。休憩には良いでしょうね。
P1070860

複雑な山裾の里道を歩いて夜支布(やぎゅう)山口神社に導かれました。なんだか謂れありそうな神社なので丁重にお参りしました。この神社は大柳生の氏神様でしょうね。
P1070867

大柳生の里を後に今度は忍辱山を目指します。何体かの石仏を見ながら山道を歩くこと45分ほど、3時ごろようやく円成寺に到着しました。
P1070871

P1070873

円成寺は柳生街道随一の名刹です。快慶作の大日如来や数々の国宝や重文の仏像があります。庭もきれいです。
P1070885

P1070894

ところで、ここから滝坂の道を経て奈良駅まではまだ12キロあります。3時間としても6時をまわります。5時過ぎると山道は暗くなるので今回はここで打ち切ることにしました。

同行のおさわさんは最近屋久島の縄文杉で10時間歩いてきたので体力に自信をつけています。今日はまだ5時間しか歩いていないので、物足りないかもしれません。でもまあ、暗闇歩きはお勧めできないので、円成寺をゆっくり見学して、静寂の時を楽しみました。

後はバス停の前の酒屋さんで冷たいビールを買ってバスを待ちました。
P1070899

P1070898

奈良駅の行きつけ?の立ち飲み屋さんが休業していたので、コンビニでおでんとお酒を買ってかえりました。
P1070903


|

« 初めての輪行で東海道亀山宿、関宿、坂下宿 | トップページ | 奄美大島 »

コメント

柳生街道、天気上々気温も余り上がらず時折吹く風は本当に
心地良かったです。又今回積み残しの行程是非お願いします。
居酒屋さんお休みとは、誠に残念でしたね!
ありがとうございました。次回も期待してます。

投稿: おさわ | 2010/09/27 20:42

一刀石って本当に不思議ですよね。

あれって地震か何かで、あの大石が転げて来てあの場所で石の重みで割れたのかな・・・?。

投稿: てっちゃん | 2010/09/30 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56078/49577656

この記事へのトラックバック一覧です: 柳生の里:

« 初めての輪行で東海道亀山宿、関宿、坂下宿 | トップページ | 奄美大島 »