« ミニベロ | トップページ | 自転車で津島神社 »

曽爾高原

2010年9月10日
今日は大阪のOさんと曽爾高原へ行きました。ススキのシーズンは10月ですが、それは大した問題ではなく、少し歩いて帰りに冷たいビールでも飲めればそれでいいんです(笑)。

P1070382

10時10分のバスで中太郎生へ向かいます。11時到着、今日は台風一過か雲ひとつ無い晴天です。目指す倶留尊山も青空にくっきりです。振り返ると大洞山も目の前です。

P1070380

中太郎生バス停が標高400m一寸、亀山峠が800m、倶留尊山が1037mです。コースタイムでは2時間10分だけど、この暑さ、このご老体でどうなるか。
出発して45分ほどで池の平高原です。ここからくろそ山荘までに道を間違えて10分ほどロス。登山口到着は12時12分でした。ここで休憩して弁当を広げました。

P1070394

12時35分出発、歩きますが2万五千の地形図はコースが違うようです。また途中の亀山峠0.2キロの看板も全く違います。もっと遠い。

P1070397

丁度1時にかめやま峠到着です。昼食と道迷いを差し引いても20分~30分遅れているようです。汗びっしょりの到着でした。それはともかく西側の景色が良い。以前行った国見山や住塚山、そして屏風岩が見えています。眼下には曽爾高原とお亀池です。

P1070400

P1070402

5分ほど休憩して二本ボソへ向かいました。樹林帯で無く草原の尾根になったので、容赦なく日光が照り付けます。1時35分、二本ボソ手前の料金所で休憩しました。

P1070409

太郎生路からのバスが4時16分が最終です。ここから倶留尊山往復で1時間、バス停まで1時間半とすれば2時間半で4時到着。なんとか間に合うかもしれないが、危ないかもしれないということで、ここで引き返すことにしました。なので500円は保留しました(笑)。

P1070413

45分に出発、お亀池到着が2時20分でした。池のまわりにぼんぼり風の電灯がセットされていました。ススキのシーズンにはお月見散策をするのでしょうか。時間に余裕もできたので、ゆっくり休憩を楽しみました。緑の山と真っ青の空、素晴らしい雰囲気です。

P1070417

お亀池の周りをゆっくり周遊して降りに入りました。
P1070421

新しく出来たお亀の湯が3時10分の到着。土日ならここから3時30分に名張行きのバスがあります。
P1070427
後方は鎧岳です。

そのまま歩いて太郎生路バス停到着は3時40分でした。
バス停の前のお店で缶ビールを買い、一気に流し込みました。前に由緒ありそうな神社があります。地図には天王神社、スサノオ神社とか川上神社とか呼ぶらしい。
P1070437

名張の駅前に、今年4月にオープンしたという居酒屋があり、また飲みました。今日は幸せな一日でした(笑)。
P1070445


|

« ミニベロ | トップページ | 自転車で津島神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56078/49415582

この記事へのトラックバック一覧です: 曽爾高原:

« ミニベロ | トップページ | 自転車で津島神社 »