« 金星と月 | トップページ | 国頭方西海道 »

青山高原

2010年5月16日
近鉄東青山駅で趣味人のメンバーと待ち合わせて、今日は青山高原です。
ツツジも見頃の東青山四季の里ですが、行楽客もまばらでハイカーも居ません。
一般コースとしては西青山から登って東青山に降りてくるらしい。でもリーダーのTさんは降りもコースを変えて東青山へ降りてくるとか。
P1050136

私は初瀬街道を歩いたとき、垣内宿から青山峠越えはしていますが、ハイキングコースは初めてです。でも楽なハイキングコースだろうと思っていました。昨日ゴルフで腰を使っているので、連日の酷使?は腰痛に無理があると思っているので。
駅は標高170m位、青山高原の三角点は756mなので586mの登りですか。通常なら2時間弱の行程でしょうね。
10時一寸前に高原の風車を眺めながら出発です。天気は上々、新緑もまぶしいばかりです。公園の端、トンボ池からハイキングコースに入ります。
40分位歩くと近鉄旧腺のトンネル付近に降りてきました。昔はここを通っていたそうです。東屋があり、一休みしました。
P1050147

出発してしばらくは沢沿いに進み、林道と合流してすぐに滝見台につきました。11時半頃です。ここから見る布引の滝は見事な三段の滝で、はるばる歩いてきた甲斐は充分にあります。右上の稜線には目指す三角点の建物の三角屋根が小さく見えます。
P1050158

P1050160

林道を少し歩くと三角点の案内があります。そこへ入りかけましたが、計画では円山草原を経由するはずと、すぐ先の道に入りました。
P1050165

そこからは踏み跡はしっかりしているものの案内が少なく、そのうち案内は無くなり踏み跡も怪しく、作業道と区別が難しくなってきました。
なんとか踏み跡を探しながら1時間以上歩いて、最後の100mほどは潅木を掻き分ける藪漕ぎ状態で、ようよう円山草原近くの稜線に出ました。
P1050171

私は腰を庇いながらゆっくり歩くのですが、女性2人も健脚で着いて行くのに苦労しました。すぐの遊歩道にでたのは12時57分でした。
さすがにここはハイカーや車で来た行楽客で一杯でした。360度の展望を楽しみながら持参のワインを飲むと、五臓六腑に沁み渡る美味しさでした。
P1050173

展望は経ヶ峰から津・松阪、尼ヶ岳や三峰山まで、空気の澄んだひは伊勢湾の神島なんかも見えるようです。
1時間ほど休憩して、三角点へ行きました。
P1050186

ここで西青山への道と分れて、布引の滝経由東青山の道に入りました。ここからは西青山駅が近いのですが、最後が国道歩きになるので避けたそうです。2時半頃三角点を出発し布引の滝に着いたのが3時40分です。この間も渓谷沿いの良い道です。
P1050202

滝の上で道は二つに分かれます。一つはここから橋を渡って朝来た滝見台に登り、東青山駅に行くもの。これが一般的で近いようです。
我々はもう一つの、滝の横を下り沢沿いに初瀬街道の垣内宿に至り、国道165号線に出てから東青山駅に行くコースをとりました。
P1050205

滝ですが行きに滝見台から見たときは布引きの滝と書いてあったのですが、傍に来ると三段の滝それぞれに霧生の滝とか名前が着いていて、布引の滝とは言わないようでした。最後の滝を渡り20分ほど渓流沿いを下ると、また近鉄旧線の別のトンネルの横にでます。
P1050211

さらに10分で現在の近鉄の線路を潜ります。そして20分で旧垣内宿の集落です。往時は何軒かの旅籠もあり栄えたようですが、今は面影もありません。ただ最近の歴史ブームで、ここも一軒一軒に昔の屋号が掛けられていました。
P1050224

4時43分国道に出ました。ここにコンビニがあり、アイスキャンデーや缶ビールを各々買って、しばらく休憩しました。
ここから東青山駅へは、国道を少し歩いてすぐ左折して20分位で到着します。けっこう疲れましたねえ。腰はなんとか持ちましたが、やや限界かなという感じでした。
長島到着は7時過ぎで、宵の明星と三日月が接近して怪しい光を放っていました。
P1050240


|

« 金星と月 | トップページ | 国頭方西海道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56078/48390639

この記事へのトラックバック一覧です: 青山高原:

« 金星と月 | トップページ | 国頭方西海道 »