« やんばるへ | トップページ | グスク巡り »

2010/05/28

ヤンバルクイナ

2010年5月22日
昨日の夕食で同宿の琉球大学?関連の自然保護員のような方が、「ヤンバルクイナが見たければ、明日早朝、車が走り出す前に県道をゆっくり車を走らせて見れば見られるかもしれませんよ。」と教えてくれた。
P1050450

それで今朝は6時前に宿を出て、ゆっくり県道70号線を南下したり、両側の林道に入ってみたりしてみた。その結果、県道で2回、林道で3回、計5回見ることができた。結構居るんだ。
P1050446

写真は県道で、遠くから発見し、そこで車を停めて観察していたらむこうから近づいてきてくれた。こちらから近寄るのは厳禁ですね。
集落に帰り、高台から集落を眺める。
P1050459

7時半の朝食後、再度県道70号線を名護に向けて南下する。今度はさすがにヤンバルクイナは居ない。でも、ゆっくり、やんばるの雰囲気を楽しみながら南下する。
P1050462

海岸線もきれいです。
途中、安田(あだ)漁港へ寄ってみた。ここは前回訪れたガイドブックに載っていないダイビングポイントです。
P1050468

近くにヤンバルクイナ観察小屋があり、モニター映像を見せていたが、生の実物を見ているので感動しなかった(笑)。
次に安波ダムへ寄り、上からやんばるの渓谷を見てみた。
P1050476

そして東村に入り、高江付近でしょうか海岸沿いで高い橋を渡ります。ここは福上湖の水の放水路になっているのか?
しばらく走って、道が国道330号線に合流して、慶佐次湾のヒルギ林という公園があった。
P1050493

ここはなかなか面白そうなので探索してみることに。ヒルギの林に沿って木製の桟橋遊歩道があり、歩きながら下を眺めると、シオマネキや飛びハゼなど生物の宝庫だった。
P1050489

高台に登ってみたり1時間弱遊んだかな。
P1050501

名護市に入りしばらく走ると聖火宿泊の地という石碑があった。東京オリンピックの聖火がこの海岸に宿泊したのだとか。
P1050507

そこを越えると大浦湾で対岸に例の辺野古岬が見えます。ジュゴンの生息する大浦湾に基地は要らないの看板も立っています。
P1050510

湾を一回りした所が辺野古集落です。入口に一里塚があります。
P1050512

国頭方東海道がここを通っていたのでしょう。近くにアップルタウンの由来の説明もあった。
P1050514

この地区の造成は米軍と協力して行ったとか。沖縄の複雑さを見る思いでした。

|

« やんばるへ | トップページ | グスク巡り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤンバルクイナ:

« やんばるへ | トップページ | グスク巡り »