« ブランデー | トップページ | 京都 平野神社 »

飛鳥ミステリーストーン巡り

飛鳥には誰が何のために作ったのか良く解らない石造物がいくつもある。
今日はそれを巡ってみた。趣味人のクマさんと二人です。

まず橿原神宮前駅を出発、この石はなんでしょう(笑)
P1040274

東へまっすぐ飛鳥資料館を目指します。その間も古墳があったり、宮殿跡があったり、風情は最高です。
このあたり、何を見ても古墳かなと思ってしまいます。豊浦寺跡、甘樫坐神社をみて甘樫丘を見ながら資料館までは約3キロです。

今日は無料開放でした。
P1040318

ここでは石人像という噴水の石が見られます
P1040343

屋外屋内にいろいろあるのですが、ほかは皆レプリカです。ここで昼食休憩しました。
飛鳥坐神社を見て飛鳥寺に行きます。この裏手に蘇我入鹿の首塚がありました。
高見山の麓にも首塚があったような。
P1040390

次いで酒船石です。用途はよく解っていない。
P1040405

すぐそばに亀形石造物がある。ここは300円要る。天皇の祭祀に関係があるのではと。
保存のため埋め戻される可能性もあるとか。
P1040419

石楠花の岡寺を見に行きましたがしんどかった。
P1040440

次に有名な石舞台です。何十年か前に桜井から談山神社を経て歩いてきたことがあるのですが、今はすっかり開けて、昔の面影はありません。しかも有料です。
P1040455

近くにあるマラ石です。以前は垂直に立っていたのではないかとも言われる。
P1040474

橘寺の境内にある二面石です。こちら側は善人の顔、向こう側は悪人の顔とか。
P1040486

次いで亀石です。これも用途不明です。
P1040504

昔悪い鬼が居て、霧を発生させて旅人を迷わせ、捕らえてこの上で料理したという、鬼のまな板です。
P1040508

その鬼の雪隠です。
P1040520

欽明天皇陵の傍にある吉備姫王墓に猿石と呼ばれる石造があります。
手前、山王権現、奥が女と呼ばれています。
P1040529

男です。
P1040537

僧と呼ばれています。
P1040540

一応今日の予定は終わりましたが、暑くて一寸疲れました。
おかげで橿原神宮前駅で飲んだ冷たいビールが美味しかった。
クマさんさん、お疲れ様でした。

|

« ブランデー | トップページ | 京都 平野神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56078/48053916

この記事へのトラックバック一覧です: 飛鳥ミステリーストーン巡り:

« ブランデー | トップページ | 京都 平野神社 »