« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月に作成された記事

2009/09/25

鯖街道

2009年9月20日~22日
鯖街道を歩いてきました。

P1000707

鯖街道は1本ではなく、いろいろな鯖街道がありました。
その中で、針畑川沿いのこの道は、古い鯖街道であり、京への最短距離でもありました。

京は遠ても十八里、実質二十里以上のこの街道を二泊三日で歩きます。

詳しくはホームページでどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/23

海のある奈良

若狭の国・小浜のことです。

古くより若狭の国は淡路や志摩と並んで御食国(みけつくに)と呼ばれてきました。
神や天皇に捧げる食物を供給する国のことです。

その小浜から京都へ海産物を運んだ街道を鯖街道と呼びました。
今回、歩いてきたのですが、詳細は今レポートを作成中です。

最終日小浜観光をしたのでここに載せます。

鯖街道の基点 いずみ町商店街です。
P1000809

小浜は人口の割りに非常にお寺が多く、海のある奈良と言われます。
P1000777

京都や奈良にちなんだ地名もあります。
P1000776

三丁町というのが古い町並みで有名です。
P1000778

P1000784

不老不死の人魚・八百比丘尼伝説があります。
P1000766

P1000798

八幡神社は小浜・放生祭が行われます。
P1000797

P1000801

鯖街道の途中、遠敷(おにゅう)にある神宮寺は奈良の東大寺にお水送りをしています。
P1000749

シルクロードの終点は中国の西安ではなく奈良だという説は聞きますが、小浜では小浜が終点だと言っています。
一寸無理があるように思いますが、神宮寺と東大寺と熊野本宮が一直線に南北に並ぶと言われると、信じても良いかも。

ともかく小浜は、歴史もあり、魚も美味しい素晴らしい国です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

石清水八幡宮

京都の南、大阪府との境辺りにあります。
最寄り駅は京阪電車の八幡市駅です。

P1000509

全国に一番多いのが八幡神社でしょう。
近くに飛行神社というパイロットの神様もあります。

P1000508

零戦のプロペラが祀られていました。
男山の山頂にあるのでケーブル電車もあります。

標高は150m程度と思いますが、毎日散歩するには最適の登り道ですね。
本殿の上に聳える天守閣みたいな建物は珍しいですね。

P1000514

P1000515

本殿の裏にあったのですが、男性用の神様(左側)と女性用の神様とか。
中腹に松花堂跡がありましたが、弁当で有名な松花堂らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/17

餃子の王将

餃子の王将は関西では人気チェーンだ。
すべての店が黒字ということで、よく経営雑誌にも取り上げられる。
安くてお値打ちなのと基本メニュー以外は店長の采配でメニューが自由らしい。

私もよく利用する。
最近、難波の店に入って、やきそばの大盛りを注文した(笑)。

税込みで370円が並なので、メニューには無かったが注文してみた。
すると、しっかり大盛りになっていて、食べきるのに苦労した(汗)。

値段も100円だけアップで、しっかりお得でした。
私はやきそばが好きなんです。

でも、ほんとに完食には苦労しますよ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/12

夕食

秋の味覚の夕食ですが、やはり焼き松茸でした。
考えて見ると松茸料理って限られてますね。

P1000502

焼き松茸、土瓶蒸し、松茸ご飯、他に何がありますかねえ。
子どもの頃はすき焼きには必ず入っていましたけどね。

P1000504

栗がありました。季節の味覚ですねえ。
明日は松茸ご飯期待ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の味覚

1昨日近くを散歩していたら大きな栗の実がなっていた。
秋だなーと感じました。

Dvc00001

昨晩、山の会の残暑パーティーがありました。会員のKさんから松茸の差し入れ付きです。
久しぶりに焼き松茸を存分に食べました。

Dvc00002

しかも、こんなお土産まで頂きました。

Dvc00016

Kさん、本当に有難うございました。
今夜はどんな松茸料理がでてくるかなあ。

楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/06

木曽古道を歩きました

2009年9月5日
気になっていた木曽古道を歩いてきました。

上松町のホームページで渡渉できないとなっていた萩原沢も無事渡れて
すべてのルートを歩くことが出来ました。

思った以上に古道の雰囲気が残っていて、非常に楽しい1日が過ごせました。
詳細はホームページでご覧ください。

P1000403

写真はこれから萩原沢へ降る地点ですが、遠くの鋭鋒は中央アルプスの稜線のようです。
方角的に空木岳への稜線のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »