« アサリの中華風炒め | トップページ | 徳川美術館 »

2009/06/29

江戸まで半分

2009年6月27日(土)
中山道を歩きました。

木曽福島駅~宮ノ越宿~藪原駅です。
この地域は木曽義仲が生まれ育った地で、巴御前と共に史跡やお墓、菩提寺などがあります。

P1160219
写真は宮ノ越宿の近くにある木曽義仲の菩提寺 徳音寺です。
巴御前と義仲の御霊屋です。

木曽福島はこの地方の中心地で関所も置かれました。
谷底の街といわれた地形を生かして、しっかり通行のチェックをしたようです。

P1160069
写真は木曽福島の上の段入り口です。
唯一、大火から焼け残った地域で、古い町並みが残ります。

この木曽福島と宮ノ越宿の間が中山道の中間地点でした。
去年の正月に京都の三条大橋を出発して1年半かかりました。
後268キロ位です(笑)。


詳しくはホームページでご覧ください。

|

« アサリの中華風炒め | トップページ | 徳川美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸まで半分:

« アサリの中華風炒め | トップページ | 徳川美術館 »