« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月に作成された記事

2009/05/27

馬頭観音さま

私が街道を歩いていると道端に祀られているのはほとんどが馬頭観音です。
他の観音さまは見た記憶もないほどです。

頭上に馬頭を戴いたその姿から馬の守護神とされ、その馬は古くから我々人間の農耕のパートナーとして、また旅人の乗り物として密接なつながりもあったことから、その馬が死んだ時とか、旅の安全を祈願する時とかに祀られてきたのでしょう。

仏教の世界で六道を司るのが六観音だそうです。
天上道ーーーーー如意輪観音
人間道ーーーーー不空羂索観音(准胝観音)
阿修羅道ーーーー十一面観音
畜生道ーーーーー馬頭観音
餓鬼道ーーーーー千手観音
地獄道ーーーーー聖観音
という関係だそうです。
個々の道の意味について深くは知りません。ただこの六道に当てはまらないものを外道と言うようです。

なので馬頭観音さまは畜生道を司るわけです。
畜生道は牛馬のように殆ど本能ばかりで生きる世界である。
自力で仏の教えを得ることができない救いの少ない世界とされています。

まあこれは馬頭観世音が頭上に馬頭を戴く姿なので後から作られた話かもしれません。
観音さまはいろいろな姿に身を変えて現世に現れ、我々を救うと言われ、三十三化身と言われ後に三十三観音や三十三霊場に発展したようです。

その三十三化身のうちで唯一憤怒の相を現しているのが馬頭観音さまだそうです。
その怒りが強いほど人を救う力が大きく、馬は人々の悩みや苦しみを食べ尽くすそうです。

梵名(サンスクリット)ではハヤグリーフで馬の首という意味だそうです。そしてこれはヒンドゥー教の最高神ヴィシュヌの別名だそうです。この辺りに馬頭観音さまのルーツがありそうですね。

でも難しい。調べだすときりがないですね。
勿論ここに書いたのはネットのいくつかの資料の受け売りです。
私がそんなに詳しくしっているわけないですよね。

でもこの程度しらべておくと、次回馬頭観音さまにお会いしたとき
お参りのしかたが違うかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/25

サイパン

1年ぶりのサイパンです。
この時期、5月~6月がサイパンの海としてはベストシーズンです。

2009年5月23日
深夜1時半着で寝たのは3時、なので11時のピックアップにしてもらいました。
1本目はグロットです。

有名な洞窟のポイントで、世界的にも有名なポイントでしょう。
P1150712

P1150715

近くのバードアイランドです。
P1150724

2本目はウイングビーチ。
冬は海が荒れて潜れない北部のポイントです。
しかも今日はビーチエントリーでした。
P1150751

P1150739

DFSで高級な酒を見つけました。
CAMUSで2500ドルですって、最高ですよね。
P1150757

夜は中華料理でした。

2009年5月24日
今日はボートダイビングです。
ハファダイビーチホテルはガラパン地区と呼ばれる繁華街の中心にあります。
DFSは目の前だし、スーパーマーケット、飲食店など便利です。
P1150768

北へ向かう海はまったく穏やかです。
1本目はウイングビーチ、昨日のポイントをボートで潜ります。
P1150774

クレパスに潜りますが地形は素晴らしいですね。
尻尾の長いエイが通りましたが、マダラエイかな?
P1150778

2本目はスポットライト
ここも初めてのポイントです。
P1150814

洞窟に入ると天然のスポットライトが鮮やかでした。
私もスポットライトを浴びているところを写してもらいました。
P1150825

カツドンの昼食の後、3本目はオブジャンにしました。
癒し系の海です。
P1150866

今日は完全な引き潮です。
こんなに引くのは年に1回位だそうです。
P1150849

ホテルに帰って機材を洗い、7時の夕食までの時間が至福の時間です。
テレビを見ながらビールでのんびりします。
ジンロが安いんです。360mlで1.75ドルなんです。
P1150874

夜も居酒屋でジンロを頼みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/15

熊野懐紙

先日、名古屋市博物館で開催している本願寺展を見に行きました。
西本願寺の宝物展ですね。

その中に熊野懐紙がありました。
国宝ですって。

後鳥羽上皇が何回目かの熊野詣での途中、切目王子(和歌山県印南市?)で開いた歌会の記録でした。
上皇はサインせず、それ以外の読み手は官位と名前を書いてとか説明してありました。

かって紀伊路を歩いたことを思い出して懐かしかった。
五躰王子と言われる藤代王子や滝尻王子などでも歌会を開いていたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/10

安曇野 北アルプス展望のみち

「美しい日本の歩きたくなる道500選」というのがあるそうです。
調べてみると各県に10~12ヶ所選定されています。
長野県でも12ヶ所選定されていて、その中で第1位がこの「安曇野 北アルプス展望のみち」でした。

今日はマスターズ山歩会の皆さんとウオーキングです。
JR大糸線の安曇追分駅近くに池田町のクラフトパークというのがあります。名古屋から高速で3時間でした。
ここの駐車場に車を置かせてもらって10時過ぎにスタートです。

P1150546
スケッチに来ている人も多い、後立山方面

ここからの展望は素晴らしく、南の鍋冠山をスタートに蝶、常念、燕、から遠く鹿島槍、白馬まで見えます。
この日は若干春霞ですが、それでも感動ものでした。

山の名前を書いた地図が必要ですね。是非手に入れてから歩くのをお奨めします。
池田町か大町市の観光課や観光協会に頼めば送ってもらえるのでは無いでしょうか。
ガイドブックもあると思います。

メンバーのTさんは、残雪の消える形を写真で載せてあるガイドブックを持っていました。
山名の同定に有効ですね。

P1150552
左から、鍋冠、蝶、常念、大天井、有明(雪無し)、燕・・・餓鬼

今回は時間の関係で、池田町の中ほど道祖神で引き返すコースでしたが、大町市の最後まで行く20キロほどのコースを歩きたいですね。
そうするとやはり1泊コースですかね。

やはり池田町では常念、大天井、燕、餓鬼岳などがきれいです。
大町辺りでは針の木~白馬までの後立山連峰がきれいなのではないでしょうか。

P1150573
針の木、蓮華、爺、鹿島槍、五竜、鑓、白馬

お昼はコース途中の信州そばが良いでしょうね。

P1150581

この日は車中から南アルプスや中央アルプスもきれいでした。

P1150595

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/08

海人(うみんちゅ)の街

昨晩飲んだ宮古島のKさんが、「自分が子供の頃言うことを聞かないと、糸満に売ってしまうぞと親父に言われた」と。

それだけ糸満の追い込み漁は厳しい仕事だったのだろう。
ミーカガンという水中眼鏡を開発し、多人数の追い込み漁という形式も開発した糸満の海人は、沖縄だけでなく日本各地いや東南アジア各地でも活躍したとか。

そんな糸満に海人の街の面影が残っているか見に行きました。
旭橋を8時40分頃でるバスに乗るとたくましそうな小母さんが数人乗っていました。

昔、海人の夫が獲ってきた魚は、奥さんが買い上げて那覇へ行商に出たという。
なので今も夫婦の財布は別だという。
そういう女性はアンマーと呼ばれ、いまもアンマー市場があるという。

ユイレールの赤嶺駅でユイレールと別れてバスは南下する。
豊見城市を縦断すると糸満市です。

P1150470
中央市場

どこで降りようかなあと思ったが、とりあえず終点のバスターミナルまで。
海岸を一巡りした後糸満ロータリーへ戻ってくる途中、左手が糸満漁港でその前が糸満中央市場の入り口だった。入り口の角にはアンマー市場があった。

P1150469

中央市場は昔の古い市場で何でもあるが寂れていた。アンマー市場は魚市場で、当然アンマーが中心でいろんな魚を裁いていた。ここは今も賑わっているようです。

P1150472

糸満ロータリーの角にお墓に入るような道があったので入ってみた。立派なお墓がいくつか並んでいたが、その中に南山王他魯毎の墓というのもあり驚いた。
三山時代の南山王の一人の墓なのだろうか。

P1150478

ふと上を見上げると東屋のような物が見える。展望台が有りそうなので道を探して登ってみた。居合わせた小母さんに聞くと、ここは城跡ではなく昔からの公園で、自分が小学生の頃も遠足に来たとか。

P1150485

糸満市街が一望できる山嶺毛(さんれいもう)という展望台でした。
昔の展望写真が展示してあるので、目の前の町並み風景と比較できる。
昔の町並みは沖縄風の民家の町並みだが現在の町並みは洋館で東南アジアへ行ったようです。

P1150483
昔の糸満

P1150484
現在の糸満

露地を少し歩いたあと白銀堂へ行った。ここは海人の守り神です。
今日もアンマーらしい小母さんが二人、お供えを上げて一心不乱にお祈りしていました。
私もお賽銭をあげてお祈りしました。

P1150490

P1150494

白銀堂の前から港に出て、水産高校の前を通って左折、しばらく歩くとファーマーズマーケットです。農産物の市場ですね。ここは近代的な市場です。
隣がお魚センターで10軒位の魚屋さんが店を出しています。
イラブーを売っていたりします。後はミーバイ(ハタ)が多いですね。
蒲鉾屋さんもあります。糸満の名物ですよね。

P1150504

P1150505

一寸離れた所にまぐろ基地という食堂があります。
漬け丼セット1000円と生ビールを頼みました。
サイドメニューの天ぷらでビールを飲んだだけで満腹になってしまう、すごいボリュームでした。

P1150508

近くに比嘉酒造の展示館があるはずですが疲れたので帰ることにしました。
バス通りまで20分ほど歩いている間にバスに抜かれました。バス停があるみたい。

午後は県立博物館へ行こうと思っていたので赤嶺で降りてユイレールに乗り換えました。
県立博物館は以前首里城の近くにありましたが、遺跡の発掘とかで今はおもろ町にオープンしています。美術館も併設されています。

P1150512
日銀那覇支店

移転してからは初めての訪問です。
駅から5-6分、日銀の那覇支店の建物も沖縄を意識しています。
連休中ということで博物館も家族連れなどで賑わっています。良いことですね。

屋外展示物も沖縄の民家など充実しています。
屋内は撮影禁止で紹介できないのが残念ですが、考古学的なものから沖縄の歴史、動植物の生態など映像も交えて豊富なので、じっくり見ると半日は充分かかるでしょう。

P1150516

午前中に訪ねた糸満の海人のことも詳しく紹介してあり興味深く見学しました。

隣の安里駅に移り栄公設市場へ行きました。
ここは結構賑わっている市場です。良い居酒屋があると聞いたので次回の下見です(笑)。

牧志の公設市場の近くへ移り、お土産をあさります。
最近マース屋(塩屋)が人気ですね。
沖縄だけでなく全国の塩も売っていて大勢のお客が入っています。

P1150528

島らっきょう、ソーキ、ミミガー、かまぼこ、豆腐ヨウ、スーチカそして塩を買いました。
お酒は宿の近くに酒問屋があり、そこで「まさひろ」「菊乃露」の古酒を買いました。

宿に帰り、昨日の残りのつまみでビールを飲み、沖縄最後の夜はまた天地へ飲みに行きました。飲み疲れたなあ(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/07

豆腐屋食堂

今日もダイビングですが10時15分ピックアップと遅い。

P1150428

P1150429

朝飯前の散歩に三重城跡に行った。
朝食はインスタントラーメンです。美味い(笑)。

P1150430

また散歩に、今晩行く予定の豆腐屋食堂の場所を確認に行った。
沖縄の食べ物は、ゴーヤチャンプルとかソーキそばが有名ですが、私は島豆腐が好きです。

P1150432

しっかりした豆腐で豆腐チャンプルなんかに欠かせません。
おでんの厚揚げは最高です。

それで豆腐が主役の食事がしてみたくて、沖縄本で探したのでした。
木の上の食堂も気になっていますが、ここは見るだけです。

P1150434

ダイビングは真栄田岬で1本、2本目は砂辺でした。

P1150440
オラウータンクラブ

P1150455
ソフトコーラルとカマス

帰ってシャワーを浴びたあと豆腐屋食堂へ出かけました。
泡盛を頼んで、冷奴、ゆしどうふ、コロッケ、ハンバーグ、厚揚とフルコースで頼みました。
お勘定は1750円と、やはり豆腐は安いですね。

P1150460

部屋に帰ると、またおでんが置いてありました。今度はラフティ付。
おばさん、今回は大サービスですね。

P1150462

近くのコンビニで泡盛を買ってきて、部屋で飲もうと思ったら
前回飲んだ宮古島のKさんが居ました。
懐かしくてまた二人で1本空けてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊野古道 一の水峠越え

このタイトルに多くの熊野古道通の人が「あれ、そんなとこ有ったっけ」と思われると思います。
私もそうです。

P1150244

昨年の夏、熊野の大丹倉に観光に行ったとき、穴山関所跡の説明があり、この道が重要な熊野参詣道であり関所を設けたとありました。

何、それじゃあ熊野古道だよねと言うわけで今回歩いてきました。
詳しくはホームページでどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/06

真栄田岬

4年ぶりくらいに真栄田岬にきました。
階段や施設が新しくなり、駐車場が有料になったと聞いていました。

P1150423

P1150422

青の洞窟ということでシュノーケラーのメッカになってしまいました。
対岸のリゾート地からも多数船が来ています。

P1150388

でも海の中はきれいで、ツバメウオは相変わらず居て、丸々と太っていました。

P1150393

きれいなウミウシもいました。

P1150412

夜はみなさんと飲み会でした。
3000円で飲み放題、食べ放題はお値打ちでした。

P1150425


| | コメント (0) | トラックバック (0)

那覇

5月1日、久しぶりに那覇空港に最終便で降り立ちました。

早速、バロンさんから携帯メールです。
バロンさんとは面識はありませんが、今回ネットで飲もうと約束していました。

松山の近くのホテルで落合、「りょうじ」という居酒屋へ。
ここは結構有名ですが、私は初めてです。

P1150372
写真はいかすみ焼きそばです。

その後「天地」へ。

P1150377

民宿に帰るとおでんが置いてありました。
おばさんのサービスです。

P1150379

明日はダイビングです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »