« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月に作成された記事

2009/04/21

熊野古道 伊勢路図絵

4~5日前新聞に出ていたのですが、ようやく今日手にいれました。
近くのドコモショップに電話して在庫を確かめてから貰いにいきました。

三重県の東紀州対策室とNTTドコモの共同制作みたいですね。
A438ページの力作です。

P1150181

伊勢神宮の内宮から新宮の速玉大社までの熊野街道伊勢路のイラストマップです。
中身を見せてもらいましたが、さすがの力作ですね。
実際に歩いた人でないと描けない内容です。

P1150182

これまで市販のガイドブックの中には、この人ほんとに歩いたの?と疑問を感じる本もありました。
でも、このマップは本物ですね。

私の歩いた路も、このマップと比べると、いろいろ間違った路を歩いたようなので、近いうちにこの本片手にもう一度、間違い探しの旅をしてみようかなと思っています。

ノッティさん始め、伊勢路イラストマップ探検隊の皆さんありがとうございます。
そしてご苦労様でした。
今後とも頑張ってください。

一つ疑問があります。
伊勢内宮から速玉大社まで170キロと書かれているのですが、曲がりくねった山道を考えると200キロはあるような気がするのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/20

中仙道 木曽路 与川道

中仙道の妻籠から木曽川へ降ってくると、そこは三留野宿です。
これから街道は木曽川に沿って野尻宿、須原宿へと進むのですが、この間は非常に川沿いが急峻で、度々川留めが行われたそうです。

P1150037

それを嫌って遠回りで峠越えではあるが脇道が造られました。
今回、その脇道と木曽川沿いの本道を両方歩いてきました。

P1150100

詳しくはホームページでご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/19

木曽路 西尾酒造

先日Iさんと木曽路の馬籠-妻籠を歩いたとき、南木曽駅前の食堂で、どぶろく風味の杣酒の看板があり注文したところ品切れでした。

店のご主人曰く、ここから四つ目の駅で作っているとか。
それが須原宿で、今回訪れました。

P1150156

旅行記は後日アップするとして、今回はお酒の部分(笑)。
須原宿脇本陣の西尾家は江戸時代から引き続いて酒蔵を営んでいます。

P1150157

早速入って注文すると女将さんが一寸待てという。まず試飲しなさいということで冷蔵庫から8種類のお酒を試飲させてもらった。

P1150158

清酒が5種類、濁り酒が3種類。やはり美味しいのは絞りたて大吟醸。4600円は高いけど、今朝瓶詰めしたという言葉には負ける。清水の舞台から飛び降りたつもりで購入した。

P1150173

もう一品、濁り酒も杣酒とは別の生原酒を購入。大枚6200円を投入した。
女将さんの薦め上手に気持ちよく乗った感じです。

P1150177

家に帰って早速ちびりちびり。
大事に飲んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/17

源泉掛け流し

最近「源泉掛け流し」という言葉をよく耳にします。
源泉をそのまま浴槽にいれ、沸かしたり薄めたりしないということでしょうね。
リサイクルもしていないということでしょうね。

でも非常に疑問を感じます。
私たちの最適温度は42度近辺ですよね。
でも、この最適温度で湧き出してくるおんせんなんて限られています。
また、源泉から各旅館へ送る間に温度は下がります。
送る距離に寄っても下がり方はいろいろです。
夏と冬では下がりかたも変わります。

Img_1539
写真は青森県の不老ふ死温泉です。

私が言いたいのは、源泉掛け流しで適温の42度前後にするのは難しいのではないかということです。
適温にするには水で薄めるか暖めるか、草津の湯もみみたいに空気にさらすか、なんらかの方法が必要です。
源泉掛け流しで適温になる温泉は無いのではと思います。

ちなみに私の家も温泉付住宅地で、掛け流しですが水で薄めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/11

田植え

残念ながら私は都会育ちなので農業はさppりわかりません。
でもここ長島に来て35年、毎朝犬の散歩をするので、四季のうつろいは解ります。

2-3日前から田植えが始まっています。
この地方では一番早いのではないでしょうか。
遅いところとはⅠヶ月違いますね。

P1140823

伊勢湾台風にやられた経験から早くしたのでしょうか。
夏も近いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/06

フライング

うちのみーちゃんですけど。
夜は廊下にふとんを敷いて寝ています。

一応境界線は判るとみえて、普段はこの位置で待ちます。

P1140816_2

でも、ともすればここまで出てきます。

P1140814

フライングだけど本人はあまり気にしていないみたい。
本人じゃなく本犬か(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/05

柿の葉寿司

吉野のお土産としてはやはり柿の葉寿司でしょうか。
他に葛とか佃煮なんかもあるようですが、私は柿の葉寿司ですね。

南朝が吉野にあったころ、熊野灘で獲れた鯖を東熊野街道を通って、後醍醐天皇に献上されました。
日持ちするように工夫して食されたのが始まりみたいですね。

P1140818
これは駅の売店で買ったのですが、名店がいろいろ有るみたいですね。

そのとき良い器が無かったので柿の葉を器の代わりにしたとか。
また柿の葉で包むことにより更に日持ちしたとか言われています。

P1140820
横にあるのは熊野で買った「うつぼ」のから揚げです。

美味しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/01

海人の街 糸満

沖縄本島南部に糸満市があります。
最近合併して南部戦跡なんか包括した町です。
ダイビングポイントの大渡海岸なんかも含まれるようです。

合併前の糸満は海人(うみんちゅ)の町と言われました。
要するに漁師町です。
でもその漁はどんな漁だったのか?
私は追込み漁なんか想像しています。

そこにはアンマーと呼ばれる漁師の奥さんがいて、漁師が獲ってきた魚を買い取って行商に出たという。
だから今でも旦那と奥さんの財布は別だと言う。

そんな糸満にゆっくり行ってみたいなと思って、今度のゴールデンウイークに行くことにした。
勿論ダイビングもします。

糸満のマチガーを歩いて、なんとか食堂で泡盛でも飲むのが目的です。
その頃沖縄に居る人、連絡してください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »