« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月に作成された記事

2008/07/30

北ア 白馬岳 その2

2008年7月27日

今日は白馬山頂で御来光を拝むということで4時出発となりました。今日の日の出は4時50分、山頂までのコースタイムは35分です。
朝食は弁当ということで、昨晩のうちに朝昼2食の弁当を貰っています。

P1070684

外に出るとガスっていて、とてもご来光は拝めそうにありません。ともかくヘッドランプを着けて4時5分には出発しました。白馬山荘まで20分。この山荘は北アルプス随一の規模だそうで、収容人員は1000人とか。村営宿舎は200人です。

考えることは皆同じで、皆続々と山頂を目指します。山頂付近になるとご来光を諦めた人が下ってきました。
4時47分に山頂到着、ひどいガスでご来光どころでは有りません。記念写真を撮っていると、ますます混雑してきたので、15分ほどで山頂を後にしました。

P1070686

細い尾根道を40分、5時43分に三国境に着きました。稜線は渋滞しているのでコースタイム通りには進めません。

P1070706

P1070715

ここは一寸広場になっているので朝食の弁当を食べました。ここから雪倉岳への稜線が分かれますが、人は少ないようです。大部分の人は我々と同じく白馬大池を目指します。この稜線歩きは花の好きな人には応えられないでしょうね。

P1070691

なかでもコマクサの群落は凄いですね。雪倉岳は更に花が多く人も少ない、お奨めのコースだそうです。地形図にも白馬連山高山植物帯と書かれています。

P1070712_2

P1070725

6時に三国境を出発、小蓮華岳(2769m)へ6時47分の到着です。白馬の山頂は相変わらずガスで見えませんが、付近の山々は大分見えてきて、良い気分の尾根歩きです。

P1070717

小蓮華岳をすぎると2612mのピークの左手に白馬大池が見えてきます。雪倉岳方面の眺めは緑の絨毯に豊富な残雪が残って、本当に素晴らしいですね。

P1070741

P1070751

相変わらずの高山植物も楽しみながら、1時間40分掛かって8時26分に白馬大池の山荘に着きました。

P1070746

P1070757

この白馬大池の豊富な水はどこから来るのでしょう。雨水と雪解け水だけで、こんなにあるのは不思議ですね。
ここで大休止してトイレを借りましたが、皆同じ思いなので行列が出来ます。特に女性は大変ですね。人の少ない平日に歩きたいですね。

P1070763

30分近く休憩して出発しました。白馬大池の標高は2380m位、一旦2437mの乗鞍岳に登った後、天狗原へ下ります。

この道は白馬大池を一回りするようになるのですが、急ぐ場合は山荘に寄らず直接ピークから乗鞍岳に行けるといいなと思いました。

P1070773

池を巡る乗鞍岳への道は大きな石の上を歩く道で、すれ違いが出来ないため片側交互通行で時間が掛かります。50分掛かって大きなケルンのある乗鞍岳山頂です。

P1070774

P1070778

この辺り結構多勢の人が栂池方面から登ってきます。
天狗原の標高は2204mなので250m程の降りですが、これが思いのほかきつい。大きな石の重なる道で非常に歩きにくい。1時間一寸掛かって、天狗原の入り口風吹大池に着いたのは10時50分でした。そこから10分程木道を歩くと天狗原です。少し休憩。

P1070783

P1070791

栂池平は1840m程の標高なので後400m程の降りです。でも昨日と今日の行程で持病の膝が怪しくなってきました。時々チクッと痛みます。本格的な痛みが来るまえの前兆です。サポーターを巻いて予防しているのですが、1500mの登りは限界のようです。膝を庇いながらなんとか1時間で栂池自然園に降ってきました。12時16分でした。

P1070794

ここは多勢の観光客で賑わっています。自然散策の人気スポットなんですね。
ロープウエーは5分ほど歩いた所にあります。
70人乗りのロープウエーで6分、その後200mほど歩いて6人乗りのゴンドラに乗ります。これは20分掛かります。

終点の栂池高原駅で昼食の弁当を食べ、目の前の栂の湯で一風呂浴びました。湯上りのビールを楽しんでいると雷が鳴り雨が降ってきました。1時間遅れていたら大変だったなと幸運を喜びました。

事実、雷でゴンドラが一時止まったようですし、白馬岳付近の2800m辺りで雷に打たれたご夫婦が行方不明になっているというニュースを翌日の新聞で知りました。夏山の行動は午前中に終えるというのが、やはり鉄則ですね。

P1070797

上の写真はポスターです。晴れた日の白馬はこんな感じ(笑)。

白馬大池の駅へはタクシーで10分ほど1500円でした。3時18分の大糸線で2回目の反省会。その後松本での待ち時間におつまみを再調達して、3度目の反省会をしながら名古屋駅に着いたのは午後8時でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/28

北ア 白馬岳 その1

2008年7月26日

今日はやまびとの例会で白馬岳です。総勢14人、7時発のしなの1号で松本へ、途中寝覚めの床が見えました。

P1070580

大糸線に乗り換えて白馬へ。大糸線に乗るなんて何十年振りだろう。
白馬到着は11時4分、すぐタクシーに分乗して猿倉へ。タクシー代は3500円ほどです。猿倉の標高は1230mです。

P1070590

猿倉出発は11時40分、白馬尻の小屋へ向かいます。白馬山頂付近はガスで見えませんが、右手上空に明日の行程の稜線らしきものが見えています。

P1070593

P1070596

1時間程で白馬尻の小屋へ到着、雪渓からの風が急に涼しくなります。10分程休憩して水を補給、いよいよ大雪渓に向かいます。

P1070607

大雪渓は大学1年のときワンゲルの夏合宿で北アルプス初デビューの記憶があります。でも勿論何も覚えていません。半世紀近く経ってまた同じコースを登るとは、少しも進歩していないと思うべきか、そこまで健康で居られたことを神に感謝すべきか、なんて考えながら歩きました(笑)。

15分程で大雪渓に到着、アイゼンを着けます。初めてアイゼンを着ける人も何人か居るようです。付近の標高は1500m一寸と思います。ここから2300m付近の石室までが大雪渓です。目が弱いのでサングラスを着けました。表面が汚れているので要らないかもしれませんが。

P1070610

P1070612

1時23分に出発しました。この時間から登り始める人は殆ど居ません。我々が最後のようです。その点行列も無くて、降りの人も少なくて、静かで良かったです。ゆっくりしたペースで淡々と登って行きます。

P1070616

途中、白人の女の子が一人でアイゼンも着けずに追い越して行きました。外人さんのパワーには何時も脱帽です。

P1070620

3時3分、登り始めて1時間40分、石室にようやく着きました。ここでアイゼンを外して15分休憩、ほっと一息です。

P1070625

パトロールの人に話を聞くと、石室は地震で壊れて今は無い、現在はネブカ平と言うとか。また、小雪渓を越えて少し登った所に水場があるが、そこは落石の危険があるので、休憩はお花畑まで行ってすること。

P1070632

この辺りからは高山植物の宝庫に入ってきます。付近の峰も見え隠れします。

P1070628

3時57分、小雪渓を慎重にトラバースします。

P1070649

お花畑で休憩していると、先ほどのパトロールの人が追い抜いて行きました。団体名と泊まる小屋を聞いて行ったので、多分、村営頂上宿舎に報告するのでしょう。通常は4時までには到着してほしいでしょうから。この辺では、だいぶ疲れも出てきて、目の前に見えている小屋ですが、なかなか到着しません。お陰で花の写真が随分撮れましたが。

P1070653

P1070656

杓子岳への稜線も見えてきました。
P1070658

5時20分、ようやく標高2700mの小屋に到着しました。我々は個室を予約してあります。6畳部屋に5人ですが、やっぱり個室は落ち着きますね。

P1070664

食事はバイキング形式で、質量共に充分でした。土用の丑とあって鰻が出てきました。
ビールは500ml缶が700円です。お腹一杯食べて満足しました。

P1070671

P1070675

夕食後外に出てみると、白馬山荘の上に青空が広がり、明日に希望が膨らみました。

P1070676

部屋に帰って反省会を開いていると、足の筋肉が痙攣を起こしそうになって困りました。やはり歳の性でしょうか、衰えは隠せないですね(汗)。

P1070683

9時には消灯して、すぐ眠ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/21

お別れ

先日、中山道を歩いているとき、長年連れ添ってきたトレッキングシューズの靴底が欠けてしまいました。
何時から履いていたのかよく覚えていませんが、熊野古道の大半は一緒に歩いたと思います。
なので10年近いかも。

P1070541

一寸凹脚の私なので、靴の外側ばかりが減っています。
長い間よく耐えてくれました。

靴紐だけは新しいトレッキングシューズの予備に残して、本体は焼却処分ですね。
長い間有難うございました。

新品のシューズくん、又10年お付き合いください。

P1070579

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/20

中山道 高宮宿

2008年7月19日
先週に懲りず、今日も猛暑の中歩いてきました。

多賀大社の門前町でもある高宮宿、鳥居本宿、番場宿、醒ヶ井宿と今回は中身が濃かった(笑)。
中山道 近江路のハイライトかもしれません。

P1070487

上の写真は鳥居本宿に今も残る、赤玉神教丸の店です。
それと醒ヶ井宿の反省会場の飲み屋さんもなかなか良かったし。

P1070563

話がはずんだ鱒料理の居酒屋さん。

詳しくはホームページでどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/16

中仙道 武佐~愛知川宿へ

2008年7月12日

暑いさかりに熱中症も省みず、中仙道を歩いてきました(笑)。
近江鉄道の武佐駅~尼子駅です。

P1070248

写真は武佐宿の脇本陣跡です。
途中、五個荘は「てんびんの里」として近江商人発祥の地で有名です。

この日は夕食を孫のみゆちゃんと焼肉で食べました。

P1070385

詳しくはホームページでご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/13

八ヶ岳その2

2008年7月6日

6時前に起床、天気は上々です。昨日のしゃぶしゃぶの残り汁にうどんを入れ朝食にする。6時半過ぎに出発、行者小屋に向かう。20分程で中山乗越を越える。少し降って10分少々で行者小屋です。行者小屋の標高は2354mと地形図にあります。

行者小屋
P1070052

ここから道は2本に分かれる。直接赤岳に登る文三郎尾根道と地蔵尾根経由で赤岳と横岳の鞍部に登り赤岳展望荘を経由する道です。我々は後者を取りました。

赤岳を望む
P1070053

この辺で財布をテントに置いてきた事に気付き一寸心配です。
5分ほどの休憩の後出発、登り始めました。行者小屋から赤岳山頂までは標高差550mコースタイムで2時間です。2400mを過ぎる辺りからは急坂の連続で、森林限界を過ぎる辺りから稜線(2700m)までは鎖場や梯子場の連続だが、よく整備されているため危険は無い。

P1070060

ただ登り降りのすれ違いは難しいため、待ち時間も多くなる。
登るに連れて北側の展望が開け、横岳・硫黄岳への稜線や遠く蓼科山の姿も見えてきます。急登に息を切らしながら、8時24分、ようやく地蔵さんが祀られている稜線にでました。

稜線直下から展望荘と赤岳
P1070070

横岳への縦走路
P1070071

稜線の向こうは山梨県になるのでしょうか緑の絨毯が広がっていました。西に目を転じると、雲の上に北アルプスの峰がかすかに見えます。中央アルプスも見えているのでしょうか。

赤岳の手前に赤岳展望荘があります。少し休憩した後、最後の登りに入ります。最後の登りは200mほどですが、これも急登です。荷物を持っていたら相当厳しい登りです。

P1070085

また落石を起こさないよう注意が必要です。
救いは高山植物です。特にこの梅雨の季節はお花畑が真っ盛りです。

イワカガミ
P1070057

ミヤマキンバイ
P1070075

イワウメ
P1070076

クモマグサ
P1070077

オヤマノエンドウ
P1070080

ミヤマシオガマ
P1070081

ハクサンシャクナゲ
P1070089

ツガザクラ
P1070091

花の名前には自信がありません。間違いはお許しください。又、ご指摘お願いします。
写真を撮りながらゆっくり登ります。40分掛かってようやく赤岳頂上小屋です。

P1070094

到着すると我々より後に出たはずの例の外人さんグループが休んで居るのにびっくりしました。行者小屋から直登のルートできたらしいが、それにしても足が速い。

山頂は30mほど先のピークです。2899mの山頂には神社が祭られています。9時18分の到着でした。

P1070095

P1070096

360度の展望ですが遠くの山々は霞んでいます。東と南は雲が湧き出していて富士山は見えません。南アルプスは雲の合間からちらちら見えています。

縦走路の右が山梨側、雲が湧いている。
P1070107

南アルプス側
P1070105

赤岳鉱泉側
P1070100

9時40分まで休憩して降りに入りました。帰りも同じ地蔵尾根を降りました。やはり鎖場や階段は怖いので、慎重な人が居ると結構時間がかかります。

P1070111

行者小屋到着が11時25分、赤岳鉱泉到着は12時でした。
財布の無事を確かめて、缶ビールを一寸一杯、800円のラーメンを食べました。

P1070114

しばし休憩の後テントを撤収、荷物を纏めました。お酒と食糧は減っているはずですが、行きとほとんど重さは変わらないようです。

そのうち例の外人グループが硫黄岳まで縦走して帰ってきました。すごい脚力です。我々でも無理すればできそうですが、コースタイムで7時間です。6時出発で、昼食休憩も考えれば14時到着でしょう。それから荷物をまとめて赤岳山荘まで2時間とすると17時になります。一寸無理かなあ。

60歳代と思われるご夫婦は、前日に赤岳展望荘に泊まり、今日縦走して12時過ぎに着いていました。この辺がまともな行程でしょう。

P1070115

2時20分、やや天気が崩れそうになるなか、重い荷物を背負って出発しました。降りですが荷物も有り、赤岳往復で膝も疲れているのでピッチは上がりません。登りと同じ2時間掛かって赤岳山荘にたどり着きました。

P1070117

途中、又外人さんグループに追い越されました。赤岳鉱泉に荷物を運ぶ歩荷(ボッカ)の人が登っていきました。そのうちの一人はネパール人で46キロの荷物を担いでいると言っていました。

赤岳山荘の駐車場でアブを避けながら車に乗り、諏訪南インターへ向かいます。諏訪湖サービスエリアでラーメンを食べました。ここは立ち寄り湯もあるようで、次回は利用してみようと思いました。

P1070127

車利用は便利ですが、車中での反省会が出来ないのが欠点ですね。豊田のIさんの家に車を置いて、知立の駅前でようやく反省会を開催しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/10

八ヶ岳その1

2008年7月5日
会社のIさんと八ヶ岳の赤岳へ行きました。

知立駅で8時にピックアップしてもらって一路中央自動車道の諏訪南インターへ。途中中津川インターで一旦降りて、通勤割引を効かすことは忘れない(笑)。諏訪南で降りて八ヶ岳ズームライン?とかの直線道路で八ヶ岳山麓に向かう。

P1060983

美濃戸口からは細い砂利道になり4WDでも厳しい道を八ヶ岳山荘の駐車場に着いたのは11時でした。

P1060984

八ヶ岳山荘で駐車料金2000円を払い、昼食の丼を食べ、身支度してスタートしたのは12時でした。
今日は赤岳鉱泉まで2時間の予定で、そこでテントを張ります。20キロ弱の荷物が肩に食い込みます。

P1060990

すぐ上の美濃戸山荘で道は北沢と南沢に分かれます。南沢は直接行者小屋への道、北沢は赤岳鉱泉への道です。
我々は北沢の林道に入りました。登山者の多くは南沢に入り、北沢は我々二人だけみたいな静寂に包まれています。

P1060997

林道終点が1時、ここから沢沿いの登山道になります。八ヶ岳山荘の登り口が標高1720m、赤岳鉱泉が2220mなので500mの登りです。最近は空身の登山が多いので荷物を担ぐ登山は全く自信がありません。

P1070003

今日は天気も良好で赤岳鉱泉に近づくと鋸のような横岳の稜線が見えてきます。中でも大同心の岩峰が圧倒的に迫ってきます。

P1070008

赤岳鉱泉到着は2時30分、テント場を確保して2張りの料金2000円を払います。
トイレは水洗でなかなか快適です。風呂は一人1000円で、Iさんは入りに行きました。3人ほどの狭い風呂だそうです。

P1070023

P1070024

屋外のデッキでは生ビールを飲みながらのんびりしている人も居ます。生ビールは800円、缶ビールは500円です。
我々も缶ビールを飲み、特選の日本酒を飲みながら、のんびり夕食までの時間を過ごしました。

P1070030

テント場は15か20位ありますが徐々に埋まっていき、夕刻外人さんを含む5組位のグループが来て、ほぼ一杯になりました。

今日の夕食はIさんの発案でしゃぶしゃぶです。自分たちの好きなものを腹いっぱい食べて、アルコールもそこそこ?飲む。これが楽しみで重い荷物を持って山に来ています。

P1070035

今日も肉600gと野菜いろいろ、お酒は日本酒、焼酎、ウイスキーを持参しました。
そのうち、先ほどの外人さんグループや隣のテントの人とも親しくなり、夜の更けるのも忘れて喋っていました。

P1070033jpgs

P1070043

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/04

インターネットバンキング

もう何年も前からインターネットバンキングを利用している。
こんな便利なものは無い。

銀行の窓口に行かず、パソコンから振込みができる。
いま銀行は窓口に来てもらうのを嫌っている。
何十年か前とは正反対です。

なので振込み手数料は窓口が一番高く、次いでATM、一番安いのがインターネットバンキングです。
ネットオークション、ネット通販、ネット証券、今やネットショッピングも日常のことになりました。

私も書籍、地図、山の道具、ダイビング機材など多くのものがネットショッピングです。
名古屋まで往復する時間と費用を思えば送料や手数料は安いものです。

でも失敗もあります。
先日も1万円の請求のところを10万円振り込んでしまいました。

ATMで現金を入れる場合はそんな馬鹿なことは無いのですが、
口座から振り込む場合はゼロ一つ多く打ってしまったのです(汗)。

たまたま残高も10万円以上あったので通って行ってしまいました(汗)。
勿論、相手の人が悪い人ではないので、すぐ返してもらいましたが。

地球温暖化防止にも役立つ、インターネットバンキングはお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »