« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月に作成された記事

2008/05/28

歴史街道

大阪に歴史街道推進協議会というのがあるようです。
近畿地方の歴史街道の全体像が掴めます。

P1060329

そこから、パンフレットと地図が発行され、送料だけで無料で送ってもらえるというので申し込みました。
先日届きました。

① 紀伊半島のみちとまちなみ
② いにしえのみちとまちなみ
③ 水辺のみちとまちなみ
④ 都へとつづくみちとまちなみ

の4冊の他に近畿地方の全体地図です。
これからのウオーキング計画に役立つと思います。

請求方法などホームページで見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/25

斎宮

斎宮というのは歴代の天皇の名代として伊勢神宮に仕えた女性斎王の住居と役所があった場所で、三重県の明和町にあります。
大阪から友達が三重に来たので、斎宮周辺の歴史散歩に行きました。
近鉄漕代駅で降りて、参宮道を一寸歩きます。

P1060212

これより外宮まで三里の石標からあぜ道に入ります。
祓川や神社跡など見ながら、斎宮歴史博物館を見学しました。

P1060226

博物館の中はフラッシュを焚かなければ撮影可能です。
次いで、すぐ前の古墳群を見物して奈良古道に入ります。

P1060236

斎宮の森の前を通り、「いつきのみや歴史体験館」を見学しました。
いろんな遊び、輿に乗ったり、蹴鞠なんかも体験できるそうです。

P1060249

P1060254

その後参宮道の雰囲気を少し楽しみました。
下の写真は街道沿いの立派な建物です。
街道に建物の「つま側」を面して建てられているのも、この地域の特徴でしょうか?

P1060263

2時間半ほどのウオーキングを楽しんだ後はやはりお酒でしょう。
鳥羽へ行って貝を食べることにしました。

駅前商店街に5軒ほど貝の店が昔からあります。

P1060275

地面に描かれた鳥羽の地図がきれいでした。

P1060274

サザエ、オオアサリ、アコヤガイ、ミルガイ、ハマグリなど食べて満足しました。

P1060279


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイビングリゾートくまの灘

2008年5月24日

およそ2年振りで熊野で潜ってきました。去年の秋も行ったのですが波が荒く熊野古道歩きに切り替えました。
今回は天気予報は雨で延期しようかと思ったのですが、同行者の都合がつかず強行しました。

尾鷲を過ぎると新しい尾鷲・熊野道路の一部が開通していました。新八鬼山トンネルで三木里へ抜けています。熊野までの海岸道路国道311号線はまだ一部狭い部分があるので今回は従来通り国道42号線で矢の川峠を越えました。もう少し開通するとダイビング後370mの峠越えが無くなりますね。

P1060308

伊勢自動車道の勢和多気からの高速も今年度中に紀伊長島の手前まで開通しそうなので、そうなると大分早くなります。

さて11時に熊野に到着。予想に反し雨はまだ降っていません。台風4号以来うねりがまだ収まっていないそうで透明度は期待できないそうです。
今日は天気予報が悪かった性か我々3人だけで海を貸しきりました。

1本目は左の岸壁沿い、2本目は正面の砂地へ行きました。水温は水面20度水底19度です。5ミリウエットの下にベストとマリンスポーツ用の長袖アンダーシャツを着込んだので、45分程のダイビング中はそう寒く感じませんでした。1本目と2本目の間の弁当時間中が寒くて震えていました。気温も水温と同じでしたから。
透明度は思ったよりはましで1本目は7~8m、2本目は5~6mかな。

P1060317

魚は結構居て、常連のネンブツダイやタカノハダイ、ソラスズメ、チョウチョウオ等の他に、クマノミ、イセエビ、アカエイ、ウツボ、ゴンズイ、コロダイ、タコ等が居ました。イワシか何かの小魚の群れも結構流れていました。
クマノミは結構大きくて越冬したのだなと感動ものでした。

潜っている間に雨が降り出し、本降りとなりました。なので水槽の暖かいお湯で露天風呂気分を味わった後、機材は濡れたままで持って帰りました。幸いこの日は東名阪の渋滞も無く、スムースに帰宅しました。

他の魚はホームページでご覧ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/20

西大台

5月18日

P1060123

7時朝食、8時過ぎに出発しました。入り口近くの大台教会(神道です)に参拝して、入り口に着くと、監視員が待っていました。入山名簿と照合して、マットで靴をぬぐって出発です。

P1060125

昨日の東大台と違って誰も居ません。ただしばらくはドライブウエーに近いので、時折車の音がします。
東大台が日出ヶ岳や大蛇ぐらのような眺望に優れた目玉商品があるのに対して、西大台は地味です。要するに原生林を楽しむということです。

P1060126

入って300mほど進むと道が分かれます。時計回りに進むか反時計回りにするかです。監視員が反時計回りが楽と言ったのでそうしました。

P1060130

ナゴヤ谷を過ぎて一寸した広場でバイケソウの群生があり、松浦武四郎の碑の案内があったので見にいきました。200mほど登ります。

元の道に返って来ると、何かの研修のような10数人のグループが居たので、やり過ごすことにしました。

P1060191

鹿の食害から植物を守るネットがいたる所にあります。中の谷を過ぎ、ブナの原生林を通って七つ池に着いたのは9時40分、コースタイム1時間の所を1時間半以上掛かっています。一寸ゆっくり歩きすぎたか。

P1060138

でも、この辺りの新緑は素晴らしく、何もコースタイム通りに歩くのが目的では無いので、のんびり、ゆっくりがお奨めです。

P1060142

ヤマト谷の川原で一休みです。10時30分に出発、開拓跡を過ぎ、開拓分岐の道標が10時45分、展望台に向かいました。

P1060145

P1060152

15分の登りで展望台です。ここからは昨日の大蛇ぐらや東の滝が見えます。ここに朝会った監視員の人が居ました。

P1060172

大蛇ぐらは光線の具合で鮮明には見えません。午後からの方が良いかも。
上の写真の稜線、右の端が大蛇ぐらです。

P1060160

東の滝です。
ともかく11時、ここで昼食にしました。弁当を食べ、ラーメンを作って、最後はコーヒーを作ってのんびりしました。
西大台はキャンプや焚き火は禁止ですが、バーナーでコーヒーを沸かすぐらいは良いということでした。

P1060166

本格的?ドリップコーヒーです。
丁度1時間休憩して12時に帰途に着きました。

ここで、同行のNくんが膝が痛いと言い出しました。日頃使っていない関節を急に二日間も使ったので関節炎を起こしたようです。

P1060175

私も同じ持病があるので、その痛さはよく解ります。膝が曲げられないのです。幸いなことに、ここからは15分降って2時間の登りです。登りはなんとかなるのです。

P1060179

開拓分岐から吊橋を二つ渡り、20分程登ると水平になり、タタラ力水、中の谷と過ぎて休憩。
付近の樹木は鹿の食害でしょうか、ひどいのもあります。

P1060180

P1060190

すると最後の登りですが、これはあっけなく朝の分岐点に出てしまいました。ここから400mで駐車場です。1時45分、開拓分岐からは1時間半でした。Nくんも頑張ったようです。

P1060203

帰り道は結構順調で、車中はKくんが運転、私とIくんは反省会と分業も成立しました、写真上(笑)。

途中、和歌山街道との交差点、三茶屋ではタコ焼ならぬスジ焼とかす焼をIくんが買ってくれました。
小名住人の小母さんと、タコ焼屋の小母さんと過疎の生活話がはずみました。

P1060206

P1060207


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/19

大台ケ原

大台ヶ原は東大台と西大台に分かれる。これまで東大台は3度ほど訪れているが西大台は入った記憶が無い。
また昨年から、西大台は利用調整が実施され、1日の入山者数を50人程度に制限しているという。我々も2週間以上前に申し込み、入山料1000円を払って今回に望んだ。

5月17日、朝7時に長島のわが家に集合、4人で車で出発した。
名阪国道の針インターから南下、途中宇陀のコンビニに寄ったりしながら、11時前に大台ヶ原駐車場に着いた。新緑のシーズンとあって駐車場は満車、バスツアーの観光客も多い。

P1060046

大台ヶ原駐車場は標高1570m程度、日出ヶ岳は1695m、東大台は眺望も良く、格好のハイキングコースです。
とりあえずビジターセンターに寄って、午後4時からの西大台利用レクチャーの確認をする。事前に30分のレクチャーを受けないといけない。
11時5分に駐車場を出発、新緑の遊歩道を日出ヶ岳に向かう。30分程で頂上直下の稜線に出る。頂上には展望台があり360度の展望が開ける。だが今日は春霞で大峰山脈もかすかに見える程度、熊野灘は見えない。

P1060053

10分程休憩した後正木峠に向かう。この道は登山道の上に立派な木道が付けられ環境破壊を防いでいる。早速、大台ヶ原名物の鹿が姿を見せる。10分程の登りで正木峠、ここのベンチで昼食にする。

P1060061

軽くアルコールも嗜みながら30分ほど休憩、正木ヶ原に向けて木道を降っていく。この辺りの枯れたトウヒも大台ヶ原の代表的な風景です。

P1060063

正木ヶ原から尾鷲辻へかけての笹原には多くの鹿が居たと思うのに、今回は殆ど居ない。
後で聞いたのだが、増えすぎた鹿を今年の春、駆除を試みたらしい。初日に5~6頭駆除したが翌日から警戒して出てこなくなり、それが今も続いているとか。

牛石ヶ原の神武天皇の像をみて、大蛇ぐら分岐の到着は1時40分です。多勢の観光客や登山者が来ています。ここからの景色は何時きても素晴らしいです。1000m切れ込んだ下には東の川(うのかわ)が見え、北東の千石ぐらの傍には西の滝が見えています。

P1060081

P1060088

引き返して、こんどはシオカラ谷へ向かいます。途中の道はシャクナゲの林です。まだ少し早いのか花はそんなに多くないものの、それでも素晴らしいシャクナゲが見られます。

P1060093

シオカラ谷到着は2時40分、川原に降りてしばし休憩です。新緑と清流、この組み合わせはやはりたまりません。

P1060095

ここからは一寸急登です。15分ほど頑張ると道はやや緩やかな登りになり、更に15分で駐車場です。
今日の宿は駐車場近くの大台荘です。新館の個室は9450円ですがモンベル会員は1割引でした。

P1060106

ビジターセンターでレクチャーを受けました。目新しい話はありませんが、入山に際し外来の種子なんかを持ち込まないため、入り口のマットで靴の裏をぬぐってから入るように言われました。

P1060102

大台荘の食事は豪華ではありません。山小屋と思えばこんなものですが、大台荘は車で物資が運べるのだから、もう少し良くてもいいと思うけど。

P1060110

食後、外のベンチで一杯やって、部屋に返ってまた飲んで、知らないうちに寝てしまいました。

P1060113

P1060118

明日の西大台に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/11

ダイビング飲会

P1060044

海人東海の飲みオフが名古屋であった。
場所はルーセントタワーの沖縄料理屋さん。
出席は9人で一寸さびしい。
3,4年前はこの3倍はあったかな。
出席者のダイビング本数も年々減っているらしい。
私もいっしょだけど。
新規加入者が少ないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/10

奄美大島

ゴールデンウイークに奄美大島に行きました。
まだ一寸水温は低めですが、太陽さえ照れば南の島です。

今回はコブシメの産卵シーンにめぐり合い、雌を取合って威嚇する雄同士の争いが圧巻でしたね。

P1050974

詳しくはホームページでご覧ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/01

鈴鹿峠越2

鈴鹿峠越えを一応完成しました。
ホームページでご覧ください。

P1050714


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »