« 筍 | トップページ | 東海道 鈴鹿峠越え »

2008/04/26

結婚式

今日は40年来の友人の息子さんの結婚披露宴に呼んでいただいた。
名古屋駅近くの結婚式場だったが、日柄も良いのか、5-6組の式が行われていた。

呼ばれた結婚式は最近には少数派となったかもしれない、お仲人さんをたてた本格的なものでした。
知り合いの結婚式場経営者によると、最近ではお仲人さんをたてない結婚式が主流だそうです。
その場合、結婚式場の売り上げは確実に二人分減ると嘆いていました。
ごもっともです(笑)。

P1050610

祝辞のなかで、もっともと思った言葉を紹介します。

「今回のご結婚は、結婚式でもありますが、ご子息の業界デビューの披露宴でもあります。」
なるほど。
オーナー社長の息子さんは結婚して初めて、将来の業界関係者として認められるわけなのですね。

次に
「これでご両親は半分肩の荷を降ろされたと思います。残りの半分は事業承継・・・・・」
ですね。

そう、これはオーナー経営者にとって永遠の課題ですね。
いつ、どんなタイミングで社長を譲るのか?

幸い私はサラリーマンなので、その心配はありません。
3人の息子のうち、最後の一人が残っているのが心配ですが。
誰かいい人居ませんか?

|

« 筍 | トップページ | 東海道 鈴鹿峠越え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結婚式:

« 筍 | トップページ | 東海道 鈴鹿峠越え »