« 沖縄の城めぐり3 | トップページ | 沖縄の城めぐり その6 »

2007/12/02

沖縄の城めぐり その4

再度、地図を頼りに城跡とおぼしき辺りを探してみたが、確証のもてる城跡は無かった。
どうも探す場所を間違ったらしい。

次に安慶名(あげな)城跡に向かう。ナビで近寄ると今回も別の場所へ案内されたが、だいぶ慣れてきたので今回は慌てず目的地に到着する。
P1020858

8号線から少し左折したところに公園駐車場がある。城跡とおぼしき方向に歩いて行くとそこは闘牛場だった。沖縄の新名所と書かれていた。奥へ歩いてみたが城跡らしきものは無く、小山を一周して元に戻ってきた。

よく見ると、樹の陰に石段があり山に登れそうだった。近づくと石碑があり安慶名城跡と刻まれていた。古城の雰囲気ある石段で、こちらの方こそ世界遺産に相応しいなと思わせる石段だった。石灰石の自然石をくりぬいた城門もある。
P1020866

登って城跡を歩いてみたが、規模は小さいものの全体に雰囲気があり、沖縄のグスク跡へ来たんだと思わせる城跡で、今回の私の一押しでした。

満足して近くの兼箇段(かねかだん)に向かう。
ここも一筋縄でいかなかった。めぼしをつけた丘辺りまではすぐ辿りついたが何も無い。2・3度丘の周りの細い道を廻って見たが何も無かった。諦めて帰りかかったとき、ふとひらめくものがありバックする。農作業のおじさんに「ここカネカダンですよね。ここから山頂へ行けますか?」「そうだけど、草ぼうぼうで行けないと思う。でも最近掃除してる人が居たから行けるかもしれない。」ということで行くことにした。
P1020875

わけなく山頂付近の崖下に来たが何も無い。崖を攀じ登って山頂に立つと、三角点が作られていた。城跡らしい遺跡は特に無かったが、一応満足して帰途についた。

兼箇段から勝連(かつれん)城跡へナビをセットして走っているうちに知花(ちばな)城が抜けているのに気が付いた。適当に右折して道を尋ねながら知花の交差点に着く。329号線を少し北へ行き、すぐ左折すると急な登坂の案内がある。登ると車が4~5台置けるスペースがあった。

階段を登り、少し風情のある石段や最近整備された階段を登ると、山頂は展望台が作られていた。帰りに鬼大城の墓を見に行ったが見当たらなかったので、時間も無いし引き返した。
さて時刻も4時になり日暮れも近い。今日はせめて伊計島まで行きたかったが無理っぽくなってきた。再度、勝連城跡にナビをセットして車を走らせた。現地に近寄ると、例によって道路案内とナビの指示が違ってくる。今回はナビを無視して道路案内に従い駐車場に着いた。観光客も多く、道路から見上げる城壁は立派だ。
P1020892

さすが世界遺産だけあって、城跡は広く眺望も抜群だ。建物の柱の礎石が残っているのも、今日廻った所ではここだけだった。
夕方の5時、どうしようかと思ったが、7時までに車を返すとなると58号線の渋滞も読めないので、ここで帰ることにした。
P1020904

案の定渋滞で、久米にたどり着いたのは6時半だった。
この日は若狭の天地で集まりがあり、宿で泡盛を少し飲んだ後、私も一寸顔を出し、旧交を少し温めた。

|

« 沖縄の城めぐり3 | トップページ | 沖縄の城めぐり その6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の城めぐり その4:

« 沖縄の城めぐり3 | トップページ | 沖縄の城めぐり その6 »