« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月に作成された記事

2007/12/30

湯泉地温泉

2007年12月29日
昨晩は8時過ぎには寝てしまったように思うが、今日起きたのも8時だった。11時間以上は寝たことになる。
今日は10時24分の村営バスで帰るだけなのでのんびりする。
P1030249

昨日の「しし鍋」の残りにご飯を入れた「おじや」が美味しい。奥さんが自家製の「橡餅」をお土産にくれた。
P1030250

時間があるのでぶらっと散歩にでる。上葛川は下界と隔絶されたような山間の集落だ。ゆっくりとした時が流れている。
来年の春、雪が消えた頃に、近くの「蛇崩山(じゃぐえやま)」に登ってみたらとご主人。蛇崩山から笠が岳を廻って帰ってこようかな。
P1030257

村営バスは11時ごろ役場に着いた。八木行きの奈良交通バスは12時28分発なので1時間半ある。この辺りは湯泉地(とうせんじ)温泉なので日帰り温泉もある。役場の横から橋を渡った対岸に「滝の湯」というのがあり行ってみた。
P1030260

村人は300円、我々は500円だ。内湯と露天風呂があり、露天風呂に入る。先客が一人居たが出て行くと我々だけになった。滝の音を聞きながら、またのんびりしてしまった。
P1030263

バスに乗り込むと、運転手さんが村営バスの運転手から預かったとかで、貰いすぎたバス料金60円を返してくれた。どういう連携プレーになっているのか。
数年前に大雨で崩壊した168号線の工事はまだ続いていて、対岸の迂回路をバスは行く。
P1030280

五條で降り、帰りは吉野口で近鉄に乗り換えてみた。
駅前の食堂でOさんと名残の一杯、缶ビール2本づつとだし巻きを食べて一人750円。ローカル線の良さがにじみでてますねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/29

玉置神社

2007年12月28日
この1年間よく働いたご褒美に「しし鍋」でも食べてゆっくりしようかと、大阪のOさんと玉置神社に出かけることにしました。
玉置神社は奈良県十津川村にあり、熊野街道南奥駈道の南の端近くにあり、熊野本宮まであと1日といった所に位置しています。
標高1076mの玉置山の頂上近くにあります。
P1030190

JR五条駅を10時27分発の奈良交通バスに乗ります。12時頃上野地と言って有名な谷瀬の吊り橋に着きます。ここで20~30分休憩してくれるので、吊り橋を渡ったり見物したりできます。
1時10分に十津川村役場に着き、ここで村営バスに乗り換えました。
滝からR425に入り上葛川を目指します。30分ほどで上葛川手前の玉置山登山口です。そこに民宿うらしまのご主人が待っていました。
ここから玉置神社まで車で送ってもらいます。民宿うらしまさんは南奥駈を歩いた時3回お世話になり顔なじみです。20分で玉置神社の駐車場です。
P1030202

ここでご主人と別れ、歩いて上葛川に向かうことにしました。前回はうらしまさんから玉置神社に登ってきたのですが、今回は逆コースです。
P1030204

駐車場から10分程降ると玉置神社本殿です。お参りして社務所に向かいます。ここでお神酒を頂くのも前回と同じです(笑)。
P1030211

雨も降っているので雨具を着て2時25分に出発です。標高1000mの神社から、一汗掻いて1076mの玉置山頂上です。前回も霧の中、今回も雨の中で、なかなか玉置山はお天気に恵まれません。
かつえ坂を下って「花折塚」まで40分、3時10分頃です。
P1030217

そこから1時間、南奥駈道を下ると上葛川への分岐「岩の口」です。薄暗くなった山道を下っていきますが、あまり踏まれていないうえに崩壊もしています。30分掛かって、ようやく車道にでました。登り口は世界遺産になっても変わらず、荒れたままです。
P1030245

そこから20分一寸、5時過ぎにようやく民宿うらしまさんへ着きました。
さっそくお風呂に入り、冷えた身体を温めると、待望の「ぼたん鍋」です。先月獲れたという猪の鍋を主役に上葛川産のご馳走が並びました。
1年のご褒美をたっぷりなお酒と共に満喫して、部屋に引き上げるとバタンキューでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/24

西穂山荘

2007年12月23日
今日はロープウエーで標高2156mの西穂高駅まで行き、できれば2385mの西穂山荘までスノーシューで歩く積もりです。
P1030134

昨夜は宿の奥さんに8時頃出発するつもりとか言っていたのに、起きたら8時をまわっていました。
とりあへず昨日のすき焼きの残りにうどんを入れ、残りの缶ビールで朝食にしました。
ご主人に駅まで送ってもらってロープウエーに乗ったのは10時でした。
10時15分の第二ロープウエーで山頂駅には10時22分。
早速、屋上の展望台へ。
P1030137
P1030138

もう少し前までは槍ヶ岳まで見えていたそうですが、我々が着いた頃にはかすかに西穂高岳が見える程度。
それもすぐ雲に閉ざされてしまい、この日は二度と姿を現しませんでした。
起きるのが一寸遅かったか(笑)。
P1030140

ともかく、ごそごそとスノーシューを着けて、歩き始めたのは10時50分でした。
駅周辺は雪の回廊が作られ、観光客は周囲を普通の運動靴程度で歩けます。
この時期、台湾からの観光客で賑わっています。
P1030142

庭園を離れて登山道に入っても、昨日今日と大勢の登山者が西穂山荘に向かっているので、トレースははっきりしているし、雪も踏み固められスノーシューは不要です。
P1030143

登山靴に軽アイゼン位で西穂山荘には行けるようです。勿論、その先独標を越えて西穂高岳へ向かうのは完全に冬山の世界ですが。
雪の西穂山荘は初めての道ですが、前述のようにトレースがはっきりして心配はありません。スノーシューは不要ですが、トレースの幅は狭くすれ違いはできません。そんな時スノーシューは威力を発揮して、道を譲ってあげられます。
P1030146

今年は雪が多く、樹木に積もった雪の景色は素晴らしいものです。冬山登山道の標識が樹木の上のほうに付けられているのを見ると、最盛期の雪の深さが想像できます。
P1030148

西穂山荘までは夏場のコースタイムが1時間半で、後半30分ほどが急な登りです。
登山用のスノーシューを買ったので急斜面の性能やテレベーターという足を水平にしてくれる機能も使ってみたかったのです。
最後の急坂には一寸バテましたが、12時20分には山荘に着いたので夏場のコースタイムと同じでした。
P1030150

山荘で800円のラーメンを食べ、700円のビールを飲みました(笑)。
P1030155

1時15分に出発、降りはやはり1時間少々で山頂駅にたどりつきました。
P1030158
P1030160
P1030162

2時45分のロープウエーで新穂高温泉駅には3時10分頃、高山行きのバスは3時50分発です。
P1030166
P1030176

5時19分に高山駅に着き、5時43分のJRです。
大急ぎでおつまみやビールを調達して、名古屋までの2時間半は楽しい反省会です。
P1030179

次は上高地のスノーハイクが有力候補です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/17

鈴鹿 お金明神

2007年12月16日
今日はやまびとの忘年登山でした。鈴鹿山脈の滋賀県側、永源寺町に「お金明神」という巨大な岩があるそうで、朝明渓谷から往復して最後に朝明ヒュッテで忘年会が予定されています。

私はお酒を飲むので7時10分に桑名駅でピックアップして貰いました。朝明の駐車場到着が8時過ぎ、体操と簡単なコース説明の後8時半に出発です。総勢18名は最大の参加者でした。
P1030050

天気は晴れの予報でしたが、曇りで時々小雪がぱらつく予想外の天候です。登り始めるとすぐ5センチほどの残雪です。中峠を越えるのですが根の平峠に比べると傾斜もきつくアップダウンも厳しい道です。残雪の沢道は赤マークも消えているので道が解りにくい。岩に残雪が付いて滑り易いので慎重な行動が必要です。中峠到着は10時です。
P1030051

そのまま20分降ると愛知川の大瀞橋です。この橋は鉄製ですが腐っているのか通行禁止になっています。だけどこの付近の愛知川は両側絶壁で渡渉は無理です。一人ずつ慎重に渡ります。18人となるとそれだけでも30分掛かってしまいます。
P1030061

対岸を右折、下流へ30分歩くとお金明神への道が左に分かれます。30分と書いてありますが、15分位登ると再度右への解りにくい案内があります。そこから5分でお金明神です。
P1030067

永源寺近くの若宮八幡宮の奥の院らしく、昔は滋賀県側から入ったので相当な秘境だったらしいが、現在は朝明渓谷から入る道ができたので簡単に訪れることができる。
P1030069

見る方向によって天狗の顔のように見える大きな岩を積み重ねたようなご神体です。岩の周りを一周して、横から見たり下から見たりして、写真を撮りました。お金明神にお願いしたので、今年の年末ジャンボは期待がもてます(笑)元の登り口に戻り昼食です。
P1030070

出発は1時頃だったでしょうか。帰り道は大瀞橋を渡らず、そのまま愛知川の左岸を歩いて、タケ谷の出会いまで行き、そこで川を渡ってタケ谷を登って根の平峠に出るのが当初の予定でした。

でも道を間違えてオゾ谷の手前で川を渡ってしまいました。結構水量があって全員が渡り終えるのに時間もかかりました。根の平峠への道は当然見つかりません。
P1030080

諦めて愛知川右岸の林の中を上流へ歩きました。20分位歩いて尾根に阻まれ進めなくなりました。今思うと、その尾根の向こう側がタケ谷だったようです。相談の末、元の大瀞橋に引き返すことになりました。2時間ぐらい時間をロスしたようです。

3時に下山の予定で、朝明ヒュッテには忘年会だけ参加の仲間がしし鍋の準備をして待っているはずです。だけど携帯も圏外で通じません。
P1030087

中峠に帰りついたのが4時。ここでようやく携帯が通じました。林道まで降りてくるとヒュッテのご主人が軽トラで迎えに来てくれていました。
P1030091

5時前に到着、ようやく暖かいしし鍋にありつきました。
P1030090

大きな岩魚の塩焼きもあり、濁り酒もあって楽しい忘年会になりました。
P1030092


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/12/02

沖縄の城めぐり その7

2007年11月26日
朝食はインスタントの沖縄そば。でも生麺から作るような調理方法。
P1020953

今日は帰る日なので、まず8時に民宿を出て、ユイレールで那覇空港に向かう。空いているJALのカウンターで荷物を預け、すぐ又ユイレールで那覇に引き返す。こういうとき1日乗車券は便利だ。
「おもろまち」で降りて最近開館したらしい県立博物館・美術館を見に行った。ところが24日で展示は終わっていて、本格開館は来年の春ということで、今日はお休み。途中に日本銀行の那覇支店が工事中だったが沖縄風の建物だった。
P1020958

ユイレールの首里駅に着く頃には雨が降ってきた。昨晩傘を買っておいたので問題は無い。
竜潭通りを旧県立博物館に向かう。遺跡発掘調査のためと休館中だった。首里城に向かい、まず旧国王の墓である「玉陵(たまうどん)」に向かう。これまで何度か首里城に来ているが、知らなくて見学していなかった。入り口は守礼門から150mほどの所にある。切符売り場の地下が資料館になっていた。
墓の建物は世界遺産になっている。
P1020973

次いで守礼門をくぐり、これも世界遺産という園比屋武御嶽(スヌヒャンウタキ)を見る。これもこれまで気にしなかった世界遺産の拝所だが、まあ門があるだけ(;゜-゜)。
P1020978

次いで一応、歓界門、丸丸門と進み本殿に出るが、今回ここは止めて西のアザナという展望台に行く。ここからは那覇市街は勿論、天気が良いとケラマ諸島も見えるお勧めの場所だ。振り返ると首里城御殿の全貌も見える。
P1020989

首里城はこの辺にして、今回は「首里金城の大アカギ群」を探しに行った。金城の石畳の道は有名だが、その途中から左折すると入り口がある。狭い山道を降って行くとすぐ広場になり、周囲に大アカギが数本あった。
一応今日の目的は達したので、首里駅に帰る。途中に円満寺跡があり、弁天堂は修理中だった。
P1030002

牧志で降りて国際通りを公設市場に向かう。シマラッキョウ、カステラ蒲鉾、スーチカー(豚肉の塩漬け)を土産に買う。
2階の食堂で昼食、今日は2時45分のフライトなので、時間は充分ある。まず定番の生ビールと焼そばを頼む。次に泡盛に切替、シマラッキョウ・ラフティーと進んでいるうちに2時前になってしまった。
P1030024

慌てて美栄橋に向かい空港に着くと私を探すアナウンスが流れていた(;゜-゜)。やっぱり1時間前には切り上げないといけないなあ。
P1030034


| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄の城めぐり その6

2007年11月25日
朝食は昨日買っておいたインスタントやきそばと味噌汁。でもボリュームが多すぎて半分残した。
P1020806

今日は9時からダイビングの予定。お客は私一人でまた砂辺に向かう。
大抵の人は連休最終日で潜らないため空いているかと思ったが、やはり駐車スペースは満杯。道端に停める。
先日一寸寒かったので今日はベストを着て見た。機材セットをすると中圧ホースが着いていない。オーラルでも潜れるけど、やはり交換してもらった。
P1020916

いつも昼食に使っていた「なじみ食堂」が閉店してしまったので、今日は一寸離れた別の店へ。こぎれいな店だが、やはりお値打ち感たっぷりの、地元の人で流行っている店だった。珍しく豚の生姜焼き定食を食べた。
P1020945

この日の水中はコブシメとグルクマの群れにつきる。特にグルクマの群れは結構見応えがあった。水温は23度だがベストのお陰で快適だった。

夜は、付近のスーパーで食糧とお酒を買い、テレビを見ながら部屋でのんびり過ごすことにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄の城めぐり その4

再度、地図を頼りに城跡とおぼしき辺りを探してみたが、確証のもてる城跡は無かった。
どうも探す場所を間違ったらしい。

次に安慶名(あげな)城跡に向かう。ナビで近寄ると今回も別の場所へ案内されたが、だいぶ慣れてきたので今回は慌てず目的地に到着する。
P1020858

8号線から少し左折したところに公園駐車場がある。城跡とおぼしき方向に歩いて行くとそこは闘牛場だった。沖縄の新名所と書かれていた。奥へ歩いてみたが城跡らしきものは無く、小山を一周して元に戻ってきた。

よく見ると、樹の陰に石段があり山に登れそうだった。近づくと石碑があり安慶名城跡と刻まれていた。古城の雰囲気ある石段で、こちらの方こそ世界遺産に相応しいなと思わせる石段だった。石灰石の自然石をくりぬいた城門もある。
P1020866

登って城跡を歩いてみたが、規模は小さいものの全体に雰囲気があり、沖縄のグスク跡へ来たんだと思わせる城跡で、今回の私の一押しでした。

満足して近くの兼箇段(かねかだん)に向かう。
ここも一筋縄でいかなかった。めぼしをつけた丘辺りまではすぐ辿りついたが何も無い。2・3度丘の周りの細い道を廻って見たが何も無かった。諦めて帰りかかったとき、ふとひらめくものがありバックする。農作業のおじさんに「ここカネカダンですよね。ここから山頂へ行けますか?」「そうだけど、草ぼうぼうで行けないと思う。でも最近掃除してる人が居たから行けるかもしれない。」ということで行くことにした。
P1020875

わけなく山頂付近の崖下に来たが何も無い。崖を攀じ登って山頂に立つと、三角点が作られていた。城跡らしい遺跡は特に無かったが、一応満足して帰途についた。

兼箇段から勝連(かつれん)城跡へナビをセットして走っているうちに知花(ちばな)城が抜けているのに気が付いた。適当に右折して道を尋ねながら知花の交差点に着く。329号線を少し北へ行き、すぐ左折すると急な登坂の案内がある。登ると車が4~5台置けるスペースがあった。

階段を登り、少し風情のある石段や最近整備された階段を登ると、山頂は展望台が作られていた。帰りに鬼大城の墓を見に行ったが見当たらなかったので、時間も無いし引き返した。
さて時刻も4時になり日暮れも近い。今日はせめて伊計島まで行きたかったが無理っぽくなってきた。再度、勝連城跡にナビをセットして車を走らせた。現地に近寄ると、例によって道路案内とナビの指示が違ってくる。今回はナビを無視して道路案内に従い駐車場に着いた。観光客も多く、道路から見上げる城壁は立派だ。
P1020892

さすが世界遺産だけあって、城跡は広く眺望も抜群だ。建物の柱の礎石が残っているのも、今日廻った所ではここだけだった。
夕方の5時、どうしようかと思ったが、7時までに車を返すとなると58号線の渋滞も読めないので、ここで帰ることにした。
P1020904

案の定渋滞で、久米にたどり着いたのは6時半だった。
この日は若狭の天地で集まりがあり、宿で泡盛を少し飲んだ後、私も一寸顔を出し、旧交を少し温めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄の城めぐり3

2007年11月24日
今日は楽しみにしていた沖縄本島の城めぐりだ。

朝食は昨日買っておいたインスタントうどん、赤いきつねの大盛だ(笑)。
8時にマツダレンタカーで手続をする。3300円の基本料金もネットで最安を選んだ。それに追加の保険料1500円を入れて4800円です。

沖縄の城(グスク)はこれまで首里城と本部半島の今帰仁城しか見ていない。今回は中部と南部で30箇所ほどピックアップして廻るつもりだ。
道路地図を買い万全の準備をしてきたつもりだが、何箇所廻れるだろう?
P1020810

まずカーナビに浦添城跡を入れる。58号線で北上、尾富祖で右折38号線に入る。カーナビに城跡が載っていたので安心して運転したが間違いだった。連れていかれたのは城跡北側直下の一般道路。駐車場も案内も何も無い。訳が解らずうろうろして、なんとか石垣の下へ出たが公園には入れなかった。カーナビを諦め城跡に向かおうとしたが現在地が解らず、30分以上うろうろしてようやく公園駐車場にたどりついた。

浦添城は首里に首都が移る前の中山国の居城だけあって広く眺めもいい。ただ保存状態が良くなく、世界遺産には登録されなかった。なので今懸命に修復して登録を目指しているようだ。
P1020822

城の北側、崖の中腹にようどれ(夕凪又は天国への道の意)があり、洞窟にかっての王の墓があるが、この日は公開されていなかった。浦添ようどれ館というのが近くにあり、当時の資料を展示していた。
次いで、近くの伊祖城跡に向かう。

153号線に出て右折、58号線にでる手前で左折すると公園駐車場がある。城跡については特に見るべきものは無いようだった。
続いて嘉手納基地の近くにある「屋良城跡」を目指す。ここもマイナーな城跡なので見つかるかどうか心配。
ともかく58号線を北上、昨日潜った北谷を越え嘉手納ロータリーを右折する。10分ばかりうろうろして嘉手納高校の近くの公園を見つけた。

ここも公園としてはきれいで良いのだが、城跡としては何も残っていない。
次は世界遺産の座喜味城跡、これは大丈夫だろうとカーナビを入れる。

58号線をしばらく走り喜名で残波岬方面へ左折する。道なりに走ると歴史資料館に出るが、カーナビは更に走って北側の駐車場に連れて行った。正解だが現在は前述の歴史資料館に駐車して城跡を訪れるのが正解のようです。
城跡は城壁のみですが、さすがに世界遺産、その石組みの描くゆるやかな曲線は日本の城には無い素晴らしいものです。悲劇の猛将・護佐丸の築城と言われています。
P1020845

その規模の大きさと眺望の良さには満足しました。遠く伊江島のタッチュウも見えていました。コンビニで弁当でも買ってきて、ここの芝生で食べれば良かった。

次いで山田城跡、ここもマイナーで、有るのか無いのか解らない。とりあえず58号線に戻り北上、親志で琉球村方面に左折した。琉球村を越えると山田の集落に入る。適当に車を止め、辺りを眺めると「山田グスク」の案内を見つけた。案内に従い58号線を渡ると「護佐丸の父の墓」や「歴史街道」の案内があり、少し探したが解らなかった。時間が遅れてあせっていたためかもしれない。

更に北上すれば名護城跡があるが、時間も12時を過ぎ、この辺で東海岸に出て引き返すことにした。
伊波(いは)城跡をカーナビで探すと伊波貝塚があり、それに合わせた。これが又失敗だった。
ナビ任せで走るとどうも現在地が解らなくなる。「目的地周辺です」で打ち切ればいいのだが、何も見当たらなくて通り過ぎると又案内が始まり、遠回りして目的地周辺に帰ってくる。
P1020853

諦めて少し走ると石川公園があり、ようやく現在地が確認できた。付近のラーメン屋で遅い昼食を取る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »