« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月に作成された記事

2007/11/30

沖縄の城巡り その2

2007年11月23日
今日は本島ビーチでダイビングの予定。迎えの時間が遅いので、近くの「御物グスク跡」と「三重城跡」を見に行くことにする。
朝食は民宿の小母さんがサンドイッチを差し入れしてくれた。美味しくてボリュームもあり、一枚でお腹が一杯になった。
P1020750

御物グスクは現在米軍基地の中にあり入れない。那覇埠頭から海越しに見るしかない。宿のすぐ近くが那覇港で、待合室に入ってみた。奄美大島航路などが入っているが、泊港と比べると格段に人が少ない。
御物グスク跡を遠望した後、三重城に向かう、途中にてびちで有名な嶺吉食堂や大盛で有名な波布食堂がある。どちらも観光客目当てでは無く、港湾労働者や地元の人が対象みたいだ。まだ開いてはいない。
P1020756

三重城跡はロアジールホテルの裏側にある。現在は海上保安庁の電波塔のような施設が建っている。海に面した岩の上にあり、小さな祠だけが祀られていた。近くに散歩道が整備されていた。
10時前に「ぶくぶく」さんが迎えに来て砂辺に向かう。1本目は私一人、2本目は福岡からのゲストと二人らしい。
砂辺海岸は工事中で一部エントリー口が使えず、駐車帯も少ない。この時期、海が荒れて砂辺しか潜れない日が多いので大変だろう。
P1020768

水温は23度、透視度15m位か、3ミリのレンタルスーツでは少し寒い。最近見つけたというハナヒゲウツボを見に行く。
一度空港にゲストを迎えに行き、2本目を潜る。特に変わったことは無く久しぶりのダイビングをのんびり楽しむ。
P1020797

宿に送ってもらってシャワーを浴びた後、近所のスーパーやコンビニを廻り、泡盛とおつまみ、明日の朝食を調達する。
宿で軽く飲んだ後、昨日行き損ねた松山のおでん屋さんに出かける。途中、明日の城めぐりで借りる予定のレンタカー屋さんを確認する。天妃小学校の近くに、古い石門の跡があった。
P1020803

おでん屋の小母さんと久しぶりに話が弾んだあと宿に20分歩いて帰った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄の城巡り その1

2007年11月22日
那覇空港到着は17時10分、早速ユイレールで旭橋に向かう。今日から4日間、那覇埠頭近くの民宿波止場荘に宿が取ってある。
波止場荘は初めてだが素泊まり2000円で個室だ。船員会館と違ってバストイレは共同で離島便の発着する泊港には遠い。
P1020749

だけど今回は慶良間にも行かないし、城めぐりの予定も楽しみにしているので地理的不利は無い。1泊1500円以下のドミトリーでは一寸プライバシーに欠けるので、ネットで検索して予約した。
また船員会館の3500円と比べると1500円も安いので、夕食が無料になったようなものだ。気に入れば今後も使っていきたい。
P1020740

6畳の和室にはテレビとエアコンがあり、トイレとシャワーは共同。小さな台所と冷蔵庫がこれも共同で使えるので、食事もなんとかできる。
電子レンジが無く、インターネットも無いので、これは不満。それと2階まで細い階段で登るのでダイビング機材のあるときは一寸しんどいか。又、機材干し場も無いので、濡れたものを乾かすのが難しい。
まあ総合的に見れば合格点で、ダイビングで離島へ渡る時以外はここで充分だ。
P1020735

さて、いつもの松山のおでん屋さんへ行くかと歩き始めると、通常850円の串盛が8時まで350円という看板があり誘い込まれてしまった(笑)。鳥兵という居酒屋で腰を落ち着けてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/11

鈴鹿の上高地

2007年11月11日

降りしきる雨の中、やまびとの例会の集合地点へ車を走らせていると、携帯に連絡が入り中止となった。
今日は朝明渓谷から根の平峠、そして一旦滋賀県側に下り上水晶谷に出て遡行、地獄谷から御在所という初めてのルートなので楽しみにしていた。
どうしようかなと思ったが、今日は午後から晴れるはずなので一人で少し歩いてみることにした。
Skamikoutijpgs_2

今日のルートから少し外れて愛知川(神崎川)まで降ると、その愛知川沿いの一帯を鈴鹿の上高地と呼ぶらしい。
まだ行ったことが無いので行ってみることにした。
P1020674_2

朝明渓谷に向かう途中の山々はまだ暗雲が漂っていたが、駐車場に着く頃には青空も見え始めた。
P1020679_2

8時10分に駐車場を出発、紅葉まっさかりの道をのんびり歩く。
9時20分に根の平峠を越え滋賀県側に入ると紅葉も素晴らしく青空に気分も明るくなった。
P1020685_2

来て良かったなと思う瞬間です。
P1020689_2

峠から10分で杉峠への分岐です。今日はこの道で上水晶谷へ向かうはずだった。
分岐を直進して愛知川方面に向かいます。
あまり踏まれてはいないが道ははっきりして赤テープもあります。
P1020693_2

沢に入ったりしながら9時50分には愛知川に出会いました。
途中どこかで左折して、二次林の中を歩くはずでしたが見落としてしまいました。
まあいいかと川を渡り、河原で15分休憩して、愛知川の左岸を歩くことにしました。
P1020700_2

水は非常にきれいで魚もいます。
まさに梓川沿いの上高地かもしれません。
道はありませんが紅葉の林の中を適当に愛知川に沿って登っていきます。
所々に赤テープがあります。
P1020697_2

P1020699_2

炭焼きの跡やイノシシのヌタ場などを見ながら15分ほど歩くと上水晶谷出合で、ここで又愛知川を渡りました。
P1020701_2

そこに昨晩からキャンプしていたらしい3人組の登山者が居て、道が確認できました。
P1020704_2

出合から15分登ると杉峠への登山道にでました。
左折して5分でまた上水晶谷を渡ります。
ここを遡行していくのが今日のルートだったのですね。
P1020706_2

直進して歩いていたら、何時の間にか根の平峠に着いてしまいました。
行きの分岐は気が着きませんでした。11時5分でした。

さてこれからどうしようかと思っていると、なんだか空模様がおかしくなってきました。
午後から晴れるはずののに山の天気は変わりやすい。
腰越峠はあきらめて下山することにしました。

途中、なんとやまびとのSさん一行とお会いしました。奇遇ですね(笑)。
途中の紅葉のきれいな河原で弁当を食べて12時30分に駐車場に着きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/11/04

みゆちゃんみーちゃん

2007年11月3日

P1020648

今日は文化の日、みゆちゃんが遊びに来ました。
もう2歳と一寸、ますますしっかりそして可愛くなってきてます。
みーちゃんともすっかり仲良しです。

P1020632

関係無いですが、今日は船頭平閘門で開閉操作が行われていました。
写真は長良川と繋がった場面。
説明を聞いていたら、「小パナマ運河と言われているが、こちらの方が歴史は古い」と言っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »