« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月に作成された記事

2007/10/28

熊野街道 大吹峠

2007年10月28日

P1020568

今日は熊野へダイビングに行ったのですが、うねりがあって中止しました。
幸い同行のHさん、Mさんは山も好きなので熊野古道歩きに切り替えました。
P1020595

近くの大吹峠を歩きました。
波田須駅の近くには徐福宮があり、竹林と石畳の峠道は風情もありました。
P1020620

5~6年振りに歩いたのですが、道標が完備されていました。
そのうちホームページにも詳細をアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/23

石鎚山詳細

2007年10月20日
京屋旅館さんのすぐ前にある乗場から、8時20分発のロープウエーに乗りました。
標高は455m、終点の成就駅は1300mです。7分30秒で結んでいます。
成就駅を8時30分に出発、成就神社に向かいます。スキー場の横の緩やかな登りを30分ほどで成就神社です。
P1020437

石鎚山は日本7霊山の一つで役の行者の開山です。その役の行者が霊感を授かって山を降り、この場所で振り返って祈願成就のお礼をしたという謂れから成就神社ができたとか。ここには旅館も数軒あります。
登山口は神社の山門を潜ります。
P1020440

登ってきた100mを降ってまた1300mになったところが八丁です。ここで9時20分。
P1020441

ここから登りになり木の階段が半分以上の道を行きます。
P1020448

30分一寸で試し鎖です。ここは一寸した岩峰で、単に登って降りるだけです。体力に自信の無い人は下の近道を行くよう案内があります。
P1020452

一応登って岩の頂上に立つと周囲が見渡せ登った甲斐はあります。だけど降りの鎖が怖い。へっぴり腰でようやく降りると前社ヶ森小屋です。ここまでで半分の道のりです。
P1020456

ここから少し登ると後の下界が開けはじめ、さきほど登った岩峰も眼下になります。
P1020461

標高1700m程度で稜線に出ると、いよいよ正面に石鎚山の威容が見えてきます。紅葉はまっさかりで、その上に岩肌に覆われた山頂がそびえています。
P1020465

一寸降った所が夜明け峠で10時30分に通過。2の鎖小屋や山頂神社の眼前に迫ります。
P1020469

すぐに1の鎖が有りますが、先ほどの試し鎖で体力が無い事が確認できたのでパスしました(;゜-゜)。
でも本当は大したこと無くて、女性や子供も登っています。登るだけならそんなに怖さもないでしょう。
P1020501

10時55分に山頂直下の2の鎖小屋です。
P1020484

ここからも巻き道を登りました。この巻き道は断崖につけられた金属製の足場板のような道です。でも手すりもしっかり付けられ危険ではありません。
P1020475

この巻き道が無いときは皆鎖を登ったことでしょう。やはり行場の霊場だったということでしょう。11時20分に石鎚山山頂到着です。
P1020481

山頂には石鎚神社と頂上小屋があります。人気の山だけに多勢の登山客です。頂上小屋もこの日の宿泊は満員でした。今朝はマイナス6度だったそうで、ツララも残っていました。
頂上からの眺望は素晴らしく、遠く東には昨日登った剣山、近くに瓶ヶ森。北には瀬戸内海から中国地方の山々。時には伯耆大山も見えるとか。西には昔縦走した笹ヶ森からの稜線が見えます。さすが西日本最高峰です。
P1020477
P1020468
P1020489

ここから鎖の痩せ尾根で最高地点の天狗岳(1982m)ですが、これもパスしました(;゜-゜)。
P1020483

ともかく強風で寒くてたまらないので、そうそうに退散することにしました。2の鎖小屋まで降って風を避け、ようやく弁当にしました。
P1020485
P1020486

40分位休憩して12時半過ぎに出発、40分ほどで前社ヶ森小屋に到着。土日だけ来るという小母さんにお酒を一杯貰って15分ほど休憩。今度は巻き道で試し鎖の岩峰を避けて降っていく。
八丁には13時55分。この辺りの森林は手付かずで素晴らしい。ブナやナラ、カエデの類など広葉樹の原生林は歩くのも楽しい。
P1020506

14時30分に成就神社、14時50分にはロープウエー駅近くの展望台へ。ここからの瓶ヶ森(1896m)の眺めもなかなかです。15時発のロープウエーに滑り込み、一路今夜の宿、道後温泉に向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/22

四国剣山

2007年10月19日

前夜は徳島道「脇町IC」近くのマツカホテルに泊まった。
P1020324

翌朝7時半に出発、登山口の見の越に向かう。
途中の脇町や剣町は「うだつ」の町並みがある。
P1020387

降りしきる雨の中438号線で夫婦池に着く。
P1020327

この辺で半分登頂の戦意は喪失している。
9時半ごろ見の越到着。標高は既に1420mです。
P1020375

ここから登山リフトがある。終点の西島駅は標高1750m。
歩けば1時間の距離でしょう。

でも今日はひどい雨です。4人のうち二人は登らないという。
私とKさんは登ることに。但しリフトで。雨具の準備は万全です。
15分で、西島駅です。

10時に出発、3つの登頂コースのうち最も短い尾根道コースを選ぶ。
960mで40分です。
大剣神社コースは1200m1時間、もう一つは遊歩道コースで1980m1時間20分です。
P1020333

雨の中「刀掛の松」を経て30分で頂上ヒュッテです。
P1020339

傍には岩の上に剣神社の祠がありました。
P1020340

そこから5分、木道を歩くと1955m、四国剣山の山頂です。
P1020342

晴れていれば大峰山脈も見える360度の大展望のはずですが今日は何も見えません。
帰りは大剣神社を経由しました。
P1020353

さらに降ってリフトに乗る頃には少しガスが晴れて周囲が見えてきました。
P1020358
P1020374

車に乗って走り始めると剣山の山頂が見え、次郎笈(じろうきゅう)までの稜線も見えてきました。
P1020381

計画では奥祖谷(おくいや)二重かずら橋に行くはずでしたが、間違えてもと来た道を帰ってしまいました。
仕方なく「剣山ゆうま温泉」に浸かって、今日の宿、石鎚山登山口の京屋旅館に向かいました。
P1020383

京屋旅館は松山道「伊予西条IC」から国道11号、県道12号で1時間の山麓にあります。
P1020394

沸かしの温泉ですが風情もあります。
P1020395

料理もそこそこですが、夜は宿のご主人も入ってカラオケを楽しむ素朴な宿でした。
P1020403
P1020419

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/21

石鎚山

2007年10月19-20日

雨の四国剣山と紅葉の石鎚山に登って来ました。
西日本最高峰の石鎚山では晴天に恵まれて大展望でした。
P1020465


道後温泉と松山城にも寄りましたが、温泉旅行ではありません(笑)。
でも松山城の立派なのには驚きました。
詳細は後日ホームページ又はここにアップします。
写真は紅葉の石鎚山です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »