盾ヶ崎

Dscn1263jpgc_3

盾ヶ崎というのは奇岩の名勝です。神武天皇もここに上陸して、ここから3本足の八咫烏の案内で大和に向かったとか。柱状節理の岩の高さは80mとか。

Dscn1296jpgc_2

近くの海金剛は150mだそうですが、海からしか見えません。
9時半頃出発しました。国道から見える山の向こうが海金剛です。

Dscn1265jpgc_3

探勝路は2キロほどで、アップダウンがあり、樹林帯です。
説明によると、ホルトノキ、バリバリノキ、バクチノキ、リュウキュウマメガキなど珍しい名前の木があります。
タブニキ、イニマキ、カゴノキやヤブツバキが群生します。
サカキカズラの太い蔦が至る所に絡まっています。

Dscn1269jpgc_3

またガイドの竹内さんは野鳥が好きだそうで、鳴き声も説明が入ります。
オオルリが居ないのが残念そうでしたが、シジュウカラ、ウグイス、エナガ、コゲラ、メジロなどです。
嫌われ者のヒヨドリもマイヒヨドリになれば可愛いと言っていました。

1キロほどで海岸に降りてきます。二木島湾が見渡せます。

Dscn1277jpgc_3

ここに阿古師神社と言う日本書紀にも出てくる古い神社があります。
対岸の室古神社との間で行われる関船の早漕ぎ競漕は二木島祭りとして有名です。
ガイドの竹内さんも過っては漕ぎ手だったそうですが、過疎のため、3年前から行われていないそうです。

Dscn1278jpgc_3

探勝路はここから登ります。その先でループになりますが、左にとると鹿が居ました。逃げません。

Dscn1286jpgc_3

ほるとのきは沖縄のサキシマスオウノキと同じく大きな板根を持ちます。強風に耐えるためです。

Dscn1287jpgc_3

岸壁の上に出ると海金剛に入って行く船が見えました。

Dscn1293jpgc_3

木の葉の裏に臭いカメムシの仲間が付いています。

Dscn1295jpgc_3

11時40分頃盾ヶ崎に着きました。何度来ても絶景です。

Dscn1302jpgc_3

千畳敷からは熊野灘が広がります。

Dscn1298jpgc_3

コケモモが健気に頑張っています。

Dscn1308jpgc_3

日陰のある岩屋に移動して昼食を食べました。
それから、またゆっくり説明を聞きながら2時半過ぎに帰ってきました。

楽しい、勉強になる1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国道311号線と盾ヶ崎

朝起きて散歩に出ました。花の窟まで片道10分です。快晴ですね。先月も来ましたね。

Dscn1236jpgc

Dscn1239jpgc

国道311号線は尾鷲から海岸線をぐるっと回って熊野市の大泊で42号線に合流します。
この道はまさに熊野街道伊勢路のハイライトに沿っています。
八鬼山越から三木峠羽後峠、そして曽根次郎坂太郎坂、二木島峠逢神坂峠、波田須道から大吹峠を経て大泊に至る道は、本当に良い道です。何度歩いたか数えきれない道です。

311jpgc

今日はその途中、二木島湾の入り口に有る盾ヶ崎に行きます。
紀伊半島みる観る探検隊で9時に集合です。

それで熊野市の大泊から311号線に入りました。ここは私にバディダイビングの楽しみを教えてくれた「くまの灘ダイビングリゾート」があります。

ガイド無しで潜ると否応でもナビゲーションの技術が身に着きます。何十回も通った道です。
最近、トンネルも出来て格段に道が良くなりました。

Dscn1242jpgc

この階段を百回以上上り下りしています。懐かしいですね。しばし海を眺めていました。

Dscn1246jpgc

新鹿の浜辺に降りてきました。夏は海水浴客で一杯ですが、今は静かです。

Dscn1253jpgc

二木島湾が見えてきました。この入口に盾ヶ崎はあります。

Dscn1256jpgc

二木島への道を過ぎると大きな橋があります。橋の途中で振り返っていますが、曽根次郎坂・太郎坂方面から下って来るのが右手の階段です。国道を渡り、左手の階段を登って二木島の集落に下って行きます。

Dscn1259jpgc

甫母町の上辺りから二木島湾の入り口を見ています。左側の向こうが盾ヶ崎です。
Dscn1260jpgc

盾ヶ崎に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊野 太郎坊権現

以前、何かの本を読んで気にかかっていた所がある。
熊野市五郷町(いさと)桃崎にある桃源寺の奥の宮である「太郎坊権現」である。
滋賀県の太郎坊宮も良い所ですが。

311jpgc

上の図で、国道42号線は尾鷲から八鬼山の下を潜り、殆どトンネルで熊野市の大泊へ抜けている。
以前はその上、矢ノ川トンネルや大又トンネルを通る、標高380m山道でした。

太郎坊権現はさらに北の北山郷へ向かう方にあるので、今回は旧42号線を走っていった。
矢ノ川トンネルの手前、万丈橋です。

Dscn1174jpgc

309号線へショートカットして、五郷町桃崎から169号線になり、高尾谷トンネルの手前を左折して、細い道を4キロほど、高尾谷を遡上して、車道が切れた所が太郎坊権現の入り口でした。14時半頃です。

Dscn1175jpgc

一寸、霊気漂う雰囲気です。ここ高雄谷の「トガサワラ」という木の群生が熊野市の天然記念物に指定されているという案内があった。

Dscn1180jpgc

急な石段を5分ほど登ると、苔に覆われた広場があり、その奥に神殿があった。

Dscn1182jpgc

明治の神仏分離令にも拘わらず、昔のようにお寺が奥の宮として管理している珍しいお宮さんです。
本地仏は十一面観音菩薩だそうです。

Dscn1184jpgc

女人禁制となっているのも気に入りました(笑)。

Dscn1187jpgc

桃源寺は一寸戻った大又川の川沿いにありました。

Dscn1199jpgc

当寺は曹洞宗の寺院ですが、当初は南朝にゆかりの真言宗のお寺であったらしい。
本尊の薬師如来は南北朝時代の名作とか。

Dscn1205jpgc

懸案だった太郎坊権現にお参りで来たので、満足して熊野市駅へ戻ってきました。
途中、鬼が城へ一寸寄りました。

Dscn1213jpgc

熊野市YHに例の如く宿泊します。駅裏の居酒屋へ一人で飲みに行ったら、ハワイから熊野観光に来ているご夫婦とその友人グループが居て盛り上がっていたので、一寸混ぜてもらいました(笑)。

Dscn1226jpgc

明日は盾ヶ崎へ行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国道42号線

国道42号線は三重県の松阪から紀伊半島を一周して和歌山で終わると思っていました。でも地図を見ると愛知県の渥美半島も42号線です。調べると静岡県の浜松が起点らしい。伊良湖からフェリーで鳥羽へ、そして松阪へは23号線と共同かな。

R42jpgc

それはさておき、明日20日(土)に熊野体験企画のみる観る探検隊があるので、熊野に前泊することにした。
高速道路が尾鷲まで開通したので、最近は殆ど走ることがなくなった42号線を走ってみようと思いついた。

塩浜でお墓参りして、中世バイパスで松阪へ着いたのは10時頃だったかな。42号線に入って、勢和多気ICが10時33分でした。以前はここまで高速で来て、ここから42号線で熊野や串本に向かいました。

滅多に渋滞もしない良い道でした。また熊野古道伊勢路は、ここから尾鷲まで42号線と並行します。
奥伊勢大台の道の駅が10時51分、11時には滝原神宮の入り口に到着しました。

道の駅の向かいにある神宮の駐車場に車を置いて参拝に出かけました。
熊野古道は神宮の前を通っています。

Dscn1129jpgc

神宮125社の一つで内宮の別宮に当たる当社は参道も立派です。

Dscn1136jpgc

4つの神殿がありますが、天照大神から順に参拝します。

Dscn1139jpgc

倭姫命の元伊勢巡幸が滝原宮の起源とされますが、元伊勢巡幸のルートには入っていないような。

Dscn1147jpgc

参拝の後道の駅で昼食を食べました。メニューは殆ど値段が気に入りませんが、このメニューだけ500円なら気に入りました(笑)。

Dscn1151jpgc

12時頃出て紀伊長島に向かいます。JR梅ケ谷駅がツヅラト峠や荷坂峠の最寄り駅ですが、その一つ手前大内山駅の近くに頭之宮四方神社(こうべのみやよもうじんじゃ)があります。
全国で唯一頭の神様なので、ボケ防止のため、いつもお参りしています。12時15分です。

Dscn1152jpgc

唐橋中将光盛卿という桓武天皇の後裔を祭神とする珍しい神社です。

Dscn1155jpgc

神蛙(かんがえる)様の口から頭之水が流れ出ます。

Dscn1157jpgc

荷坂峠を越えるとマンボウの丘と言う展望台があります。
熊野古道を旅する古の旅人は、この荷坂峠又はツヅラト峠を越えて、伊勢の国から紀伊の国へ入りました。
また、この峠で初めて熊野灘を見たのでした。

Dscn1163jpgc

紀伊長島から尾鷲北までの高速道路は無料区間です。
そこに出来た紀北SAに行きたかったので高速に入りました。落ち着いた外観ですね。

Dscn1164jpgc

地場産品の品ぞろえも結構あるようでした。

Dscn1165jpgc

太郎坊権現に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山道 恵那から馬籠その2

Magome003jpgc

中津川ICを過ぎると国道が二つに分かれます。中山道はその間をの道で中津川に向かいます。
30分弱で上宿の一里塚跡があります。

Dscn0999jpgc

すぐ傍に双頭一身道祖神というのがあり、こでの木坂を下ります。
この辺り、駒場村と言ったようで、お茶の工場が多いですね。

12時55分頃中津川を渡ると、道は雰囲気のある宿場町になってきます。中津川宿ですね。

Dscn1016jpgc

枡形になり、酒蔵や栗きんとんの川上屋などがあります。
本陣跡を過ぎ、13時10分頃、これも栗きんとんの「すや」の前を通ります。
ここを左折すれば中津川駅です。

Dscn1024jpgc

広い道を横断して直進するとすぐ、壁のような急坂にぶつかります。高札場だったようです。

Dscn1028jpgc

階段を登って陸橋を渡り、芭蕉句碑のすぐ傍に東屋が有ったので休憩しました。
10分休憩して13時半に出発しました。

馬籠宿入口まであと8キロ弱。15時55分のバスまで2時間25分。間に合いそうな感じですが、疲れた足腰に登りがどの程度こたえるかですね。

ここにも白木改番所が有って、国道19号線の下を潜ると、すぐに子野の石仏群があります。13時42分です。

Dscn1039jpgc

そこから10分一寸で子野の一里塚跡があります。

Magome004jpgc

Dscn1045jpgc

再度登った所に与坂の立場跡があります。そこから落合宿に向けて少し下りますが、遠く馬籠の手前の集落、荒町辺りでしょうか、まで見える展望の場所です。右手の赤い橋は中央自動車道の落合川橋です。

Dscn1056jpgc

国道19号線の下を潜り、再度陸橋で上を渡ります。木曽義仲の家来であった落合五郎の屋敷跡など見ながら19号線を渡ると、5分で落合宿です。

Dscn1060jpgc

落合宿は中津川と馬籠に挟まれ、地味な存在です。本陣も残っていますが見学したことは有りません。
馬籠宿へ急いでしまうのです。本陣は14時20分頃通過しました。

Dscn1065jpgc

本陣から10分ほどで中央道の赤い橋の手前で落合川を渡ります。ここから医王寺までが10分ほどですが急坂です。江戸時代はもっと急坂で、付け替えて現在の道になったとか。

医王寺は山中薬師と呼ばれるが、三河の鳳来寺、御嵩の願興寺(蟹薬師)と並んで三大薬師と言われるそうです。

Dscn1074jpgc

医王寺から5分で落合の石畳入り口です。14時45分に石畳に入り、馬籠宿まで3キロなので、15時55分のバスに間に合うことを確信しました。

ちなみに医王寺の標高は400m、馬籠宿入口で570~580mです。
石畳は1キロ一寸続きます。写真はなんじゃもんじゃの杜辺り。

Dscn1085jpgc

15時05分頃、新茶屋に到着、一里塚跡や有名な「是より北木曽路」の碑があります。

Dscn1091jpgc

夕日ポイントには虚子の句碑があります。新茶屋から20分ほど、ゆるやかな道をあるきます。
桃源郷のような荒町の集落です。村社諏訪神社の傍に島崎藤村の夜明け前の碑があります。

すぐに馬籠城址の案内があり、眼前に馬籠宿の家並が見えてきます。15時25分です。

Dscn1101jpgc

そこから6~7分で馬籠宿入り口です。相変わらず多勢の観光客です。

Dscn1103jpgc

今日はここまで、バスで中津川に帰りました。中津川までは25分ほど。4時20分には到着しました。
まだ早いので居酒屋さんは開いていませんが、無理に開けてもらって楽しみました。こんなとき人数が多いと有利ですね(笑)。

Dscn1105jpgc

しっかり飲んだ後、前述の「すや」へ行ってお土産を買いました。
栗きんとんは勿論季節外れでありませんが、他のお菓子もおいしそうです。

Dscn1115jpgc

皆さん、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«中山道 恵那から馬籠